ごまだんざん
 護摩壇山
登山日: 2010年12月4日(土)   標高:1372m(護摩壇山) 1382m(龍神岳)
    標高差 : 駐車場から約100 m


 12月4日(土)    駐車場 12:10 → 護摩壇山 12:20
   龍神岳 12:35(〜45) → 駐車場 13:00

 

 伯母子岳に登った後は護摩壇山に向かいます。護摩壇山へはごまさんスカイタワーの駐車場にとめて登って行きます。なお、ごまさんスカイタワーは入場料300円となっています。駐車場からの眺めも見事で、結果としてはここからの眺めが一番いいかもしれません。

 駐車場からごまさんスカイタワー脇の道を歩いて行くと、護摩壇山山頂への案内看板がありますのでそこから登山道に入って行きます。よく整備された道が続いて10分も歩くと山頂に到着です。 

【駐車場】 
 
【龍神岳〜護摩壇山の稜線】
  
【林道から護摩壇山登山道へ】
 山頂は樹林帯に囲まれていて展望がありません。山頂の看板でさえかすれて見にくくなっているような状態でした。この先の龍神岳は和歌山県最高峰ということで、もしかしたら展望があるかもしれないと思い歩いて行きます。

 NHKの鉄塔があるこの龍神岳への道もよく整備されています。緩やかに下って再び緩やかに登って行くと龍神岳山頂に到着です。ここは和歌山県最高峰なのですが、実は最近まで名前がなかったのが公募によって2009年にこの山名がつけられたとのこと。確かに新しい石碑でしたが、本当につい最近名前がついたようです。 

【広々とした道】  

【護摩壇山山頂】 

【龍神岳への道】 
 
【龍神岳山頂看板】  
  ここからの眺めは素晴らしそうに思えたのですが、肝心なところに鉄塔があってすっきりとした展望を得ることはできませんでした。隙間からなんとか眺めることができるといったところでしょうか。それでも護摩壇山よりは展望がいいと思われます。

 龍神岳からの展望を楽しんだ後は下山開始です。護摩壇山からあっという間に駐車場まで下ってきました。大峰山脈の眺めは駐車場からが一番良さそうです。角度を変えれば1山1山は龍神岳からも眺めることができますがね。こうしてこの山域を後にしたのでした。
 
【山頂の様子 NHKの鉄塔】 
 
【正面中央に伯母子岳】 
 
【釈迦ヶ岳】  
 
【八経ヶ岳】  
 
【駐車場からの大峰山脈の眺め 八経ヶ岳〜釈迦ヶ岳】  
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る