べっさん・はくさん
 別山・白山
  登山日: 2011年8月27日(土)〜8月28日(日) 
  標高:2399m(別山) 2702m(白山)    標高差 : 市ノ瀬から約1870m 


 8月27日(土)    市ノ瀬 6:30 → チブリ尾根避難小屋 10:10(〜20) 
   別山分岐 11:45 → 別山 12:00(〜10) → 別山分岐 12:20
   南竜山荘 14:30
   
 8月28日(日)      南竜山荘野営場 3:00 → 室堂センター 4:25 → 御前峰 5:05(〜55)
 室堂センター 7:15(〜40) → 南竜山荘野営場 8:30(〜9:40) 
   甚之助避難小屋 10:20 → 別当出合 11:35

 

 本日から1泊2日で別山・白山に登ります。白山については、東からのアクセスのいい平瀬道を利用しての日帰りを考えていたのですが、せっかくなので1泊するルートを考えた結果が今回の結果となりました。

 テント場が南竜山荘だけですので、1泊する場合には市ノ瀬、または別当出合から登ることになります。別当出合から入るのが無難ではありますが、その場合初日の時間が短くなるので、今回のように別山を回るルートとしました。ただし、仕事がばたばたしていて金曜日の帰宅が遅かったことから、ゆっくり別当出合から入っても良かったかなというのが正直なところです。展望がなかったのは結果論ですから仕方のないところですが。

【市ノ瀬駐車場】
 
【別当出合行きシャトルバス乗場】
 この時期の週末はマイカー規制がかかっているので市ノ瀬までしか入れません。ただし、日曜日の午後からは開放されているようで、少し変則的な感じです。別山に登る場合には市ノ瀬から登山道に入るので関係ないのですが、帰路は別当出合から市ノ瀬までシャトルバスを利用することになります。

 自宅から市ノ瀬までは、東名・名神・北陸自動車道を乗り継いで福井北ICからさらに60キロ程走ることになります。今回は金曜日の帰宅が遅かったうえに遠方となることから、結局睡眠時間なしで出発しました。正直、1日目は運転も登山も睡眠不足が一番きつかったですね。1日目のルートの組み方には反省点が残りました。

【シャトルバスの通る道を少し歩いて】 

【別山は右手に入る 別当出合は正面】

【橋を渡って】 
 市ノ瀬にある駐車場は結構埋まっていましたが、なんとか駐車することができました。しかし、下山した時には周囲の空きスペースを全て活用していたことから、結果としてはまだまだ余裕があったようです。2日目よりも1日目の方が行程が長いのですぐに出発します。交通整理をしている人に聞いても別山の登山口はわからないということなので、登山口を探すべく別当出合方面に向かって歩き始めます。

 少し登ると工事車両出入口の看板があるのですが、その横に別山方面の案内看板が出ていたので、ここを右手に入って行きます。その後は、しばらく舗装された道を歩いて行きます。

【川のせせらぎ】

【別山登山口(中央の樹林帯に登山道あり)】 
 左手に川が流れているのですが、この川に架かる橋を渡ったあたりに登山口があります。最初砂利道のようなところを歩こうとしましたが、藪っぽく見えるところが樹林帯の道になっていました。登山道脇の草がややうるさい箇所もありますが、登山道は思ったよりもしっかりしていました。

 しばらく歩いていると林道に一旦合流して再び登山道に入ります。その後も何箇所か左手に林道と接する場所がありました。実際、ずっと林道を歩いている方がいて、あまりかかる時間は変わらないのかもしれません。ただ、この方は登山が目的だったのかはわかりませんでしたが。

【比較的歩きやすい道】

【林道出合】

【最後の林道出合】 
 しばらく歩いて行くと、いつの間にか林道と接する箇所は最後だったようで、左手に見えていた林道も見えなくなって、徐々に高度を稼いで行きます。歩きやすい道ではありますが、緩やかな分距離は結構あります。朝方は8月も下旬になって随分涼しくなったなと思ったのですが、やはり日が昇るに連れてそれなりに気温も上がってきました。それでも風が吹くと涼しいのは秋が近づいて来ている証拠でしょうか。

