ひうちがたけ・しぶつさん
 燧ケ岳・至仏山(1〜2日目)
  登山日: 2011年10月7日(金)〜10月9日(日) 
  標高:2356m(燧ケ岳) 2228m(至仏山))    標高差 : 尾瀬御池から約850m 


 10月7日(金)    山の駅沼山峠 15:50 → 尾瀬沼キャンプ場 17:00 
     
10月8日(土)    尾瀬沼キャンプ場 5:45 → 登山口 6:00 → 俎ー 8:30(〜50)
   柴安ー 9:10(〜30) →  見晴 11:30(〜40) → 牛首分岐 12:40
   山ノ鼻キャンプ場 13:15    尾瀬植物研究見本園散策 14:10(〜35)
   
 10月9日(日)      山ノ鼻キャンプ場 3:30 → 至仏山 5:25(〜6:05)
 小至仏山 6:30(〜40) → 分岐 7:05 → 鳩待峠 8:00 
   山ノ鼻キャンプ場 8:45(〜9:45) → 牛首分岐 10:20
   ヨッピ吊橋 10:50(〜11:00) → 東電小屋 11:15 → 元湯山荘 12:00
   三条ノ滝 13:00(〜20) → 燧裏林道出合 13:50 → 尾瀬御池 15:50

 

 本日より尾瀬の山々に登ります。尾瀬御池からは直接燧ケ岳に登ることができますので、今回の行程なら1泊2日で十分なのですが、当初2泊3日で予定しており、尾瀬沼キャンプ場の予約をしてしまっていたので、今回のような行程となりました。今年度に限って見晴キャンプ場が使えないというのも誤算で、当初はこの見晴キャンプ場に滞在型で2泊してのんびり回るという予定でいました。その場合ですと、2山回っても結構余裕があります。予想通りとはいえ、最終日は結構きついものとなりました。

 なお、予定通り尾瀬沼キャンプ場に泊まることにしたのは、このテント場がブロック毎に区切られていて快適そうであったことや、尾瀬沼を見ておきたかったこと、何より夜明けの尾瀬沼越しの燧ケ岳を見られるのではないかという期待もありました。

【尾瀬御池駐車場】
 
【沼山峠行きシャトルバス】
 尾瀬御池へは、日光白根山から下山した後、日帰り温泉に浸かって急いで向かいます。単純に尾瀬沼ヒュッテに入るのなら、大清水から入る方が余程早いのですが、今回のようにぐるっと回る行程を取りたかったのと、日光白根山が吹雪のためにすぐに下山して時間があったので、予定通り尾瀬御池からの入山としました。

 それでも日光白根山の登山口からは下道で150キロ以上はありますので、なかなかいい時間になります。なんとか15時過ぎに尾瀬御池の駐車場に入り、15時半過ぎのシャトルバスに乗ることができました。本当に忙しなかったです。多少暗くなっても問題のないルートですが、それでもやはり日暮れ前には着きたいというのがありました。

【沼山峠休憩所】 

【尾瀬沼入口】

【立派な休憩所】 
 なお、尾瀬御池の駐車場は1回1000円で、利用期間は関係ありません。したがって、今回3日間で1000円になります。なお、宿泊施設などを利用すると駐車場代を割り引いてくれるサービスもあるようです。シャトルバスは、尾瀬御池から沼山峠間で、30分おきに出ていました。これは片道500円になります。尾瀬沼に最短で入るのならうってつけでしょう。ちなみに、この時シャトルバスに乗っていたのは自分だけでした。当然といえば当然かもしれませんが。

 沼山峠には立派な休憩所があり、その付近にある登山口から入って行きます。立派な木の階段や木道が整備されておりますが、濡れている時は少し滑りやすいかもしれません。休憩所のベンチも立派でした。 

【木道が続く】 

【広々とした湿原へ】 

【遠く至仏山が】

【雲に隠れた燧ケ岳】 

【道中の休憩所】
 40分程も歩くと広々とした湿原に出ます。既に日が傾いているうえに雲が出ていて薄暗かったのですが、この広大な景色は本当に印象深く素晴らしかったです。これが尾瀬なのかという感じでした。

