いずみがたけ
 泉ヶ岳
登山日: 2011年6月18日(土)   標高:1175m(泉ヶ岳)
    標高差 : 表コース登山口から約580m


 6月18日(土)    表コース登山口 6:10 → 泉ヶ岳 7:35(〜8:00)
   表コース登山口 9:00

 

 本日は泉ヶ岳に登ります。この週末は最後の高速道路上限千円ということで、先週に引き続きがんばって遠征することにしました。ただし誤算があって、当初登る予定の山が出発直前に登ることができないことがわかり、急遽計画を練り直すことになりました。ただでさえ早く出発する必要があったのが遅くなったため、結局睡眠時間なしで現地に向かうことになりました。

 この日に登った泉ヶ岳と船形山については、初日ではないにせよ元々登る予定でしたので、簡単には下調べしていました。結局のところ最短ルートである表コース登山口から登ることにしました。

【登山口駐車スペース】 
  
【表コース登山口】
 ルートとしては、広い駐車場のある南側からのルートの方がメジャーなようで、カモシカコースや滑降コースと呼ばれるコースがあります。今回のルートが最短ではあるとはいえ、これらのコースと30分程度しか変わらないようです。

 表コース登山口前にもスペースはありますが、駐車できるのは十数台といったところでしょうか。この日は自分が最初に到着したようで、他に車はとまっていませんでした。ガスが出ていて場合によっては雨が降り出しそうな天気でしたが、とりあえず準備ができたら出発します。なお、登山口には登山者カード記入場所があります。自分は短時間日帰りのため素通りしました。 

【樹林帯の道】 

【急登が続く】  

【岩のごろごろした道】 
 最初こそなだらかな樹林帯の道が続きますが、まもなく急登になって一気に高度を稼いで行きます。土の道が続くのかなと思っていたのですが、途中から木の根や岩のごろごろした急登が続くのでなかなかしんどかったです。逆に言えば飽きさせない道であるとも言えますが。

 しばらく登って行くと胎内くぐりと呼ばれる場所があって岩の間をくぐって通る場所があります。ここは狭い上にやや急な斜面にあるので、がんばって体を持ち上げて、ザックを岩に擦らせてようやく通過することができました。通過した後の土であちこち汚れてしまったので、下りでは巻くことにしました。

【胎内くぐり】

【ドーダン林】

【ヤマツツジ】 
 長い急登を越えるとドーダン林と呼ばれる少し広々とした場所に到着して、ここから先はなだらかな道になります。なお、ドーダン林手前に少々ヤマツツジが、ドーダン林から山頂方向にシロヤシオを眺めることができました。シロヤシオはもう終わりの時期なのかもしれません。

 なだらかな樹林帯の道を歩いて行くと山頂に到着です。広々とはしていますが、樹木類に囲まれているのであまり展望はなさそうです。ただ、ガスがなければ周囲の山々を眺めることができるのかもしれません。

【シロヤシオ】

【なだらかな道】 

【山頂の様子】 

【字の消えかかった山頂碑】 
 
【ヤマツツジの群落】
 山頂の中心付近に山頂碑がありましたが、字がほとんど消えてしまっていました。また、この付近に三角点もあります。展望には恵まれませんでしたが、鮮やかな花の数々を眺めることができました。雨の直後のせいかきれいに咲いているものはありませんでしたが、ヤマツツジ、サラサドウダンなどの花を眺めることができました。

 花を眺めて少し休憩したら下山開始です。ドーダン林まで快調に戻って、岩場の急登は慎重に下って行きました。結局誰にも会うことなく駐車場まで戻ってきました。
 
【ヤマツツジ】
 
【サラサドウダン】

【タニウツギ】 

【登山口へ】 
 駐車場に戻ると数台の車が入ってきて、次々に泉ヶ岳に登る準備を始めました。短時間で登れることから、ゆっくり出発する方が多いのかもしれません。

 出発の準備をしている方達をよそに、次の目的地である船形山に向けて出発しました。この時点では出発した時と比較するとガスもなくなって、少しは天気がよくなりそうな気配がしました。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る