 途中沢らしき場所を越えて、道も徐々に急な登りになって来ます。急登というよりは、それまでよりは急な登りといった方がいいでしょう。同時に登山道が徐々に南に方角を変えて行きます。

【鬱蒼とした樹林帯を歩く】 

【登山道中に横切る沢】 

【水飲場(左)分岐】
 すると水飲場と看板のある場所に出ました。直接水場を確認してはいませんが、恐らくここが別山への最終水場になると思われます。避難小屋等での宿泊を考えているのであれば、ここで汲んでおく必要があるでしょう。自分は、水場のある南竜山荘まで行きますので、そのまま進んで行きます。

 さらに登って行くと、登山道の方角が東になりチブリ尾根を歩いているようでしたが、樹林帯の道はそのまま続いています。ただし、日が射して来たので、少しは密度が薄くなってきたのかなという感じがしました。なお、道中には下記のような距離を示した看板があって、いい目安になりました。

【徐々に日が射して】

【参考になった看板】

【アキノキリンソウ】 

【徐々に視界が開けて】

【アザミ】
 この付近からは所々でお花が見られるようになります。恐らく花のピークは過ぎていると思われますが、それでも随所で咲いている花はなかなかきれいでした。

 やがて、完全に視界が開けて気持ちの良い尾根歩きとなります。同時に正面に壁のように見える山々が見えて来ました。別山から白山方面に連なる山々です。別山も見えてはいましたが、徐々にガスに覆われて来ているようでした。尾根を歩き始めた時はそれでもなんとか見えていましたが、ようやくチブリ尾根避難小屋に着いた時にはすっかりガスの中に包まれてしまいました。
 
【視界の開けた稜線】

【続く尾根道と右に別山】 

【気持ちの良い尾根歩き】 

【ツリガネニンジン】

【アザミ】 

【シラビソの松ぼっくり?】 

【カライトソウ】

【タカネマツムシソウ】
 チブリ尾根避難小屋はなかなかきれいで、トイレもあります。ただし、水場はないので担いでくる必要があります。別山をのんびり登るというのであれば、ここで1泊もいいのではないかと思います。中には休憩している方がいて、同じように別山に向かうとのこと、ただし日帰りだそうですので、かなりハードな行程になりますね。

 避難小屋では休んでいた方と少し話をしながら休憩をしたら、再び別山に向かって出発します。尾根の先は完全にガスの中ですが、登山道は明瞭ですので特に問題なく進んで行きます。

【チブリ尾根避難小屋】 

【ガスに覆われた尾根】  

【最初は緩やかに登る道】

【行く先を見上げて】 

【九十九折れに登る道】
 小屋から出てしばらくはなだらかな道が続きますが、やがて急登にさしかかります。小屋で会った方が九十九折れの急登が大変なんですよと言っていた通り、なかなかの急登が続きます。ただし、登山道は九十九折れになっていて歩きやすくはなっていますので、体力勝負といったところでしょうか。この登りが比較的長くて、時々ピークの方向を見上げるのですが、その度にまだまだ先だなという感じでした。

 がんばって登って行くとようやくピークが見えてきます。これは御舎利山と呼ばれる山のようです。このピークを乗り越えると稜線分岐に出ます。

【御舎利山 奥に下った所に分岐】

【分岐 右に別山 左に南竜山荘】 

【ハイマツ帯の間を通って】

【別山】 
 
【山頂へ】
 分岐に来てみると結構歩いている方もいました。やはり下山に使う方が多いようです。自分も下山時に早朝の別山からの白山とも考えたのですが、せっかくなので白山からの御来光を見たいと思って今回のルートを取りました。標高差を考えると下りに使う方が楽なのは間違いないでしょう。

 分岐にザックをデポして別山に向かいます。展望が良ければザックを担いで山頂でお昼というのもいいかなと思ったのですが、このガスの中ですのでとりあえず山頂を往復することにしたのでした。

