くろだけ・えちぜんだけ
 黒岳・越前岳
登山日: 2009年12月23日(水)   標高:1086m(黒岳)、1507m(越前岳)
    累積標高差 : 949m(登山口から約755m)


 12月23日(水)    愛鷹神社登山口 7:10  → 稜線鞍部 7:40
   →  黒岳山頂 7:55(〜8:10) → 稜線鞍部 8:20
   →  富士見台 9:25 → 越前岳 9:50(〜10:35)
   →  呼子岳 11:20 → 割石峠 11:35 → 愛鷹神社登山口 13:05

 

  本日は雪の被った富士山を是非そばで見てみたいということから、富士山の展望が良いことで知られている黒岳・越前岳に向かいます。

 登山口となる愛鷹神社登山口は、標高が700m以上ある場所ですが、裾野インターチェンジからのアクセスが良く自宅からでも1時間強でついてしまうお手軽さに驚いてしまいました。明け方は気温−2℃で凍結が怖かったですが登山口駐車場まで特に問題なく入ることができました。
 駐車場は、舗装はされていないもののよく整備されていて30台くらいはとめられるでしょうか。また簡易トイレがありました。
 本日は8時くらいからのんびり回ろうと思っていたのですが、思ったより早く着いたので準備をして7時過ぎには出発できました。

【愛鷹神社登山口駐車場】 
  
【案内図抜粋】
 本日回るルートは、登山口から峠に出た後黒岳をピストンして、越前岳、呼子岳、割石峠から沢を下って戻るコースです。危険ルートとされる鋸岳付近は避けます。ちなみに、左記の黄色箇所は注意ルートらしいですが、危険個所はないもののごつごつした足場に苦戦することになります。
 富士山の展望や歩きやすさを考えれば、越前岳からは元に戻る方がいいでしょう。また、越前岳については、広い駐車場のある十里木高原からが最短でピストンできるため、そちらから登る人が大半かもしれませんね。

 登山口の鳥居をくぐると、森の中の登山道をゆっくりと上りながら進んで行きます。気温は低かったのですが、風がほとんどないため歩いている間はあまり寒さを感じることがありませんでした。
 しばらく歩いていくと建物が見えて、愛鷹山荘があります。先着7名まで無料なんて看板がありました。登山口から30分程ですから、あまり使うことはないかもしれませんね。使えるかどうかわかりませんが、公衆トイレもありました。
 

【登山口】 

【愛鷹山荘:避難小屋】 
 
【富士見峠】
 愛鷹山荘を通り過ぎると間もなく富士見峠に到着します。ここからは、まず黒岳ピストンに向かいます。20分も歩けば山頂に到着です。途中には樹齢の長い大きな立派なスギの木が何本かありました。

 黒岳山頂は、山頂というよりは丘のてっぺんといった感じの方がぴったりくるかもしれません。周囲がなだらかに広がっているのでそう感じるのでしょうか。
 好天にも恵まれて聞いていた通りの展望は最高でした。富士山だけでもかなり撮ってしまいましたが、ここでは1枚に抑えます(笑)黒岳からですと宝永火山が正面に見えるのですよね。
 
【立派な杉の木】
 
【黒岳山頂】

【富士山】
 
【丹沢山系】

【金時山】 
 
【箱根山】
 
【鋸岳展望台】
 また、ここからは丹沢山系、金時山や箱根の山々もよく見ることができます。何れも富士山がよく見える山ですよね。
 富士山も近場の山々もいつまで見ていても飽きない黒岳山頂ですが、越前岳へ向かうことにします。
 
 富士見峠までは緩やかに下っていきますのですぐですね。そこからは稜線上を緩やかに登っていきます。道は歩きやすい所も歩きにくい所もありますが、急傾斜や危険個所はありませんね。
 しばらく歩くと途中に鋸岳展望台があります。ここからは、ぎざぎざのまさにその名の通りともいえる鋸岳と、愛鷹山系で2番目に高い位牌岳を眺めることができました。
 
【左:位牌岳 右:鋸岳】
  
【霜の降りた登山道】
 
【富士見台】

【五十銭紙幣】 

【越前岳山頂】
 それなりの標高のある山ですが、雪らしい雪はなく上記の富士見台手前あたりの箇所が一番白かったくらいでした。実際この日は朝こそ寒かったものの昼は結構気温が上がったようです。

 富士見台は越前岳手前にある展望台です。岡田紅陽がここで撮った写真が昭和13年発行の五十銭紙幣に採用されたようで、実際絶景を見ることができますね。

 富士見台から30分弱で越前岳山頂に到着です。雪は全くありません。たまたま居合わせた方も山頂でも全くないんだなあと申しておりました。ここからももちろん富士山がよく見えます。全体は見えませんけれどね。
 
【富士山】

【南アルプス 中央左:光岳】 

【伊豆の山々 中央付近:天城山】 
 他にも、南アルプスや伊豆、駿河湾一帯などを一望することができます。いろいろな山から富士山を見るといつもそばに見える越前岳、さすがに見事な展望ですよね。

 山頂はさすがにひんやりとはしていましたが、あまり風はないためのんびりと過ごすことができました。お昼をとって休憩をしたら呼子岳に出発です。

 代わる代わる登ってくる人のいた山頂とは異なりこちらはほとんど歩いている人はいません。道幅は狭く一部歩きにくいところがあるような道でした。位牌岳や鋸岳などを見ながら上ると呼子岳に到着です。

【左:位牌岳 中央:鋸岳 中央右:呼子岳】  

【呼子岳山頂:1313m】  

【富士山と越前岳】  
 呼子岳山頂にはかわいらしいお地蔵さんがいました。山頂そのものはあまり広くはありませんが、登る人があまりいないせいかのんびりと過ごすことができます。呼子岳に登る途中でも見られますが、ここからは越前岳と富士山のコントラストを楽しむことができます。

 少し休んだ後割石峠に向かいます。10分程歩くと到着する峠ですが、ここは沢から下るルートと鋸岳へのルートの分岐になります。鋸岳の急峻な地形を見たかったのですが、山を登らないと見られないようなので断念して、そのまま沢を下るルートをとることにします。

【割石峠】   
 
【沢下り】  
  所々凍っている箇所は見られたものの、登山ルート上では特に危険個所もなく下って行くことができます。だいたい目印がありますが、上りの場合には分岐がありますので要注意ですね。(下りは問題なしだと思います。)久々に岩のごつごつした道を歩いたので、思ったより疲労がたまってしまったような気がします。また、迷うことはありませんが道は少しわかりにくいのでルートを探しながら下ることになります。

 やがて林道に入ります。途中大杉という立派な杉の木がありました。途中黒岳あたりが見えてくると、出発地点が近いですね。最後広々とした河川敷を横切って舗装した道を歩くと、元の駐車場に戻ってきます。

【大杉】  

【林道より黒岳】

【沢下流部を横切る】
 今回は期待に違わぬ見事な富士山を見ることができました。本当に天気が良く、昼過ぎでも空は澄み渡っていました。また、天気のいい日に富士山の展望の良い山にチャレンジしてみたいですね。


山行記へ戻る

ホームへ戻る