しろうまだけ・ゆきくらだけ・あさひだけ
 白馬岳・雪倉岳・朝日岳(1日目)
  登山日: 2011年7月16日(土)〜7月18日(月) 
  標高:2766m(小蓮華山) 2932m(白馬岳) 2768m(丸山) 2611m(雪倉岳) 2418m(朝日岳)    
  累積標高 約4200m(兵馬の平付近から白馬岳まで約1700m)


 7月16日(土)    栂池駅 7:25 → 天狗原 8:40 → 白馬大池山荘 10:15(〜40)
   小蓮華山 12:20(〜35) → 白馬岳 13:50(〜14:15)
   頂上宿舎 14:30 → 丸山付近散策
 
 7月17日(日)   頂上宿舎 4:00 → 白馬岳 4:25(〜5:25) → 三国境 5:50
   雪倉岳避難小屋 7:10 → 雪倉岳 7:50(〜8:00) → 水平道分岐 10:00 
   朝日岳 11:05(〜40) → 栂海新道分岐 12:05 → 花園三角点 14:05
   渡渉地点 15:00(〜40) → 蓮華温泉キャンプ場 17:40 → 蓮華温泉
 
 7月18日(月)    蓮華温泉キャンプ場 4:25 → 蓮華温泉 → 天狗の庭 6:10(〜25) 
   白馬大池山荘 7:20(〜35) → 栂池駅 10:10

 

 本日から白馬岳・雪倉岳・朝日岳に登ります。海の日の3連休に加えて1日追加で休暇を取ることができたことから、当初は南アルプス南部の縦走を考えていました。しかし、4日間のうち最終日の天気がやや悪いのは仕方のないところでしたが、南方では3日目から崩れそうであったことから急遽北アルプスに白羽の矢を立てました。実は今回の三山は蓮華温泉からの2泊3日で検討していたのですが、蓮華温泉への道が現在通行止めであることから、栂池からの3泊4日で周回してみようと思ったのでした。

 結局は、4日目が相当天候が悪化しそうであったことから、2日目に2日分の行程をこなさざるを得なくなり苦しい山行となりました。下山してみるとそこまで天候は悪くなかったのですが、天気の良いうちに下れたのだから良しとすべきでしょう。

【栂池高原駐車場】
 
【栂池高原ゴンドラ駅】
 土曜日に日付が変わった頃に自宅を出発、今回の登山口となる栂池自然園駅に上るためのゴンドラ駅である栂池高原駅を目指します。久しぶりの北アルプス、しかも当初は3泊4日で考えていましたから、いやが上にも期待と不安が高まります。現地には4時半過ぎに到着しました。始発は6時半ですが、今回は人が多いので臨時で早く出ないかなと思ったのですが、残念ながら予定通りのダイヤとなりました。

 自分が到着した頃はそれほどでもありませんでしたが、始発時間が近づくと結構な方がチケット売場に並ぶようになりました。自分はそこそこの時間に来ていたので、長い時間並ばずに済みました。 

【チケット売場の行列】 

【ゴンドラへ】

【ゴンドラ先にアルプスの山々が】 
 チケットはゴンドラ及びロープウェイ往復券と手荷物券を購入しました。まずはゴンドラに乗ります。高度を稼ぎつつ北アルプスの山に近づいて行きます。終点まで到着した後は、数分程歩いて今度はロープウェイに乗り換えます。20分間隔の運転ですが、さすがにこの時は連続運転をしていました。こうして、栂池自然園駅に到着です。ここで既に標高1800m以上あります。

 駅のトイレを借りて準備を済ませたら出発します。まずは、アスファルトの坂道を登って行きます。この付近から脇には高山植物を見ることができました。 

【ロープウェイへ】 

【栂池自然園駅】 

【駅外観】
 しばらく登って行くと、栂池ヒュッテなどの施設群が現れます。公衆トイレもここにあります。この一番奥は自然園の入口にもなっています。自然園入口の手前を右手に入ると登山口があって、ここから登山道となります。

 しばらくは樹林帯の道を歩いて行きます。比較的なだらかな道が続きますが、ところどころ岩のごろごろしたような道も出てきます。この時間帯は、朝一で登って来た人たちが次々に登り始めているため、渋滞こそしてはいませんでしたが、数珠つなぎで歩いていました。譲ったり追い抜いたりとなかなか自分のペースを掴めませんでした。

【栂池ヒュッテ・山荘・公衆トイレなどの施設】 

【登山口】

【岩のごろごろした道も】
 早朝の時間帯を過ぎて気温が上がってくると、ペースが掴めないのも相まって結構疲れてきてしまいました。しばらく歩いていると雪渓がありましたので、ここで休憩することにしました。ちょうど風も吹いていて気持ちが良かったです。

 その後登って行くと木道があり、天狗原と呼ばれる場所に出ます。この付近では随所にチングルマを見ることができました。また、この時はガスがかかっていましたが、すっきりと晴れていれば素晴らしい景色を眺められるのかもしれません。

