はっこうさん
 八高山
登山日: 2010年1月17日(日)   標高:832m(八高山)
    累積標高差 : 879m(福用駅から約680m)


 1月17日(日)    福用駅 7:45  → 分岐 8:35 → 馬王平 9:00
   →  八高山山頂 9:35(〜9:55) → 馬王平 10:15
   →  分岐 10:35 → 福用駅 11:15

 

 八高山については、いくつか登るルートがありますが、本日は福用駅から急斜面コースを登り、帰りはなだらかコースを下るルートをとります。もっと短時間で登れるルートもありますが、このルートがよく歩かれているようです。
 標高差、コースタイムとも登山には程良い感じですね。道も割と整備されているようですし、大井川鉄道を利用できるのも便利なのかもしれません。実際グループで鉄道を利用して行って、宴会をやって帰ってくるという山行記もいくつか見ました。

 私は早朝から登るために車で駅に向かいます。このあたりは島田市で、まだ標高もそれほどではないので、明け方でもあまり凍結を心配せずに来られました。福用駅手前の数キロは凍結注意のようでしたので、そこは注意しましたが。

【大井川鉄道福用駅】 
  
【福用駅駐車スペース】
 福用駅は小さな無人駅で最初は入口がわからず通り過ぎてしまいました。道路から入って正面に駅があるのですが、その左手にスペースがあってそこに車を止めることができるようです。本日は自分が最初でした。

 駅舎はきれいで、きちんとしたトイレもあります。いつものように準備をしたら出発です。その時ちょうど列車が到着したので、列車をカメラに収めることができました。

 駅前の道路を歩いて行くと八高山への大きな案内看板が出てきます。こちらが急斜面ルートになります。なだらかルートはさらに道を奥に進んだ先にあります。

【停車中の列車】 

【急斜面コースへ(なだらかコースはさらに奥)】 
 
【登山口へ】
 宅地沿いを抜けて行きますが、きちんと案内看板がありますので特に問題はありません。しばらく歩くと舗装道路から山道に入ります。

 急斜面コースとはなっていますが、なだらかコースよりは短距離で上るというだけで厳しい急斜面があるということはありません。途中茶畑の脇を抜けたり、杉木立の中を歩いて行きます。途中開けたところでは、経塚山を見ることができました。

 1時間弱程歩くとなだらかコースとの分岐、むしろここでは合流地点に着きます。分岐まではひたすら上りでしたが、ここからしばらくは杉木立の中のなだらかな道を歩いて行きます。
 
【ここから登山道】
 
【茶畑脇の道】

【登山道から経塚山】
 
【分岐】

【分岐後なだらかな道】 
 しばらく歩くと道が広がって林道に出ます。この道もほとんど高低差がなくハイキングのような感じです。さらにしばらく歩くと馬王平に出て、正面に八高山を見ることができます。

 馬王平で休憩した後、山頂へ向けて最後の上りに入ります。馬王平の奥にある登り口から上がって行きます。急登こそないものの、長い上りが続いていて結構疲れさせられますね。

 やがて白光神社が見えてきます。ここから山頂までは200メートルとの表示が出ていて、最後に上って行くと八高山山頂に到着です。
 
【林道】

【馬王平と正面に八高山】
 
【馬王平からの登り口】
  【山頂への上り】
 山頂はそれほど広くはありませんが、開けていて展望は見事です。ただし、この日は雲が多くて富士山を始め、期待していた南アルプスの山容もほとんど見ることができませんでした。その中で大無間山だけが頭一つ出ている感じで見ることができました。存在感抜群の山ですね。実際その独特の山容からどこからでもわかりやすいらしいですが。

 ここで簡単に食事休憩をしてから下山開始です。常緑樹が多い場所を通ると、青々としていて違う季節に来たのではないかという錯覚を覚えさせられますね。
  

【白光神社】 

【八高山山頂】

【富士山は雲の中:中央右に高根山】
 
【大無間山】

【山頂南側の展望】 

【常緑樹】 
 馬王平まで一気に下ってさらに進みます。帰りは分岐をなだらかコースに入って行きます。こちらは歩きやすいと思っていたのですが、落ち葉が結構残っている中に岩がごろごろ転がっていたりして意外と歩きにくかったですね。左下の足元が狭まっているような場所も歩きにくいです。ただし、確かに傾斜は緩いので季節が違えば歩きやすいのかもしれません。

 登山口は、急斜面コース登山口よりもさらに奥に行ったところにあります。線路沿いの道をのんびり歩いて行くとやがて福用駅に到着です。車は目一杯止められていてバスまで止まっていました。実際帰りは結構な方とすれ違いましたね。

【なだらかコース】

【福用駅へ】  
 晴れ渡っていれば見事な展望が得られますし、のんびり歩くにはいい山なのではないでしょうか。実際、この時期にしては結構な方が登られていて人気の山のようです。雲がかかってない時に、富士山と南アルプスをまた見に来てみたいですね。


山行記へ戻る

ホームへ戻る