なぎそだけ
 南木曽岳
登山日: 2012年3月20日(火)   標高:1679m(南木曽岳)
    標高差:登山口から約700m


 3月20日(火)    駐車場 5:00 → 分岐 5:45 → 南木曽岳〜展望所 7:20(〜8:10)
   分岐 9:30 → 駐車場 9:55

 

 本日は南木曽岳に登ります。前日の月曜日は飛び石4連休で唯一日本海側が晴れるということで野伏ヶ岳に当てましたが、この日は日本海側の天気は思わしくないものの離れれば天気は良さそうだということで急遽南木曽岳に登ることにしました。中央アルプスを見たいということもありましたが、この時期はまだどこも雪が多そうだということで、標高があまり高くなく1度登っていてある程度勝手がわかっていることから選びました。GPSは持っていたものの、今回は前回と違って地図を用意してなかったのはあまり褒められたことではないでしょう。ただし、一気に登って一気に下るので、山頂〜展望所〜下降点の部分を除けば迷うところはほとんどないと思います。 
【入口手前の駐車場(下山時)】
 
【右手の入口へ(下山時)】
 いつものように登山口で前泊します。前回はやや下った場所にある比較的立派な駐車場にとめましたが、奥まで入れることを知りましたので、今回はゲート前まで車を入れることにしました。歩いても距離はしれていますので、7〜8台しかとめられないこの場所まで無理に入る必要もないかと思います。前泊する関係上公衆トイレが近くにある方が便利ということでこちらまで車を入れたのでした。

 なお、この時無人の車が1台ありましたので、避難小屋に泊まっている人がいるのかなと思ったのですが、案の定避難小屋に泊まっていた方々がいました。
 
【林道歩き(下山時)】

【登山道入口(下山時)】
 
【木橋を渡る(下山時)】
 夜が明けてやや薄暗い中出発します。中央アルプスが東側にあるので中途半端な時間に登ると逆光になるという前回の教訓を結局今回も生かせないまま登ってしまったのでした。早い時間に登って下ってすぐに帰るというのも前回と同じでした。

 まずは自然探勝園の中を通って行きます。これは林道をショートカットする道になっており、抜けると林道と合流して上がって行きます。しばらく歩くと登山道入口がありますが、なだらかな道が続きます。

【登り下りの分岐】

【歩き始めると間もなく雪道が】

【ハシゴのかかった急登】
 沢のような地形の場所を抜けて歩いて行くと、登り下りの分岐があります。南木曽岳は登り下りが決められていて一方通行になっているわけですが、積雪期は危険なので登りルートをピストンする方がいいとのことでした。しかし、この時期になると雪が溶けてきていて普通に下りルートを使用しても問題ありませんでした。

 登りルートに入ると間もなく雪が現れますので、これは結構雪があるかなと思ったのですが、たまたま日当たりの悪い場所だっただけで、本格的な登りになると日当たりがいいこともあって、しばらくはほとんど雪がありませんでした。無雪期とほとんど変わりなく登って行けます。 

【右手の木道へ】

【凍った斜面で登りにくい場所も】

【山頂直下になるとそれなりの積雪に】
 ただ、ある程度登って行くと、半分氷と化した雪道が出て来ますので、うっかり足を載せて滑らせないように注意です。それを除けば、前回とほとんど同じ感覚で登って行くことができました。急登が続くので疲れることには疲れると思いますが、効率よく高度が稼げるのと、2回目ということもあって余裕を持って登れたと思います。

 ようやく本格的な雪道になって来たかなと思う頃山頂に到着です。相変わらず樹木に囲まれた薄暗い山頂です。前回はなかったと思われる立派な頂上碑がありました。展望もありませんので、写真だけを撮ったら先に進みます。

【樹林帯に覆われた静かな山頂】

【頂上碑】

【奥の展望所へ】
 しばらく雪道を歩いて行くと、御嶽山乗鞍岳の展望所がありますので、まずこちらに寄って行きます。なお、この両山は後の中央アルプスの展望所からでも普通に見ることができます。