【別山山頂】 

【別山神社】 

【チングルマ】
 空身でしたので10分も緩やかなアップダウンの道を歩くと山頂に到着です。やはりガスに覆われていて、周囲の景色は全く見られませんでした。開けていますので、晴れていれば見事な展望が広がっていたのでしょう。山頂で会った方の話では、晴れていれば見事な白山が見えるということで、時間的に仕方がないとはいえ残念でした。なお、山頂には別山神社なるものがあって信仰の山であることを窺わせてくれます。

 山頂では、写真を撮ったら分岐に戻ります。分岐から別山へ行く途中にはさまざまな花が咲いていましたので、花を撮りながら戻りました。チングルマなどは終わった後でしたが、それでもさまざまな花を見ることができました。

【ウサギギク?】 

【カライトソウ】  

【ハクサンフウロ】 

【ミヤマダイコンソウ】
 
【ミヤマリンドウ】

【イワシモツケ(ではなさそう)】 

【白い花】 

【シモツケソウ】

【唯一見つけたニッコウキスゲ】 

【タカネマツムシソウ】 

【ガスに覆われた稜線へ】 
 分岐に戻ったら南竜山荘に向かいます。南竜山荘への稜線を通る道はガイドでは危険マークが随所についていますが、途中で聞いた話では普通に歩ける道とのことでした。緩やかなアップダウンを繰り返しながら進んで行きます。ガスに覆われていましたので展望はありませんが、時々見かけた花を撮りながら進みました。

 しかし、歩き始めて30分も立たないうちに雨が降り始め、やがて本降りとなりましたので、慌てて雨具を着用します。この日はそれほど天気が悪くはないと思っていたのですが、結局一時的に弱まることはあっても南竜山荘までやむことはありませんでした。

【稜線歩き】

【道中に見かけた池 周囲には花も】 
 アップダウンが続くので、時々ある登りは疲れた体に応えますが、大きな登りはありませんので順調に歩いていきます。ただし、脇から草木が突き出ていて、雨具のズボンを用意していなかったがために濡れてしまいました。このへんは準備不足だったと思います。

 途中晴れていたらいいロケーションになりそうな池の横を通り過ぎ進んで行くと、しばらくザレた道の下りが続きます。時々大きめの石もあって、濡れた石で滑らないように下って行きます。その後一旦登り返した後、谷間に向けて一気に下ります。

【長いザレた道の下り坂】

【沢に向けての下り】 

【渡渉した沢】 
 この下りが油坂と呼ばれる場所なのでしょうか。7月は雪が残っているので注意とあるのですが、確かに道幅も狭くなかなかの急登になっているので、雪が残っている時は注意が必要かもしれません。今回は雪が既に全くないので問題なく進みます。下ったところは沢になっていて増水が気になるところでしたが、特に問題なく渡渉することができました。

 この後再び登り返すと湿原らしき場所に出ます。ちらほら花が咲いていて、恐らくもう少し早い時期だと一面のお花畑になっていたのではないでしょうか。土砂降りの中ですので花をじっくり見る余裕もありませんでしたが、そんなことを思いながら歩いて行きました。 

【湿原を眺める お花畑の跡?】

【木道歩きと野営場分岐】 
 やがて野営場への分岐がありますが、まずはテントの受付をするためにそのまま南竜山荘方面に向かいます。テント泊をしてそのまま別山に向かう場合にはこの道から向かえばいいということになります。

 この分岐から山荘への道はぬかるみがかなりひどく、あちらこちらで足がはまりそうになりました。道の脇を使ってなんとか進んでいましたが、それでもある程度はぬかるみの上を歩かなければなりません。多少遠回りでも野営場を通った方がいいかもしれません。このぬかるみの道を抜けるとようやく南竜山荘が見えてきます。

【南竜山荘の建物】 

【ロッジ入口】
 南竜山荘では、テントの受付をすると同時にビールをいただきました。雨がやむまで時間を稼ごうかとも思ったのですが、小屋を出てみると既にやんでいる状態でしたので、すぐに野営場に向かいました。野営場は山荘からは少し離れた場所にあります。いくつか区画がわけられていて、結構な数のテントが張れそうでした。常設テントもあります。野営場には、水場付きの自炊場やトイレもありますので、山荘から離れていても不便はありません。