 燧ケ岳は雲に覆われていましたが、遠方にある至仏山はよく見えていました。明日はなんとか晴れてくれることを祈って進みます。

 尾瀬沼ヒュッテへは1時間程歩くと到着です。ここでテントの受付をします。完全予約制のテント場ですが、この日は28張中5張で、好きな区画を選ばせてくれました。

【尾瀬沼ヒュッテ】

【公衆トイレ兼水場】

【テントを張り終えて】 
 時間が時間でしたので自分が最後だったわけですが、他の方の区画より少し奥の区画にしました。しかし、よく見ると区画と区画の間にも結構スペースがありますので、隣でも良かったかもしれません。尾瀬のテント場は1人800円で統一されていますが、この尾瀬沼キャンプ場に限れば、これで800円なら安いものだと思います。ただ、28張限定なので、繁忙期は予約を取るのが大変だと思いますね。逆に予約が取れていれば、安心して向かうことができるとも言えますが。

 この日は3連休前でテント泊の方も少なく、区画毎区切られているため、本当に静かな夜を過ごすことができました。
 

【雲に隠れた燧ケ岳と左手に尾瀬沼】 

【湿原の木道を歩く】 

【燧ケ岳分岐】
 2日目は早朝に出発できるよう夜明け前に起きて準備です。夜半には星空も見えていたように思えたのですが、夜明け近くになると空が雲に覆われていることがわかったので、尾瀬沼からの燧ケ岳の眺めは諦めてゆっくり準備します。

 5時半過ぎには出発、自分だけの区画ですので心置きなく準備できるのはいいです。昼間には多少でも天候が回復することを願ってゆっくり燧ケ岳に向かいます。少し木道を戻って尾瀬沼北岸を通る道に入ります。途中分岐がありますので、燧ケ岳方面へ入って行きます。
 登山道はぬかるみが多く、前日雨(山頂付近は雪)が降ったこともあって小川になっていたり、水たまりになっている箇所も少なくありませんでした。元々ぬかるみが多いと聞いていましたので、やはり多いなといったところでしょうか。また、登山道がえぐれていて段差があるところも随所に見られました。ただ、木の階段も結構整備されており、ひどいところは随時整備されているようです。

 なお、この長英新道自体はガイドにある通りひたすら緩やかに登って行きます。歩きやすいといえば歩きやすい面もありますが、その分やはり距離は長めな感じがします。

【ぬかるみは多い】

【えぐれた登山道】 

【立派な木の階段】

【一部見事な紅葉もあり】 

【雲が多く靄がかかったような尾瀬沼方面】 

【雪の残る斜面】
 紅葉はところどころで見られました。紅葉する前に枯れてしまったところも多いようで、昨年に比較するといまいちとのことですが、部分的にはきれいな箇所もありました。空模様も少しずつ青空が見え始めて太陽が時々顔を出してくれたので、その間は紅葉も素晴らしかったです。

 緩やかな道から急登になって高度を稼いで行きます。ここをがんばって登りきると視界が開けて遠方に俎ーが見えて来るようになります。また、ここまでの道はほとんど風も吹かず結構暑かったのですが、この付近にさしかかるとよく風が通ってむしろ寒いくらいでした。実際、斜面には昨日の雪がまだ残っていました。 
 
【ミノブチ岳(左)と俎ー(右)】

【分岐】 
 この付近からは尾瀬沼も眺めることができますが、上空はまだまだ雲が多く、沼付近は靄がかかったような感じですっきりとした姿を眺めることはできませんでした。スペースのあるところがいくらかあるので、ここで少し休憩しました。靄がなければなかなかの眺めだと思います。

 長い間休憩をしていると寒いので、少し休憩をしたら出発します。徐々に俎ーを正面に見据えるように方向を変えつつ登って行きます。途中南側から登るルートと合流します。このルートは急登続きでなかなか大変なようです。 

【俎ーを正面に見据えて】

【霜のついた花】 
 さらに俎ーに向けて歩いて行くと最後の登りにさしかかります。この付近は手を使う程ではありませんが岩場になっています。雪は残っていましたが、登るのには影響のない程度でした。この連休は気温が上がる予定でしたし、アイゼンはいらない程度であろうとは思っていたのですが、やはり歩いてみるまでは不安でした。

