きただけ・あいのだけ・のうとりだけ・ひろこうちだけ
 北岳・間ノ岳・農鳥岳・広河内岳(2日目)
  登山日: 2011年8月12日(金)〜8月13日(土) 
  標高:3193m(北岳) 3055m(中白根山) 3189m(間ノ岳) 3026m(農鳥岳) 2895m(広河内岳)    
  標高差 : 奈良田から約2360m


 8月12日(金)    広河原 7:50 → 二俣 9:35 → 八本歯のコル 11:35
   トラバース分岐 12:05 → 北岳 12:35(〜45)
   トラバース分岐 13:20 → 北岳山荘 13:50
 
 8月13日(土)  北岳山荘 4:10 → 中白根山 4:40(〜5:10) → 間ノ岳 6:00(〜30)
   農鳥小屋 7:20(〜40) → 農鳥岳 8:55(〜9:10) → 大門沢下降点 9:30
   広河内岳 9:55 → 大門沢下降点 10:15(〜30)
   大門沢小屋 12:10(〜30) → 奈良田登山口 14:15 → 第二駐車場 15:00

 

 2日目は当初、間ノ岳で御来光を見ることも考えていたのですが、明け方の風が強く寒くもあったので、結局出発時間が遅れてしまいました。それでも、夜明け前にはなんとか出発することができました。4時過ぎのこの時間帯になると既に先行している方も結構いるようでした。間ノ岳方面に限らず北岳に向かっている方もいて、きっと北岳山頂で御来光を見ようという方達なのでしょう。ガスがやや濃いのはともかく、地平線には雲があって御来光は難しそうな状態でした。

 テント場からは、前日確認しておいた道から稜線に出て、まずは中白根山に向かいます。最初は緩やかな道が続きますがやがて本格的な登りになります。

【ガスの中の北岳】 
 
【夜明けの富士山】
 稜線は狭くはないですが、広いわけでもないので、暗がりでもなんとか道を見つけて登って行きます。先行している方がいるので多少ヒントにはなるでしょうか。登って行くうちに徐々に明るくなってきます。しばらく登って行くと緩やかな道になると同時に中白根山が近づいて来ます。中白根山で待っても良かったのですが、北岳もせっかくなら撮りたいと思って、急登を登りきったあたりで待つことにしました。待っていると次々に登ってくる方がいて、間ノ岳に登る方の多さに驚きましたが、よく考えれば北岳山荘に泊まった方は、縦走するか少なくとも間ノ岳までは登るでしょう。 

【富士山の眺め】

【夜明けの北岳】

【雲間より御来光】 

【中白根山山頂】
 徐々に明るくなって来ますが、地平線上は厚い雲に覆われていてなかなか太陽が昇ってきません。それでも、ガスの方はそれなりに晴れてきて、正面にある北岳や富士山を眺めることができました。この日の天気は結構心配していたのですが、夜明けにこれだけの景色が見られれば満足でしょう。さらに待っていると、ようやく雲の間から太陽が姿を現しました。御来光とは言えないのかもしれませんが、夜明けの太陽が見られて良かったです。

 夜明けの景色を楽しんだ後は、そのまま中白根山に向かいます。中白根山山頂に到着後、山頂の写真を撮ったら間ノ岳へ向かいます。

【間ノ岳への道】

【夜明けの太陽と富士山】

【間ノ岳北峰】 
 間ノ岳は遠方から見るとかなりどっしりしたイメージがあるのですが、やはりかなり大きい山で、よく見るといくつかのピークを抱えています。このピークのおかげで思ったよりも遠くに感じてしまいます。このピークの1つには間ノ岳北峰の表示があります。北峰から間ノ岳を眺めてみると、あまり近づいていないのではという気さえしますね。

 この付近になると大きな岩の転がっている場所やザレた道が続きますが、ルートは明瞭で比較的歩きやすい道が続きます。

【北岳から連なる稜線】

【眼前に迫る間ノ岳】

【山頂直下の登り】 

【振り返って左に仙丈ケ岳と右に北岳 中央奥は甲斐駒ケ岳】 

【山頂の様子】
 最後緩やかなザレた道を登りきると間ノ岳山頂に到着です。それにしても、前日の八本場のコルから身近に見えていた間ノ岳でしたが、歩いてみると遠かったです。懐の大きい山に結構このような印象を持つことが多い気がします。

