だいせん
 大山
登山日: 2011年5月3日(火)   標高:1709m(弥山) 剣ヶ峰(1729m)立入禁止
    累積標高差 : 約970m(登山口から約930m)


 5月3日(火)    夏山登山口 6:40 → 避難小屋 7:50
   弥山 8:40(〜9:40) → 夏山登山口 11:20

 

 今年のGWは、膝の調子的にも、仕事の状況的にも遠征は厳しいかなと思っていたのですが、日帰りならなんとかなりそうなくらいに回復したのと、なんとか1日休暇を取ることができたので、連休になることを生かして中国・四国地方へ遠征することにしました。このあたりの山は比較的登りやすい山が多いのでちょうど良かったです。ただ、日本海側の山については、思っていた以上に残雪が多かったですね。

 最初は四国から回る予定でしたが、四国の天気が悪そうだったことから中国地方を先に回ることにしました。結果としては、後回しにしても四国では晴れることはありませんでした。

【南光河原駐車場】 
  
【路肩にはべったりと残雪が】
 まずは大山に登ります。今年は残雪が多いと聞いていたことから、少し後に回したかったのですが、距離的に近いのと、百名山を後回しにすると駐車するのが困難になるということで、最初の山としました。それと、事前情報で知り合いのブロガーさんが登ることがわかっていたので、もしかしたらというのもありました。実際のところは人気の山なので、見つけるのはほぼ無理かなと思っていました。

 大山登山口までは自宅から600キロ弱、結局寝ずに現地に向かうことにしました。現地到着は夜明けですぐにでも出発しようと思ったのですが、さすがに体が起きず、1時間程仮眠をとってから出発です。なお、駐車場は今回駐車した南光河原駐車場の他に下山駐車場というのがあって、どちらもきれいな公衆トイレがありました。どちらの駐車場からも夏山登山口までの距離はだいたい同じだと思います。

【登山道入口】 
 
【本道との合流点】 

【緩やかな階段が続く】  
 登山口までの道路脇にもべったりと残雪が残っていて雪の多さを物語っていました。車道脇を歩いて行くと間もなく登山道に入ります。さらに少し歩くと、本道と合流します。

 このあたりはひたすら緩やかな階段が続きます。少しスピードを上げたいところですが、無理をしないようゆっくり登って行きます。それでも、結構途中で休む人が多く抜くことが多かったです。その時後ろから結構なスピードで自分を抜いて行った方がいました。実はその方が知り合いのブロガーさんだったのですが、それは後で知ることになります。 
 
【1合目】  
 
【雪道を登る】
  
【5合目】 
 道中には合目の表示がありますのでいい目安になります。1合目あたりではまだ雪はありませんでしたが、やがて雪が現れてきます。結構急な斜面に残雪が残っていて少し手こずりながら登って行きました。正直この時には軽アイゼンでは意味がないかなと思いつつ登っていました。

 ただ、しばらく登って行くと一旦雪が消えました。日当たりの良さによってかなり変わってくるようでした。5合目は少し広くて休憩するのに最適でしたが、ここには雪はありませんでした。このあたりを過ぎるとやがて元谷コースと合流して尾根を一気に登って行きます。このあたりになると、再び雪が出てきます。 

【登って来た斜面を振り返って】  
 
【北壁の眺め】  
 
【雪から少し見えている避難小屋】 
 この斜面は一直線に続いていて、周囲に遮るものもないため眺めもいいです。やや曇っていたのは残念でしたが、大山の北壁側の眺めもなかなかです。雪はそこそこありましたが、柔らかくつぼ足でもそのまま登って行けました。しかし、念のために途中軽アイゼンを着用しました。結果としては付ける意味がなく、その後しばらくして外しました。

 途中6合目付近には避難小屋があって結構見えていました。この後はひたすら雪道歩きと思っていたのですが、実は尾根の南側の方は雪が溶けていて、一部では雪のないところを歩くこともできました。 
 
【7合目】

【再び雪のない道】
 
【山頂方面の眺め】

【木道歩き】
 
【9合目】
 登って行くと雪のない道となり傾斜も緩やかになってきます。このあたりはかなりなだらかになっていて、弥山山頂付近まで木道が続いています。なお、木道の途中に最後の目印である9合目があります。

 やがて、頂上小屋が見えてきて雪渓を渡ると弥山山頂に到着です。周囲がなだらかな地形であるためか、遮るものはないのですが絶好の展望所というわけではありません。山頂看板の写真を撮った後、やや剣ヶ峰方向に向かって歩きます。

【大山頂上小屋と弥山山頂】 

【山頂看板】 
 山頂から見える1つ奥のピークまでは普通に歩いて行けるようです。山頂からは見えにくい剣ヶ峰でしたが、奥のピークまで行くとその立派な姿を眺めることができます。さらに奥まで行ければ素晴らしいのでしょうが、ここから先は行けませんというよりも、崩れつつあるやせた尾根が見えていました。なお、この奥のピーク付近に三角点があったので、弥山の本来の山頂はこちらなのかもしれません。ただ、この奥のピークはスペースはそれほどありませんので、大勢が休憩するのは不向きでしょう。 
 
【奥のピークを目指して歩く 中央奥が剣ヶ峰】
 
【ガスの向こうは蒜山でしょうか】

【奥のピークより剣ヶ峰】 

【三角点】 
 この奥のピークから見た剣ヶ峰は見事なものでした。残雪の多さがさらにその姿を引き立てていたのかもしれません。

 実はここで写真を撮っていた時に、最初の頃に抜かれてその後先行していた方が写真を撮っていました。もしやと思い声をかけてみるとやはり知り合いのブロガーさんであるとみぃさんでした。やっぱり山の話で盛り上がって、結局山頂で1時間程滞在していました。その後も一緒に下って来ました。少し懸念のあった下りでしたが、話しをしているうちに下ってしまったという感じでしたね。

【急斜面を下る】
 大山の見事な雄姿と知り合いのブロガーさんに巡り合って幸先の良いスタートとなりました。実はその後は、むしろ洗礼を浴び続けることになったわけですが、それでも大山はいい思い出になったのではないでしょうか。もう少し手軽に行ける場所にあれば、今度はすっきりと晴れた日にまた登ってみたいと思いました。 


山行記へ戻る

ホームへ戻る