きんかんざん・だるまやま
 金冠山・達磨山
登山日: 2009年12月19日(土)   標高:816m(金冠山)、982m(達磨山)
    累積標高差 : −m(戸田峠から約240m)


 12月19日(土)    戸田峠 11:30  → 達磨山山頂 12:00(〜12:15)
   →  戸田峠 12:45 → 金冠山山頂  12:55 → 戸田峠 13:05

 

 午前中発端丈山・城山を登った後、金冠山・達磨山に登るべく戸田峠に向かいます。明け方は凍結していた可能性もあるこの峠へ向かう道も、この時間になると問題なく進むことができました。

 途中でトイレ休憩も兼ねてだるま山レストハウスに寄ります。ここの展望台からは見事な富士山を眺めることができます。実際このレストハウスにはそこそこの観光客が来ていました。

 トイレ休憩後に戸田峠に向かいます。レストハウスからはすぐの場所になります。だいたい十数台はとめられるでしょうかね。 靴を履き替えてすぐに出発します。気温は3℃程で風が当たらなければそれほど寒くはありませんでした。
 
【レストハウスからの富士山】
 
【だるま山高原レストハウス】 
 
【戸田峠】 
 
【達磨山登山口】 

 【登山道1】 

 【登山道2】 
 ササを伐り開いたと思われる登山道はよく整備されていました。下が芝生のような感じで気持ちよく歩くことができます。また、視界が開けた場所では周囲の見事な景色を眺めながら歩くことができます。風が強くて寒かったですが、もう少し暖かい時期に来ればすがすがしい風といったところでしょうかね。
 
【土の登山道】 

【小達磨山山頂】 
 途中土の道もあり霜が残っていました。ぬかるんでいた時にかなり歩かれたせいかかなりでこぼこしたまま固まっていました。なだらかな坂を上っていくと小達磨山山頂に到着です。ここは特に展望はありません。

 小達磨山を過ぎると少し下って行きます。このあたりからは達磨山が見えるようになります。下り終えると達磨山への上りとなります。途中西伊豆スカイラインの車道の一部を通ります。車道を通り過ぎると最後の上りに入ります。富士山を振り返ってみましたが、山頂部分は雲で覆われてしまっていますね。
 
【達磨山】 
 
【車道を少し歩きます】 
 
【振り返って富士山と小達磨山】 
 
【達磨山山頂】 
 長いなだらかな階段を上って行くと達磨山山頂です。歩きやすいですが結構長い上りになりますね。この最後の上りからは風も結構強くなってきます。先に到着していた方達は風が強くて寒いのでお昼をとるのを断念していました。自分は、富士山待ちのついでにおにぎりを食べていましたが、結構辛かったですね。

 ここからは360度のパノラマが広がっています。天城山、箱根方面、富士山と周囲のいろいろな場所を見渡すことができました。 ただし、残念ながら完全な富士山を拝むことはできませんでした。また、伊豆の南の方は結構雲がかかっていますよね。一通り写真を撮ったら下山開始です。
 
【天城山】 
 
【仁科峠から天城峠に連なる山々】 
 
【箱根方面】 

【富士山】  
 風が弱くなるあたりまでは一気に下ります。ある程度下れば風は弱まりますし、歩きやすい登山道ですので快適に進むことができます。 小達磨山に戻ってきて下り始めると、今度は正面に金冠山が見えてきます。一旦戸田峠に戻って金冠山を目指します。

 少しわかりにくかったのですが、この戸田峠駐車場前の道路を渡った反対側に金冠山や最初に紹介したレストハウスへ向かう道があります。ここからは10分程歩いて上って行くと金冠山山頂に到着です。こちらも見事な展望ですよね。再び10分程歩いて戸田峠に戻ってきました。
 
【金冠山】 
 
【一旦戸田峠】 
 
【金冠山山頂】 
 この金冠山・達磨山コースは、歩きやすいうえに展望も見事でした。結構風の冷たい日でしたが、登山者も多く結構歩かれている山なのだなと実感させられました。のんびり歩いて2時間、長めの休憩をとっても3時間もあれば回って来られるのではないでしょうか。厳冬期には凍結に注意でしょうが、一年を通してお勧めしたい山ですね。


山行記へ戻る

ホームへ戻る