【雪渓を歩く】

【天狗原】 

【チングルマの群落】 

【岩のごろごろした道】
 木道をしばらく歩いて行くと、やがて岩のごろごろした道になります。このあたりは、雪渓の末端で雪がところどころ混じっています。中途半端に雪が残って濡れている岩もあるので、少し歩きにくかったです。このあたりは雪に埋まっていた方が歩きやすいでしょう。

 岩のごろごろした道を抜けると雪渓の登りになります。最初の取付きからしばらくはそこそこの斜度がありましたが、登りならなんとかなりそうでしたのでアイゼンを付けずに進みます。この取付きでアイゼンを付けている人が結構いました。 

【雪渓の急登】

【雪渓を眺める】 

【広々とした雪渓を登る】 

【シナノキンバイ】
 雪渓を登る途中右手には迫力ある雪渓が広がっています。やや急な雪渓を登ると、視界が広がって広々とした雪渓に出ます。ここは雪渓の取付き直後よりはやや緩やかですが、広々とした場所ですので視界がない時は注意すべきかもしれません。とはいえそれほどの距離はなく、しばらく登ると雪渓が終わってハイマツ帯に入って行きます。
 
 猿倉からの有名な大雪渓のように長い距離ではありませんが、それでもなかなかの雪渓だったと思います。下調べ不足で、これは正直予想外でしたね。

【ハイマツ帯の奥はガスの中】 

【ライチョウ】
 ハイマツ帯に入ってひと登りすると広々とした場所に出ます。ちらっと奥に山が見えて期待が高まったのですが、その後は姿を見せることはありませんでした。

 その後しばらく歩いて乗鞍岳山頂付近に差し掛かった時にライチョウを見ることができました。周囲の人が結構近くで写真を撮っていましたが、じっとしていてほとんど身動きをしていませんでした。ライチョウに会うのは昨年の雲の平以来で、意外とあっさり出会えたなという感じです。幸先が良かったですね。

【乗鞍岳山頂】 

【緩やかに下る】 

【徐々に白馬大池と山荘が】
 
【白馬大池】

【池を回り込むように岩のごろごろした道を進む】 

【雪渓をトラバース】 
 その後は乗鞍岳山頂を通過して今度は緩やかに下って行きます。やがて正面に白馬大池が現れます。やや雲がかかっているとはいえ、真っ青な池が見えた時ははっとさせられました。

 池に近づきながら下って行くと岩のごろごろした道になります。池を回り込むようにして進んで行きます。途中1箇所雪渓をトラバースする箇所がありますが、きれいにカットされているので問題なく進んで行けます。ここを越えるとやがて白馬大池山荘に到着です。

【山荘付近からの白馬大池】 
 
【白馬大池山荘】
 白馬大池山荘は既に大勢の人で賑わっていました。山荘ですから水場、トイレ、売店等もありますので休憩にはうってつけでしょう。また、この付近は見事なお花畑になっていて、特にハクサンイチゲやハクサンコザクラの群落は見事でした。ここで、休憩&花の撮影をしたら白馬岳へ向けて出発です。どうしても、白馬岳頂上宿舎のテント場のことが気になってしまうのでした。

 山荘から出発して間もなくのところに蓮華温泉への分岐があります。最終日は蓮華温泉からここに合流する予定です。

【一面のお花畑 ハクサンイチゲが中心】 

【ミヤマキンポウゲ】 

【ハクサンイチゲ】 
 
【黄色い花(キンバイソウ?)】

【ハクサンコザクラ】 

【ハクサンイチゲと小蓮華山への稜線】

【なだらかな登山道】 

【小蓮華山への稜線】 

【シロウマタンポポ】 
 蓮華温泉への分岐を過ぎると緩やかに稜線を登って行きます。徐々に本格的な登りになってきますが、歩きやすい登山道が続きます。ただし、この時点で結構疲労がたまっていたので、なかなか正念場の登りとなりました。稜線がガスっていたので、白馬岳方面が見えないのが残念でした。なお、小蓮華山への稜線は大河ドラマのオープニングで使われたようですが、これだけガスっているといまいちどの部分かよくわかりませんでした。
 思ったよりも疲れたアップダウンでしたが、相変わらずのお花畑は見事でした。やはりこの付近もハクサンイチゲが主役でしょうか。

【ミヤマアズマギク】

【ハクサンイチゲのお花畑】 

【小蓮華山頂へ】

【コバイケイソウ】 

【シナノキンバイ】
 さらに進んで行くとようやく小蓮華山頂が見えてきます。展望がなくてなかなか目標が見えないこともあり、小蓮華山頂への道が一番疲労のピークだったように思えます。こうしてようやく小蓮華山に到着です。そこそこのスペースがあり、のんびり休憩します。稜線の一部が見えたのは良かったのですが、白馬岳などの山々が見渡せないのが少し残念でしたね。