 この岩場を登っていると思ったよりあっさり俎ーに到着です。既に結構な人で賑わっていました。やはり天気のいい3連休だけあって人が多いです。  

【雪の残る登山道】

【ミノブチ岳の霧氷】 

【ガスに覆われた柴安ー】 

【俎ー山頂】 
 上空には青空も見えて展望に期待したいところでしたが、ガスが多くあまり展望は得られませんでした。それでも時々ガスが薄くなったので、尾瀬沼を捉えることはできました。尾瀬沼方面はこの時はそれ以上晴れそうもありませんでしたが、柴安ー方面は徐々にガスが晴れて、堂々とした姿を正面に眺めることができました。斜面の一部についた霧氷もなかなかいい感じでした。

 山頂は風が通る場所にいるとなかなか寒かったです。この時点ではまだまだ前日の雪の名残があったのでしょう。ここまで一気に登ってきたので、休憩をある程度してから柴安ーに向けて出発しました。

【靄のかかった尾瀬沼方面】

【尾瀬沼】 

【柴安ー】 

【霧氷と柴安ー】

【霧氷した木々を眺めて】 

【道中には岩場も】
 正面に柴安ーを眺めながらの下りはなかなか壮観でした。さらには、霧氷どころか、僅かですがえびの尻尾まで見かけることができました。前日日光白根山で吹雪に遭ったわけですが、こちらも結構荒れていたのでしょう。しばし眺めたり写真を撮ったりした後、再び柴安ーへ向かいます。柴安ーへの登りには、俎ーと同様岩場が出て来ますが、それほど距離もないので、しばらく登って行くと間もなく柴安ー山頂に到着です。こちらの方が標高が高く、燧ケ岳山頂と言えば一般的にこちらを指すようです。実際、俎ーには特に看板はなかったのですが、こちらには立派な石碑がありました。

【逆光気味の俎ーを振り返って】

【柴安ー山頂】 
 山頂は思ったよりも広々としていて、休憩するにはなかなかいい場所です。ただ、俎ーにしても尾瀬ヶ原にしても、全体を眺めるには端まで行かないとよく見ることはできません。

 山頂からの展望は、早朝の燧ケ岳の雲のかかり具合を考えるとかなりすっきりしてきたなとは思うのですが、どうしてもうっすらとしたガスが残っている状態で、比較的近くに見える俎ーやミノブチ岳も少しもやっとした感じでした。尾瀬ヶ原から至仏山への展望はさらにガスがかかっていて、写真で撮るとかなりくっきりとさせてようやくそれとわかる程度でしょうか。

【ミノブチ岳の霧氷】 

【尾瀬ヶ原に下って行く稜線】

【尾瀬ヶ原と奥に至仏山】 

【広々とした山頂】
 ガスがかかっているとはいえこれだけ見えていれば、すっきりとした時の展望は想像できます。ここまでの景色を眺めてしまうと、青空のもと至仏山まですっきりと広がる尾瀬ヶ原を眺めてみたいものです。またいつの日か尾瀬に来た時の楽しみとしたのでした。季節が違えば尾瀬ヶ原の色もまた違ったものになるでしょう。

 本日は燧ケ岳を下った後はひたすら山ノ鼻へ向けて歩くだけなので、もう少しのんびりしても良かったのですが、遅くなるとテント場の心配が出て来るので、休憩もそこそこに下ることにしました。

【左の柴安ーと俎ーを振り返って】

【岩のごろごろした道】 

【樹林帯へ】

【ぬかるみや水たまりも多い】 
 燧ケ岳から見晴にかけては一気に下って行きます。岩のごろごろしたような道もあって、少し歩きにくい箇所もあります。最後、柴安ーや俎ーを眺められる場所を過ぎて下って行くと樹林帯に入ります。ここからがとても長くて、似たような景色を眺めながら下って行きます。

 樹林帯の道をひたすら進んでぬかるみが目立つようになると、登山道の終点も近くなってきます。この付近では所々で紅葉も見られました。太陽が出たり隠れたりで、肝心な時に太陽の光が当たらないというもどかしさがありました。

【紅葉を眺める】
 
【登山道分岐】
 長い下りを終えると分岐があって、尾瀬沼方面からの道と合流します。ぬかるみの道から一転、ここからはよく整備された木道になります。今回全般的にそうだったのですが、よく整備された木道と、ぬかるんだり岩がごろごろしていたりして歩きにくい登山道が本当に対照的でした。