 山頂は、山頂の看板や三角点のあるあたりはごつごつした岩場のようになっていてスペースがあまりないように見えますが、その周囲には広々としたスペースがあります。広々としていますので、確かにガスに覆われている時は、農鳥岳方面への道がわかりにくそうです。

【山頂碑】 

【立派な三角点】

【山頂看板】 
 山頂からの景色は見事と言いたいところですが、ガスに覆われたり晴れたりの繰り返しで、なかなかすっきりとした景色を見ることはできませんでした。また、北側にいくつかのピークを持っているため、北方の山々のすそ野まではきれいに見ることはできません。それでも、素晴らしい景色であることに変わりはないと思います。

 山頂ではガスに覆われた時にブロッケン現象を見ることができました。写真でもきれいに写るくらいくっきりとしていたうえに、結構長い時間見ることができました。これは狙って見られるものではないので、本当に貴重な体験でした。

【ブロッケン現象】

【ブロッケン現象拡大】 

【仙丈ケ岳】

【山頂だけガスの晴れた北岳】 
 
【塩見岳】

【先週縦走した荒川岳】 
 先も長いので間ノ岳で景色を眺めたら農鳥岳に向かいます。この後天気が崩れる可能性もあったので、その前に稜線から下っておきたいというのもありました。ただし、この時はまだいつまでもそのままでいたいような素晴らしい景色が広がっていました。

 間ノ岳からは緩やかに農鳥岳方面に向かって下って行きます。この斜面からの農鳥岳、塩見岳や荒川岳の景色は見事でしたし、雲海の彼方に見える富士山も素晴らしいものがありました。結局、歩き始めてすぐに写真を撮り始めてしまうような状況でした。

【左に農鳥岳 中央奥に荒川岳 その右手前が塩見岳】

【雲海の奥に富士山】 

【農鳥岳】 

【緩斜面と農鳥岳】 

【農鳥小屋】
 写真を撮り終えたら再び下り始めます。やがて、ザレた道を九十九折れに一気に下って行きます。しばらく下って行くとやがて緩やかな斜面となり、一旦下って熊の平小屋方面への分岐を過ぎて鞍部に到着、登り返すとやがて農鳥小屋に到着です。稜線にある小屋はここが最後になるわけですが、さすがにこの時間では早すぎるので、本日中に稜線から下ることにしました。その時の状況を見ながら、大門沢小屋に1泊するか奈良田まで下るか判断するという感じです。

 農鳥小屋ではのんびり休憩をします。さすがに泊まっていた方達は既に出発した後のようでしたが、両方向から縦走してきた人の休憩場所となっていて少し賑わっていました。

【農鳥岳への登り】 

【振り返って間ノ岳と麓に農鳥小屋】 

【間ノ岳全景】

【ピークを巻いているザレた道 右奥に塩見岳】

【遠方に塩見岳】 

【ライチョウ 近くには雛も】
 農鳥小屋からは、最初緩やかな道を登って行きますが、すぐに急登となり一気に高度を稼いで行きます。ザレた道が続き、目の前の小ピーク付近には険しい岩場が見えていますが、登山道はそれらを巻いており歩きやすい道が続いています。ピークを巻く手前付近からの間ノ岳は本当に雄大で、今回見た間ノ岳の中では最も素晴らしかったです。

 緩やかにアップダウンの続く道を歩いていると、目の前にライチョウが現れました。少し離れた場所には雛もいてほのぼのとさせられました。その直後にはまたライチョウかと思いきやイワヒバリのようでした。今回の山旅でもまた貴重な出会いがありましたが、ライチョウに会うときは・・・の言葉通り徐々にガスが出て来ました。
 
【イワヒバリ】 
 
【塩見岳】 

【左(2峰目か)の西農鳥岳と右奥の農鳥岳】
 
【農鳥岳(正面奥)への道】

【西農鳥岳を振り返る】 

【山頂直下より振り返って 左に西農鳥岳 右にガスに覆われつつある間ノ岳】

【農鳥岳山頂】
 ライチョウ、イワヒバリに出会った後さらに進むと、西農鳥岳が眼前に迫ります。ここはピークを通らずに手前を巻いて行くように道がついています。2峰あるのでどちらが山頂なのかわかりませんが、農鳥岳寄りの岩峰に山頂碑の痕跡のようなものがあったので、そちらの方かな思ったのですが、実際のところは曖昧なようです。