 山頂での休憩もそこそこに切り上げて、いよいよ白馬岳に向かって歩いて行きます。小蓮華山から最初は緩やかな稜線を歩いて行きます。

【小蓮華山頂】 

【山頂三角点】 

【ガスの多かった稜線】 

【白馬岳への稜線】

【鉢ヶ岳】 

【徐々に岩がごつごつしたような地形も】 

【雪倉岳方面分岐】
 この稜線上にはガスが出ていなかったこともあり、稜線の眺めは見事なものでした。右手には、翌日登る雪倉岳方面も見えています。ただし、鉢ヶ岳こそ見えていましたが、それよりも奥は雲に覆われて見えませんでした。

 白馬岳に近づくに連れて、徐々に岩のごつごつした地形が見えてきます。緩やかに登り始めた頃に雪倉岳への分岐がありました。翌日はここから雪倉岳、朝日岳へ縦走することになります。さらに登ってザレた急登を上がって行くといよいよ白馬岳山頂が見えてきます。右隣には立派な旭岳も見えています。

【この付近の斜面にもお花畑】 

【ウルップソウ】 

【小蓮華山はガスの中】 

【白馬岳と旭岳】

【白馬岳山頂】 

【山頂看板】 

【左に杓子岳・鑓ヶ岳と白馬山荘から丸山の稜線】

【白馬山荘】 
 最後緩やかなザレた道を登って行くと白馬岳山頂に到着です。やはり海の日3連休で人気の山だけあって山頂は大勢の人で賑わっています。ガスが出ていて遠くの山が見えなかったのと、翌朝も白馬岳を通ることから、少し撮影をしたら山荘方面に下って行きました。

 下る途中では立派な杓子岳及び鑓ヶ岳と白馬山荘及び頂上宿舎が見えて来ます。白馬山荘にはテント場がありませんので、頂上宿舎まで下って行きます。予想していたとはいえテント場は既に一杯でテントを張る場所に苦労させられそうでした。 

【既に一杯のテント場】
 
【白馬岳頂上宿舎】

【なんとか張れたテント】 
 テント場に到着したら張る場所を探します。何度か行ったり来たりしたわけですが、普通に張れる場所は既に空いていません。ただ、少し岩がごろごろしているのを我慢すれば比較的平坦な場所があったので、そこに張ることにしました。張った後も横になった時に気になる石をどけていたら、許容範囲かなと思える程度にはなりました。

 テント場はこの後に来た人達が大変で斜めになった場所に張ったり、ロープ外に張って注意を受けている人もいました。結局、その後も続々テント泊の人が到着したため、夕方には通路や資材庫置場などが解放されていました。これらはなかなかいい場所で、中途半端な時間に到着した人よりも、遅い時間に到着した人の方が良かったようです。自分は滑り込みセーフくらいだったのでしょうかね。

【生ビール】 

【宿舎前でくつろぐ人々】 

【雪渓から出る冷たい水場】 
 テントを張った後は日が暮れるまでのんびりすることにします。缶ビールが売り切れていたので生ビールをいただきました。やっぱりこれだけ暑いとおいしいものです。また、山荘前には雪渓から流れ出る水場があって、この水がとても冷たくておいしかったです。雪渓の溶けた水なので期間限定なのでしょうか。

 そして最も重要なことは翌日以降の天気予報です。小屋の方に聞いてもわからないとのことでしたので、携帯でなんとか調べた結果、かなり不透明ではありますが、3日目までなら問題なさそうでしたが4日目はかなり悪い可能性があるという状態でした。 

【ウルップソウ】 

【シロウマタンポポ?】

【ミヤマオダマキ】 
 のんびり休憩した後はちょっと早めの夕食を取ります。2日目の行程が長いので、夕食後は早めの就寝でも良かったのですが、丸山付近に夕陽を見に行く人が多かったので、連られて自分も見に行くことにしました。この日はかなり気温が上がっていて、テント内がまだかなり暑かったのもあります。付近の人の話では、白馬岳でこれほど暑かったことはないということでした。

 夕陽にもまだ早かったので、付近の花を少し撮影してから丸山に向かいます。テント場からはすぐに稜線に上がることができ、そこから少し登ればすぐに丸山です。夕陽を見るだけでしたら丸山まで行く必要もないでしょう。 

【ミヤマキンバイ?】 

【紫色の花】 

【イワツメクサ】 
 昼間はかなり暑かったこの日ですが、さすがに夕暮れになってくると涼しくなってきます。正直じっとしていると結構寒く感じられる程でした。それでもかなり大勢の方が夕陽を見るために丸山に登って来ていました。

 やはり日が長いせいか山々が赤く染まり始めたのは7時前になってからでした。その後は山も空も真っ赤に染まりながらあっという間に夕日が旭岳の肩に沈んで行きました。今回の行程で夕陽がきちんと見られるのはここだけでしたので、本当に見に来て良かったなと思いました。夕陽が沈んだ後は、翌日に備えて急いで床に就きました。 

【白馬岳方面の眺め 中腹に山荘やテント場】 

【白馬岳をズーム】 

【杓子岳と鑓ヶ岳】

【夕暮れの杓子岳と鑓ヶ岳】
 
【夕暮れの杓子岳】

【旭岳と肩に沈む夕日】 

【沈みゆく夕日を眺めて】 


山行記へ戻る

ホームへ戻る