 この合流点から見晴までの道は、紅葉のきれいな箇所が多かったです。ここで太陽の光が当たればなどと思ってもなかなかそううまくは行きません。写真を撮りつつようやく見晴に到着です。

【太陽の光が欲しかったポイント】

【紅葉の間の木道歩き】

【見晴の小屋群へ】
 ここにはいくつかの小屋がかたまっています。キャンプ場もこの付近にあるのですが、今年は使用できないようです。ただ、この後にテント装備の方とかなりすれ違ったので実は使えたりするのでしょうか。この小屋の間にはちょっとした紅葉の木があってなかなかいい雰囲気を醸し出しています。休憩できるベンチやテーブルも数多くあるので、ここで休憩することにしました。

 この後は木道歩きだけですが、燧ケ岳山頂にいた時と同様にテント場が気になるので、休憩もそこそこに出発することにしました。

【紅葉とひのえまた小屋】

【尾瀬ヶ原へ 正面奥に至仏山】

【振り返って燧ケ岳】 

【至仏山へ続く道】 

【景鶴山】 

【龍宮小屋】 
 昨日尾瀬沼に到着した時も広々とした湿原に驚かされましたが、尾瀬ヶ原はさらにスケールが大きく本当に見事な景色が広がっています。どこを見渡しても金色の野原が続いているのが素晴らしいところです。写真を撮り続けていたらいつまでたっても進めないくらいの景色でした。

 燧ケ岳の登山者も多かったですが、尾瀬ヶ原に入ってからはさらに歩いている方が多かったです。天気の良い3連休で紅葉の時期となれば、やはり尾瀬を訪れる方も多いのでしょう。これだけの人が歩いていると、なかなか落ち着いて写真が撮れませんでした。 

【池塘を眺める】

【大勢の人で賑わう牛首分岐】 
 しばらく木道を歩いて行くと龍宮小屋と御池方面への分岐があり、さらに木道を進んで行くと牛首分岐があします。分岐近くは休憩場所になっていてベンチが設置されているのですが、休憩している方で賑わっていました。

 牛首分岐を過ぎれば山ノ鼻まではもう少しです。この付近まで来ると至仏山がかなり迫ってきました。驚いたのはこれだけ離れた場所に来たのに燧ケ岳の存在感があまり変わらないことです。池塘群を眺めてさらに歩いて行くと山ノ鼻に到着です。

【池塘群と燧ケ岳】

【迫ってくる至仏山】 

【山ノ鼻エリアへ】

【至仏山荘】

【テント場と奥に自炊場】
 山ノ鼻にはいくつかの小屋がかたまっていますが、テント場の受付は至仏山荘になります。尾瀬はどこもテント場は1人800円になります。前日の尾瀬沼キャンプ場と同じ値段というのも違和感がありますが、自炊場とトイレが近いのでかなり便利ではあります。ただ、鳩待峠からの主要通路の脇になるので、昼間は少しにぎやかかもしれません。

 ちなみに、自分が着いた時はまだスペースが結構あったので、早すぎたかなとも思ったのですが、その後1時間もたたないうちにほとんど埋まってしまいました。この差が大きかったようです。ただし、張り場がなくなるほどではなくちょうど埋まる程度でした。 

【散策路分岐(右) 真っ直ぐ行くと至仏山への道】 

【離れた場所にあった低木の紅葉】 

【山ノ鼻でも存在感抜群の燧ケ岳】 
 
【金色の野原】

【木道脇に設置された熊鈴】
 テントを設営したものの、さすがに夕食を取って寝るには早すぎたので、ビジターセンターで尾瀬の資料を眺めたり、散策路を歩いたりして過ごしました。売店もあって飲み食いはもちろんお土産類も並んでいますし、本当に尾瀬の一大拠点という感じでした。

 夕方になったら夕食を取って床に就きます。日が完全に暮れる前はもちろん、暮れた後も賑わっていてなかなか寝られませんでした。前日よく寝たというのもあるかもしれませんがね。それにしても本当に前日の静けさとは対照的な一夜となりました。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る