くりこまやま
 栗駒山
登山日: 2011年6月19日(日)   標高:1627m(栗駒山)
    標高差 : いわかがみ平から約510m


 6月19日(日)    いわかがみ平 15:25 → 栗駒山 16:35(〜17:00)
   いわかがみ平 17:45

 

 焼石岳に登った後は栗駒山に向かいます。焼石岳で結構目一杯歩いてしまったので、栗駒山は後日登ろうとも思いましたが、せっかく東北まで来たので登ることにしたのでした。

 ルートは、焼石岳の登山口からも比較的近く、ぐるっと回ることができる須川温泉からのルートを取りたいところでしたが、時間が時間でしたので、最短で登れるうれによく整備されている中央コースを利用することにしました。登山口となるいわかがみ平へは、東からぐるっと回りながら向かいました。

【いわかがみ平】 
  
【雪の残る駐車場】
 いわかがみ平までの道は舗装されており問題なく到着できました。なお、ここで既に標高1100mを超えています。そのせいか駐車場には雪がまだ結構残っていました。

 いわかがみ平には午後3時過ぎに到着したのですが、さすがにちょうど下山した人やこれから帰る人が大半でした。いくら道が整備されているといっても標高差は500mあります。

 準備ができたらすぐに出発します。レストハウスへの坂を登って行く途中に、東栗駒山方面に向かう登山口があります。それを過ぎるとレストハウスがあります。

【レストハウス】 

【中央コース入口】  

【整備された道】 
 レストハウスの前に中央コースの入口があります。登山道はコンクリートで固められているうえにほぼ一直線の道になっています。ただし、ひたすらに高度を稼いで行くうえになかなか暑かったので、見た目ほど楽ではなかったですね。このあたりを歩いている時はまだ下山してくる人がいました。

 しばらく登って行くと前方の視界が開けて栗駒山が見えてくるようになります。この時間ですと逆光になってしまいますが、なかなか立派な栗駒山を眺めることができました。開けたあたりで一旦なだらかになり、今度は土の道や砂利道が出てきます。ただし、道はよく整備されているので登山靴でなくても歩けそうな感じでした。 

【徐々に栗駒山が】

【やや逆光気味の栗駒山】

【砂利道】 
 再び緩やかに登って行きます。途中、東からのルートを併せると徐々に急登となり、設置された木の階段を登って行きます。これをがんばって登りきると栗駒山山頂に到着です。

 さすがに4時半を回っていましたので山頂は静かですた。ただし、日の長い時期であるせいか、まだ夕暮れという感じはしませんでした。あまり遠望は効きませんでしたが、焼石連峰はなんとか見ることができました。

 山頂でのんびりした後は一気に下って行きます。あっという間の山登りでしたが、静かな山登りを堪能できたのではないかと思います。

【東からの稜線】

【山頂直下の階段】 

【山頂碑】 

【山頂の様子】 
 
【山頂から登って来たルートを眺める】
 
【うっすらと焼石連峰】
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る