きょうがたけ
 (伊那)経ヶ岳
登山日: 2010年11月27日(土)   標高:2296m(経ヶ岳)
    累積標高差 : − m(登山口から約1400m)


 11月27日(土)    登山口 8:05 → 四合目 9:00 → 八合目 10:25(〜40)
   →  経ヶ岳 11:20 → 八合目 11:50(〜12:05)
   →  四合目 13:00 → 登山口 13:40

 

 本日は経ヶ岳に登ります。経ヶ岳という山名はよく見かけますが、三百名山では福井県にも経ヶ岳という山があり春先に登りました。今回登る経ヶ岳は、長野県伊那地方にあり、中央アルプスの北にある山です。

 この日は、明け方まで自宅にいる必要があったため、いつもよりも出発が遅くなってしまいました。それでも、最近遠征していた山よりは近かったせいか7時半頃には現地に到着することができました。長野県の山は比較的高速道路に近いというのもあるかもしれません。特に、今回の経ヶ岳登山口は、伊那ICから10キロちょっとの距離ですのでICを下りたらあっという間です。 

【駐車場】 

【左に登山届ポスト 右奥は登山道へ続く道】 
 登山口は仲仙寺というお寺のそばにあります。仲仙寺手前に駐車場がありましたので、そこにとめることにします。ただし、写真の場所は本来の駐車場ではないかもしれません。もう少し手前に無料駐車場と書かれた看板のあるスペースがありました。この日は少人数だったせいか、みなさん少し奥のこちらにとめていたようでしたが。

 駐車場所から道へ出るところに登山届提出用のポストがあります。ここから、さらに舗装された道を奥に進んで行きます。途中右手に仲仙寺を眺めつつ、さらに進んで行きます。
 
【仲仙寺】 
 
【涸れていた水場】

【羽広観音入口 登山道は右へ】 
  
【羽広観音】 
 仲仙寺を過ぎて右手に水場と思われる場所がありましたが、水は出ていませんでした。やがて、正面に羽広観音入口があって右脇に入って行きます。結局この道を歩いても羽広観音のすぐ脇に出てきますがね。せっかくなので、写真を撮ってみました。

 ここからは、樹林帯の道を歩いて行きます。少しわかりにくい分岐もありましたが、看板があったので問題なく進んで行けました。すっかり葉が落ちていたせいか、落ち葉の海の中を歩いているような感じでしたね。緩やかな登りながら進んで行きます。多少足場の悪いところもありますが、比較的歩きやすい道でしょう。
 
【樹林帯の道】
 
【4合目】 
 
【ササ原の中の5合目】 
 1時間程登って行くと4合目に到着です。このあたりまでくると、落ち葉もあまりなくてかなり歩きやすくなってきます。帰りは気持ちよく下って行けそうな道ですね。ちなみに、4合目以降は、各合目ごとに看板があって、次の合目までの時間の目安もあってなかなか便利です。きちんと9合目まであります。

 4合目からしばらく歩くとササ原の中の道を歩いて行って5合目に到着、さらにぐんぐん登って行くと6合目、そして7合目に到着です。このあたりまでくるとちょっと開けてきた感じでしょうか。ずっと樹林帯の道ですが、葉が落ちている分解放感があります。

【7合目】   

【8合目と南アルプスの眺め】   

【8合目】  
 7合目からは、一旦下って登り返して行きます。事前の下調べで8合目からの展望が開けていることは知っていましたので、いやがうえにも期待が高まります。そして、視界が開けてきたと思ったら8合目に到着です。北東方向には八ヶ岳、南東には南アルプス、南には中央アルプスを見ることができます。木々があるため、裾まできれいに見えるわけではありませんが、これだけ見られれば御の字でしょう。

 一通り写真を撮った後、とりあえず展望がないと言われている山頂を往復してくることにしました。

【山頂方面】 
 
【中央アルプス】 

【木曽駒ケ岳】  

【固くなって滑りやすい雪】  
 
【8合目奥からの登り】 

【9合目】   
 8合目の奥からは再び樹林帯になって、やや下って行くのですが、ここから現れた雪がかなり固くなっていて滑りやすく下るのに難儀しました。ただし、斜度が比較的緩やかだったのと、樹林帯の道のために脇のスペースも使えたのでなんとか進むことができました。逆に日が当たっているところはほとんど雪がありません。

 やや下った後再び登って行くのですが、この登ったあたりに最高の展望が広がっていて、遮る木々もないため、8合目以上の展望が広がっていました。帰りにここで休憩することにして進みます。やがて、9合目を通過です。

【最後の固い雪の残った登り】  
 
【山頂看板】 
 山頂への最後の登りは、さすがにこれだけの標高になると日が当たっている場所も雪がありました。これが、登りでもよく滑って大変でした。これを登りきると山頂に到着です。

 山頂は思っていた以上に樹林に囲まれています。葉が落ちていなければ、もっと薄暗かったでしょう。本当に8合目付近を除くと見事な樹林帯ですが、特に山頂付近の密度は濃かった気がします。山頂は写真だけ撮ってすぐに下ります。慎重に慎重に下って、なんとか転ばずに下って行くことができました。こういった場所は局所的なので、結局アイゼンは使いませんでした。
 
【樹木に囲まれた山頂】  
 
【樹林帯の奥あたりに8合目】  
 先ほどの8合目奥の展望が広がるあたりで休憩をとることにしました。きちんとしたスペースがあるわけではないので、少し脇が広いところを見つけて座りました。

 こちらは、8合目と同様のパノラマが広がっているわけですが、周囲に木々がないので下の方まですっきりと見ることができます。この場所でのんびり展望を楽しんだ後下山を開始しました。
 
【甲斐駒ケ岳から聖岳付近にまで至る南アルプスの眺め】 

【左に仙丈ケ岳 ほぼ重なるように北岳〜間ノ岳〜農鳥岳】 
 
【八ヶ岳連峰】 
 
【登山口へ】
 登りで思ったとおり快適に下って行くことができました。膝を痛めないように、スピードを意図的に落としたり休憩をはさんだりしながらの下りです。結局は、2時前には駐車場まで戻って来ることができました。

 駐車場に戻って驚いたのは、ここからの南アルプスの展望も見事であることです。この後、伊那ICまでの運転中も正面に南アルプスを眺めながらとなりました。麓からこれほどの南アルプスを眺められるのはうらやましくもありました。

 標高差もあり、あまり展望のない山だと聞いていたのですが、登山道は歩きやすく、8合目という素晴らしい展望所も持った素晴らしい山でした。

【駐車場からの南アルプス】
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る