 西農鳥岳を巻いたあたりからは、かなり岩がごろごろしたような道になります。これを乗り越えたり登ったりしているとやがて農鳥岳山頂に到着です。振り返ると、さすがに眼前の西農鳥岳はよく見えましたが、間ノ岳は既にガスに覆われつつありました。

【山頂の様子】

【再びライチョウと御対面】 
 周囲に遮るものもありませんので、素晴らしい展望が広がっているのですが、この時間になると雲がかかってきて、すっきりとした眺めを得ることはできませんでした。本日は長丁場になる可能性もあるので、少し休憩をしたら出発です。

 少し下ると、山頂で話を聞いていたように再びライチョウと会うことができました。農鳥岳はライチョウの生息地となってますが、やはり多いのでしょうか。ちなみに、雛もいるのはわかったのですが、ハイマツの下にいたため見ることはできませんでした。

 稜線を緩やかに下って行きます。途中左手にやや下って、稜線からやや外れた道を歩いて行きます。稜線にも道らしきものはついていたので、道が付け替えられたのでしょう。

【稜線を眺めて】

【正面奥に広河内岳 手前麓付近に大門沢下降点】

【大門沢下降点標識】 
 やがて大門沢下降点と正面からどっしりと構えた広河内岳が近づいて来ます。広河内岳は白峰三山と比較すると標高も低くやや地味な山ではありますが、こうして稜線から眺めているとなかなか立派な山です。歩きやすい登山道を緩やかに下って行くと大門沢下降点に到着です。ここには標識があってわかりやすいです。かつてここで遭難された方の御遺族の方が建てられたとか。確かに、この目印がないとわかりにくいです。

 ここからは、ザックをデポして広河内岳に向かいます。広河内岳に登る人などあまりいないのかなと思ったのですが、他にもデポして登っている方がいました。

【ガスに覆われつつある広河内岳に続く稜線】

【ガスが晴れた広河内岳】

【岩場の山頂】 

【広河内岳山頂】
 アップダウンや岩のごろごろした道もありますが、聞いていた通り広河内岳までの登山道は明瞭で、空身だったこともあって、30分もかからないうちに山頂に立つことができました。ガスで見えませんでしたが、晴れていれば南アルプス南部の山々や農鳥岳などはしっかり見渡せると思います。なお、ここから白峰南嶺の稜線を見渡すととても快適そうな登山道のように見えます。実際は、道は不明瞭で藪漕ぎも必要なようなのですが、いつかは歩いてみたいところです。

 山頂で一通りの写真を撮ったら大門沢の下降点に戻ります。白峰三山を縦走する人は結構多くて、次々と奈良田に向けて下っているようでした。

【白峰南嶺の稜線】

【塩見岳方面の眺め】 

【稜線を振り返って 農鳥岳もガスの中に】 

【森林限界の下へ】 
 準備ができたら下り始めます。道のりは長いですが、膝や足首の負担への不安を除けば下りしかありませんので、体力的には気が楽かもしれません。九十九折れになった道を一気に下って行くとやがて樹林帯の道に入ります。よく歩かれている道だとは思いますが、脇の木や草が突き出ている箇所もあって、歩きにくい箇所もありました。

 樹林帯の道を下っていると、岩のごろごろしたような道になります。ここも歩きやすくはないのですが、丁寧に足場を探しテンポ良く下って行きます。途中結構な方を抜いて行ったのですが、下りが得意でないことを考えるとオーバーペースだったなと思います。午後の予報が雨というプレッシャーがあったのかもしれません。

【樹林帯の道】 

【左手に見えてくる沢】 

【ザレた道を下る】 
 いくつかのグループを抜いた後は、あまり歩いている人もなく静かな山歩きになりました。下って行くと川の流れる音が聞こえてきて左手に沢が見えてきます。大門沢小屋が近づいてきたということでしょうか。ザレた道を順調に下って行きます。

