だいにちさん
 大日山
登山日: 2011年4月17日(日)   標高:881m(大日山)
    標高差 : 金剛院奥から約200m


 4月17日(日)    金剛院奥 13:30 → 大日山 14:00(〜10)
   金剛院奥 14:30

 


【金剛院手前山門】  
 春埜山に登った後は大日山に登ります。実は春埜山からも歩いて2時間程の距離のようなのですが、道がわからなかったので、結局車で近くまで行くことにしました。ただし、車で行く場合にはかなり大回りをしますので、結構な距離を走ることになります。

 金剛院に近づくと立派な山門があります。これを回り込むようにして進むとやがて公衆トイレのあるスペースがあります。このあたりが駐車場所として適当のように思われましたが、さらに進んで行く車があったので、もう少し進んでみました。

【金剛院手前のスペース 公衆トイレ有】   

【金剛院奥から続く林道】  
  
【大日山登山口】
 金剛院を過ぎると、未舗装の急な道になっていましたので、その手前のところに駐車することにしました。その後も何台かの車が通りましたので、先まで行けることは行けるようですが、登山道に入るまでならすぐですのでこの付近で十分でしょう。実際、金剛院奥の駐車場所から歩いて間もなく登山道入口がありました。

 登山道はいきなり急登で、九十九折れに一気に高度を稼いで行きます。しばらく登って行くと尾根筋の道に出ます。ここで既に標高800mを超えていますが、ここからもうしばらく歩きます。

【九十九折れの急登を登る】 
 
【尾根筋の道へ】 

【正面木々の向こうに大日山】   

【鬱蒼とした森の中を歩く】   

【樹木に囲われた山頂】  
 なだらかな道が続いて一旦下りになります。このあたりからは、木々の向こうになんとか大日山を見ることができます。このアップダウンを過ぎるとやがて山頂に到着です。

 山頂は樹木に囲われているうえに、周囲がなだらかであるために、ぱっと見たところでは山頂とは思えないような場所でした。残念ながら展望は全くありませんので、少し休憩して写真だけ撮ったらすぐに引き返します。 
 下りはのんびり20分少々かけて戻りました。だいたい1時間くらいのハイキングといった感じでしょうか。

 この日は、歩くよりも山道の運転の方が大変だった1日でしたが、先週よりはそこそこ歩くことができましたので、その点では良かったなと思います。じっくり時間をかければ、標高差1000mくらいの山も登れるかもしれません。来週もあまり天気が安定しなさそうですが、機会があれば1日でも歩いておきたいなと思っています。 
 
【山頂看板】  
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る