 別当出合から入った方達は既に到着しているはずですので、既にテントはそれなりに張られていましたが、自炊場と山荘に近い場所を確保できました。
 翌日は早い時間に出発するつもりでしたので、設営が終わったらすぐに夕食にしてのんびり過ごします。あわよくば夕暮れでもと思ったのですが、少し無理そうでしたのでそのまま一旦寝床に就きました。

 しばらく横になっていると明るくなってきたので、カメラを持って外に出てみました。しかし、すぐに再びガスに覆われてしまったようで、周囲の写真を少し撮ってから再び寝床に就きました。どうしても午後にガスが出やすい山では、夕暮れの写真を撮るのは難しいなと改めて思いました。こうして長い1日目の夜は更けて行きました。

【テント場】 

【夕暮れにテント場から南竜山荘方面を眺める】
 

【トンビ岩コース分岐(山荘への道:下山時)】
 2日目は御来光を眺めるべく早い時間に出発します。予定より遅い時間に起床したのですが、この日はサブザックで往復するので、片づけ等もなくすぐに出発することができました。午前3時に出発、この時点ではどこでどのように御来光を見るのかはきちんとは考えていませんでした。室堂センターあたりで見られれば十分かなとこの時には思っていました。

 トンビ岩コースは、山荘に向かう道をそのまま進んだ先になります。前日確認しておいた通り、山荘への道に入って行きます。
 山荘の左手から上がって行くと、やがて木道になり沢沿いを登って行く登山道となります。とはいえ、沢沿いの道であることは下山時に知ったことではありますが。

 その後は、暗がりの中をひたすら登って行きました。 途中ザレた道に入ると少しわかりにくくなりましたが、特に問題なく進んで行きます。ただし、やはり道を探しながらですのでペースは上がりませんでした。また、身軽だった割には登りで結構苦戦させられました。

 ザレた道を歩いて行くと、今度は岩がごろごろしたような道になります。歩きにくい道ですが、ザレた道に比較すると道がわかりやすいのは良かったです。どちらにしても、明るい時間帯であれば全く問題ありません。
 
【山荘の左の脇を通る(前日撮影)】

【木道を通り沢沿いに登る(下山時)】 

【緩やかに登って行く(下山時)】 

【岩の転がった道(下山時)】
 しばらく登って行くと道がなだらかになって、右手に丸い山のシルエットが見えてきます。これが白山で、徐々に近づいているのがわかりました。なお、白山山頂への道には点々とライトがついていて、御来光を眺めるために歩いている方がいかに多いかを物語っていました。この時点で、御前峰までなんとか登ろうと思ったのでした。そうなると少し気が急いてくるわけですが、白山の左手の麓にある室堂センターはまだまだ遠かったのでした。

 遠いとはいえ、なだらかな道で歩きやすいですので順調に近づいて行きます。4時半前になんとか室堂センターに到着です。

【白山を見ながらなだらかな道を歩く(下山時)】 

【室堂センターへ(下山時)】 
 既に大半の方が御前峰に登っているのかと思ったのですが、室堂センターにはまだ数多くの方がいて、次々に登って行きます。本当は一息入れてから登る予定だったのですがすぐに登り始めることにしました。

 さすがに室堂センターから歩き始めた方にはかなわず何人かに抜かれましたががんばって登って行きます。すると、渋滞になって全然進めなくなりました。どうも行列の途中の方が休憩をしながら登っていたようです。道幅は時々広めのところもありますが、100人以上は連なっている行列ですので、仕方なく合わせて登って行きました。

【白山神社 この右脇から御前峰へ登って行く(下山時)】

【室堂センター(下山時)】 
 近くにいた方も結構焦っていて、どこどこで見ることにしようなどという相談をしているようでした。しかし、どうもゆっくり登っていた方がよけてくれたようで、少しペースアップして何とか間に合いそうなタイミングで登って行けました。そして、5時過ぎの夜が明ける前に無事山頂に到着することができました。モルゲンロートに染まる空を見られなかったのは残念ですが、なんとか御来光には間に合いました。