 やがて沢を渡る場所に橋が出て来ます。橋と言っても一本の丸太に少し添え木がしてあるだけという感じで、水飛沫で濡れている箇所もありました。最後は右手の岩に飛び移って渡るという感じでした。予め知ってはいましたが、登山道が険しくなるのは仕方がないとして、橋はもう少し整備して欲しいかなという気がします。これでも、なければ渡れないわけですからありがたいのですけどね。

【奥は沢の水飛沫で濡れています 一応顔の位置付近にロープ有】 

【足場の木の間隔が広め】
 その後も、渡れなくはないが渡りにくい橋があって、ようやく大門沢小屋に到着です。小屋まで来ると結構くつろいでいる方がいました。大門沢小屋に到着したのが12時過ぎ、特に予定時間は考えていませんでしたが、思ったよりも早く到着しましたので、奈良田まで下ることにしました。とはいえ、正直足には結構来ていました。

 最後の長い休憩をとった後は再び下り始めます。相変わらずの橋がいくつかありますが、下流に行くにしたがって流れが激しくなってきたこともあり、橋もそれなりのものにはなっているような感じでした。

【大門沢小屋】 

【この橋は普通に歩けました】 
 それでも橋以外の場所は問題なく下って行きます。すると、突如として大岩が転がっているような場所に出ます。岩が転がっているだけなので、普通に乗り越えていくだけですが、脇が急斜面というわけでもないのに大岩が転がっていたので、何か不思議な感じがしました。

 さらに歩いて行くと、登山道が川になっているような場所もあります。登山靴なら問題のないレベルですが、大雨が降ると滝のようになるのでしょうか。正直、良くも悪くもバリエーションのある登山道でした。 

【渡る直前が添え木がなく歩きにくい】

【突然大岩の転がった場所に】

【ほとんど川になっている登山道】

【渡渉地点】 

【最後の丸太橋】

【貯水池?】

【吊橋を渡る】

【最後の吊橋】 
 その後も渡渉、丸太橋を渡って進んで行きます。ちなみに道中しばらくの間、ずっと濡れた足跡が続いていました。もしかしたらどこかの橋で落ちて濡れてしまったのかもしれません。けがはしないかもしれませんが、落ちて濡れる可能性は十分あるような気がします。

 やがて貯水池の横を通って建物の前に出ます。もう少しで林道というところでしょうか。さらに吊橋を渡って、立派な石堤を脇に見ながら歩いて行くとようやく登山道入口、つまり林道に出ることができました。この林道を少し歩いたところには、かつてのバス停を利用したような休憩所もありました。水も引いていましたが、沢水を引いただけなので注意とありました。

【立派な石堤】

【登山道入口 林道へ】
 この後はひたすら舗装された道を歩いて行きます。ここまで来たら後は楽だと思っていたのですが、これが大違いで疲労した足に舗装された道は結構辛かったです。登山道を歩いている時はもう少し歩けるような気がしていたのですが、やはり重登山靴を履いて重いザックを背負っていると厳しいのかもしれません。歩き始めなら問題ないと思いますが。

 なお、この登山道入口までは車が入ってくるようで、大門沢小屋直後に抜いたグループの方が、車で迎えに来てもらっていたようでした。だいたい自分が駐車場に着いたころ、車に乗せてもらって駐車場に到着していました。距離的に頼むかどうかは難しいところですがね。

【休憩所(旧バス停?)】  

【林道ゲート(ここまでは車で入れます)】 

【県道37号線出合(左が林道 奥の広河原は許可車のみ)】

【道路脇を歩く】 

【ようやく第二駐車場へ】
 林道をしばらく下って行くと林道のゲートがあります。一般車両もここまでは入って来られるようです。このすぐ下は県道37号線とのT字路になっていますが、左手の広河原方面は通行止めになっていて、許可車のみ入れるようになっています。ここを右手の奈良田方面に向かって歩きます。

 しばらく歩いて行くとようやく第二駐車場に到着です。早く着けるという点に限っては第一駐車場より良かったですね。この後、奈良田にある日帰り温泉に浸かって帰りました。なお、この温泉は少し上がったところにあるのですが、その裏から下るとバス停になっているので、公共交通機関を使う方にも便利な温泉かなと思います。1泊2日と慌ただしくも充実した縦走となりました。またいつの日かルートを変えて歩いてみたい山ばかりでした。


山行記へ戻る

ホームへ戻る