 やはり乗鞍岳も立派ですが、手前にある御嶽山のどっしりとした山容は見事です。中央アルプスの展望台ともいえる南木曽岳ですが、御嶽山の展望台でもあります。なかなか素晴らしい景色ですが、今回のメインは中央アルプスの展望ですので先に進むことにします。雪道を突き進んで行くと避難小屋が見えて、その奥に中央アルプスの山々が見えて来ました。

【御嶽山乗鞍岳展望所】

【左の御嶽山と右の乗鞍岳】

【御嶽山】

【乗鞍岳】

【展望所への雪道歩き】
 展望所まで避難小屋の脇を抜けて少し下って行くのですが、やはり泊まっていた方がいたようで少し話し声が聞こえました。先に記載したように、日が昇ってしまうと逆光になってしまうので、避難小屋に泊まって前日の夕方と翌日の早朝の景色を眺めるというのも良さそうな感じです。夕日の当たる中央アルプスを是非見てみたいものです。

 展望所はやはり素晴らしい景色の見える場所で、中央アルプスや先ほど見た御嶽山、乗鞍岳はもちろん、穂高連峰も眺めることができました。結果としては晴れていた前回と同じような景色を眺めていたようで、1ヶ月程今回の方が早い時期に登ったので、やや雪が多いという程度でしょうか。 

【避難小屋と中央アルプスの山々】

【中央アルプスの景色が広がる】
 この後は下山するだけですので、展望所でのんびりします。早朝ですとやはり中央アルプスに光が当たりにくいのが残念なところでしょうか。ただし、肉眼ですとむしろ光が当たっていない方が厳かな雰囲気は出ていると思います。休憩している間にも日が昇って来て最終的にはそれなりに光が当たっている状態でした。遅い時間になると靄がかかってしまうこともありますので、登るタイミングはなかなか難しいところだと思います。

 素晴らしい景色を後にするのが残念ではありましたが、1時間弱程のんびりした後下山を開始しました。

【穂高連峰 西穂〜奥穂〜前穂】

【中央アルプス北部の山々 中央に木曽駒ヶ岳】

【中央アルプス南部の山々 空木岳〜南駒ケ岳〜仙涯嶺〜越百山】

【安平路山と摺古木山】

【雪深い所も】
 下降ルートに入るまではしばらく緩やかなアップダウンが続きます。雪はかなり緩んでいたようで、時々踏み抜いてしまう状態でした。トレースはきちんと付いていますので、迷うようなところはありませんでした。逆にトレースが全くないと少しわかりにくいところもありそうです。

 道中木々の合間から中央アルプスが見えたので、未練がましく写真撮影をしていました。ほとんど変わらないはずなのに、先ほど見た時よりきれいに見えているような気がしてしまいます。 

【木曽前岳〜木曽駒ケ岳〜三ノ沢岳】

【南駒ケ岳】

【空木岳】

【恵那山】

【薄暗い樹林帯を抜けて】
 その後少し薄暗い樹林帯を抜けると本格的な下りになります。雪は確かに残っていますが、思っていたよりずっと少ないため順調に下って行きます。雪が半分氷と化しているので嫌な場所もありましたが、なんとかなるレベルではないでしょうか。もちろん軽アイゼンを付ければ余裕を持って下れたと思います。
 
 ちなみにハシゴや鎖場などを見ていると、雪のない時期はどうということはないですが、これが雪に隠れてしまうと確かに厳しいというより無理かなという気がします。それで、登りのルートをピストンするのかもしれません。厳冬期でもなければ大丈夫だとは思いますが。 

【雪の残った場所も多い】

【ハシゴを下る】

【分岐へ】
 その後も順調に下って分岐に到着、そのまま登山道入口まで戻って行きました。天気が良かったのでちらほら登っている人はいましたが、まだ雪がそれなりにある季節ということで、前回と比較すると登っている人は少なかったと思います。

 今回もいい景色を見ることができました。静岡からは決して近くはないですが、なんとか日帰りできる程度の距離ですので、またの機会があれば、今度は避難小屋に1泊でチャレンジしてみたいと思います。  
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る