 山頂付近は場所を選ばなければそれなりにスペースはありましたので、南東側のやや下ったあたりで御来光を待つことにしました。 

【夜明け前の地平線】 

【押し寄せる雲海】 

【槍穂の山並み】 

【槍ヶ岳】
 
【大キレット付近から昇る太陽】

【御来光を眺める】

【御来光を眺める2】

【御来光を眺める人々】
 東側は地平線の彼方まで雲海が広がっています。手前に見えているのが恐らく三方崩山あたりだと思われますので、だいたい標高2000mあたりを埋め尽くすような雲海でしょうか。地平線は、後は夜明けを待つばかりに紅く染まっています。

 ちょうど東の地平線付近には槍ヶ岳や穂高連峰の山並みを見ることができました。北アルプスから白山が見えていたので、見えるとは思っていたのですが、思ったよりもくっきりと見えていて驚きました。夜明けに間に合わないと思って登って来たわけですが、結局山頂でしばらく待ってようやく御来光です。ちょうど、大キレットの槍ヶ岳寄りから昇ってきました。久しぶりにきれいな御来光を眺めることができたと思います。ちなみに、山頂は御来光で盛り上がっており、万歳三唱が起きていました。

【室堂センターと別山】 

【夜明けの太陽に照らし出された雲海】 

【山頂神社】
 御来光を眺めたら山頂で写真を撮って、御池めぐりに向かいます。山頂は御来光を眺めた方達で神社も山頂碑の周りも大勢の方がいました。どうしようかと思いましたが、一応並んで写真を撮ってもらいました。ただし、人を入れない状態の写真は撮れなかったので、裏から撮ることにしました。

 御池めぐりも既にかなりの行列になっていましたが、もう急ぐ必要はないですし、写真を撮りながらならちょうどいいかなと思ってそのまま向かうことにしました。
 
【山頂碑の周辺】
 
【立派な山頂碑】

【ザレた下り道の行列】 
 御池めぐりへは、山頂から少し北側に出た後、ザレた道を一気に下って行きます。少々歩きにくい箇所があるせいか、ここでは渋滞ができていました。自分はほぼ最後尾でしたので、のんびり写真を撮りながら進んで行きます。

 道中にはいくつかの池があって目を楽しませてくれます。岩峰と池の組み合わせが素晴らしく、初夏であれば、これに残雪やお花畑が加わるのでしょうか。もし、初夏に登ることができればまためぐってみたい場所です。剣ヶ峰、小高い丘、翠ヶ池や大汝峰などを眺めがら進んで行きます。

【御前峰(左奥)を振り返る 中央右付近から下る】

【剣ヶ峰と紺屋ヶ池】 

【小高い丘と翠ヶ池】 

【翠ヶ池と僅かに残る雪】 

【大汝峰】 

【大汝峰分岐】
 大汝峰を右手に見ながら進んで行くと、やがて大汝峰分岐があります。正確には白山の北側へ続く登山道への分岐と言った方がいいかもしれません。この分岐の後まもなく、室堂センターへショートカットする道とそのままぐるっと回る道の分岐があります。あまりかかる時間も変わらなさそうでしたので、そのままぐるっと回ることにしました。

 なお、この分岐付近では、今回唯一見ることのできた雪渓がありました。結構雪渓の上で遊んでいる方もいましたね。

【まだ残っていた雪渓】

【ガレた道の下りからハイマツ帯の道へ】

【別山と雲海を眺めて】 

【イワギキョウ】 
 分岐からは緩やかな下りになりますが、岩のごろごろした道であるためやや歩きにくくなっています。 道中には、所々で花が咲いていました。前日に撮った花などをはじめ、あまり写真は撮っていませんが、思っていたよりはいろいろな花を見ることができました。

 やがて下ったあたりからは、峰をトラバースするような道になります。この付近は一面のハイマツ帯が続いていて、斜面の眺めはなかなか圧巻でした。ただし、登山道の方はよく整備されておりますので、特に問題なく歩いて行けました。しばらく歩いて行くと、室堂センターの裏手あたりに出ます。ここで一旦休憩をした後、南竜山荘へ戻ります。

【ヨツバシオガマ】 
 
【トリカブト】

【白山神社と御前峰への登山道】

【御前峰】

【丸みを帯びて見える御前峰】 

【別山と南竜山荘】 

【唯一見つけたチングルマ】 

【押し寄せる雲】 

【イワオトギリ】 
 南竜山荘への道、トンビ岩コースは、登って来た時は暗がりでしたので、景色を確かめながらの下りとなりました。また、室堂センター泊の方はこちらを通ることはないので、静かな山歩きとなりました。

 道中、登りではシルエットしか見えなかった御前峰や、別山を眺めることができました。そして、ザレた道の斜面にまだ咲いていたチングルマを見つけることができたのはうれしかったですね。下り始めはよく見えていた別山でしたが、徐々に雲が押し寄せている感じで、昨日雨に降られたことが思い出されて来ました。ただし、ここまで来て焦っても仕方がないということで、結局はマイペースで下ることになりました。

【ダイモンジソウ】 
 
【ミヤマタンポポ】

【南竜山荘へ】 
 野営場に戻ったらすぐに片づけをするつもりでしたが、結局腹ごしらえをしてコーヒーを飲んでから片づけを始めました。前日泊まった方は大方撤収していたので静かな一時となりました。前日に登って、この日は帰るだけという方も多かったのかもしれません。

 1時間程で片づけをしたら下り始めます。なかなか快適な野営場でしたし、周囲の景色も素晴らしい場所でしたので、名残惜しみつつ下ります。南竜山荘前の木道をそのまま進み、エコーライン分岐を通過します。 

【テント場より最後の1枚】 
 
【南竜山荘付近の木道】

【野営場・別山方面を眺める】 

【エコーライン分岐】
 エコーライン分岐では室堂センターから下って来た方達と合流して、再び長い行列となりました。早めに下った方はこれを知っていてなのかもしれません。本当はマイペースで下って行くつもりでしたが、譲ってもらえそうな場所では譲ってもらうと同時に、他の方が休憩している場所では休憩せずに進むことにしました。

 さらに進んで行くと、もう1つの室堂センター方面からの分岐と合流してさらに下って行きます。休憩している人も歩いている人も本当に多かったです。夏休み最後の週末で、先週がずっと天候が悪かったというのもあるのでしょう。

【室堂センター方面分岐】  

【甚之助ヒュッテ跡】 

【甚之助避難小屋】
 しばらく下って行くと甚之助ヒュッテ跡があって、そのすぐ下に甚之助避難小屋があります。先を急ぐために中は見ていませんが、昨年新築されたばかりの小屋でトイレもあるそうです。ヒュッテ跡付近でも避難小屋でも数多くの方が休憩していました。

 さらに下って行くと中飯場と呼ばれる場所に出ます。ここにもトイレがあります。行列もここに来てようやく一段落し、ここからはマイペースで下って行くことができました。ここまでがゆっくり過ぎたのか、走って下っている人すらいるような状態でした。

【中飯場(公衆トイレも有)】

【一方通行分岐(右へ)】

【吊橋】

【別当出合へ】 
 中飯場から少し下って行くと、登りと下りがそれぞれ一方通行になっている場所がありますので、看板に従って右手に入り下って行きます。確かに下り専用の道は九十九折れになっていて緩やかに下れるようになっています。これを下って進んで行くと大吊橋があります。吊橋といってもかなり造りはしっかりしており、ほとんど揺れません。これを渡り切ると別当出合に到着です。

 20分おきにバスが出ていると思ったら、次のバスは12時となっていましたので、のんびり待つことします。12時にほぼ満員となったシャトルバスで市ノ瀬に向かいます。駐車場は、何箇所にも渡っており入山者が多かったことを示していました。
 帰路は白山を眺めることができるという最寄りの日帰り温泉に浸かって帰りました。やはりこの付近まで来るとなると遠いなと改めて思いました。1日目は雨に降られて何も展望がなかったのですが、2日目は素晴らしい御来光に恵まれて、結果としては充実した山行となったと思います。次は、初夏の残雪が残り、お花畑が満開の時に是非訪れてみたいと思いました。


山行記へ戻る

ホームへ戻る