さるがばんばやま
 猿ヶ馬場山
登山日: 2012年4月8日(日)   標高:1875m(猿ヶ馬場山)
    標高差:登山口から約1370m


 4月8日(日)    せせらぎ公園駐車場 6:10 → 登山口 6:20 → 鉄塔 9:10
   猿ヶ馬場山 10:45(〜11:45) → 鉄塔 12:40 → 登山口 14:05
   (白川郷散策) → せせらぎ公園駐車場 14:40

 

 本日は猿ヶ馬場山に登ります。残雪期のみ登れる山ということで、野伏ヶ岳に続くチャレンジとなります。事前に記録を見た限りでは、特別な難所というのはなさそうでしたが、長丁場で標高差もあるため、雪の状態によってはかなり苦戦が強いられそうということでした。実際、何度も登っている方の記録を見ても雪の状態によってかかる時間がかなり変わっていました。雪の状態の影響を受けるのは残雪期の山ならばどこも同じでしょうが、特にその傾向が強い気がしました。

 自宅からは、東海北陸道を使って白川郷を目指します。白川郷IC付近で−10℃とかなり気温が低く、4月でもこの気温なのかと驚かされました。 

【せせらぎ公園駐車場】
 
【であい橋を渡って集落の中心部へ】
 荻町の駐車場が使えなくなっていますので、せせらぎ公園駐車場に駐車します。下山時には観光客で一杯になるこの駐車場ですが、さすがにこの時間には他の登山者らしき方の車ぐらいしかとまっていませんでした。

 思ったよりも遅い到着になってしまいましたので、準備ができたら出発します。展望を考えると早い出発の方がいいのでしょうが、遅れたがためにラッセルなどでは楽をしてしまうということもあり、どちらがいいとも言えないかもしれません。駐車場からは橋を渡って街中に入り、右手に歩いて行きます。途中に神社があり、こちらから登るルートもあるようでしたが、事前に調べていたようにもう少し進んだところの坂を登って行きます。 
 
【道中の神社 こちらから登る方が一般的?】

【登山口脇の駐車場(下山時)】
 
【樹林帯を抜けて】
 ちなみにこの坂の脇には駐車場があって、登山する人が結構ここに駐車していました。次に登る機会があればここに駐車しておきたいものですね。坂を少し登って行ったところから、奥の樹林帯に入って行きます。このあたりは、あまり踏み跡も多くなく一般的なルートではないのかもしれません。

 その後、林道らしき道と合流して右手に折れて行きます。ここからはほぼ一本道にトレースが付いています。雪も徐々にですが深い場所も出て来ました。つぼ足でも行けそうではありましたが、スノーシューを持ってきていたので、早いとは思いましたが装着して歩くことにしました。

【徐々に積雪量も増えて】

【スノーシューを投入】

【急登を振り返る 山スキーの人が多かったです】
 しばらくは林道をショートカットしながら登って行きますが、それが終わると沢筋の道の急登を上がって行きます。高度感のあるような斜面ではないですが、ひたすら登って行きますのでなかなかしんどいです。周りを見渡すとほとんどの方が山スキーでした。

 この急登を登り切って谷間のなだらかな道を進んで行くと尾根への取り付きがあります。ここには、団体さんがいて休憩をとっていました。ここまで登って来る間にも結構な方が登っているとは思いましたが、ここまで大勢の方が入山しているとは思いませんでした。尾根には少し回り込んで取付きます。帰路は踏み跡もあったので、直に下ってしまっています。

【休憩中の団体さんを追い抜いて】

【快晴の雪道歩き】

【樹林帯を抜けて】

【一直線に続く道】

【道中の鉄塔と奥に帰雲山】
 尾根への道は急登ですが、尾根へ乗った後は比較的なだらかな道が続きます。しばらくは樹林帯の中を通っていますが、やがて樹林帯を抜けて正面左に帰運山が見えるようになって来ます。このほぼ一直線の道を折れ曲がるあたりに鉄塔があります。このあたりまで来るとどっしりとした猿ヶ馬場山を眺めることができます。

 その後は帰雲山の手前を通過して、一旦下って行きます。登り返した後は再び登って行きます。かなり見通しのきく樹林帯の道で、じぐざぐに尾根に沿って登って行きます。 

【猿ヶ馬場山を見上げて】

【一旦下って登り返した後最後の登りへ】

【雪の積もった木々】

【トレースもありよく踏まれた道】

【並行している尾根を眺めて】
 とにかく最初からトレースがきちんとついているのと、結構な人数が通っているせいで、スノーシューだとほとんど沈まずに進んで行けます。ちなみに轍のようになっているのは、山スキーの方が多いせいでしょうか。

 さすがに中腹に来ると少しトレースから逸れるだけで結構足が埋まってしまいます。逆にそれを楽しんで登っている方もいました。登り切るとだだっ広い場所で、これから山頂へ向かうとは思えない道でした。ここをまっすぐ歩いて行くと山頂に到着です。このような時期というのもあるのかもしれませんが、特に頂上碑のようなものはありません。 

【山頂手前からの広々とした雪原】

【山頂と北アルプスの眺め】

【北アルプスの山々が一望】

【白山】

【別山と白山】

【御前峰〜剣ヶ峰〜大汝峰】

【乗鞍岳】

【左手前の焼岳と奥の霞沢岳】

【槍穂の山並み】

【黒部五郎岳 左奥は水晶岳】

【立山】

【穂高連峰】

【白山の北方に連なる稜線】

【笈ヶ岳〜大笠山あたりか】
 山頂からの景色は見事というより他ありません。白山の眺めにはもちろん期待して登ったわけですが、その存在感は思っていた以上で、写真でもくっきりと写るくらい素晴らしかったです。また、驚いたのが北アルプスの眺めで、西側から見える全ての山がよく見えていました。距離を考えるとこれほどまでによく見えるとは思っていませんでした。本当に山座同定のしがいがあると思います。山頂には結果としては1時間程いたわけですが、本当にあっという間でした。朝はかなり冷え込んだのですが、この頃には気温も上がり風も穏やかだったので長居することができたのでした。なかなかこれほどの条件の時に山頂にいることは難しいのではないでしょうか。

【自分の付けたトレースを振り返る】

【下る途中に見事な白き稜線を眺めて】

【快調に下る】

【麓の街並みを眺めて】

【誤って出た場所より歩く】
 山頂での景色を名残惜しみつつ下ります。残雪期の山は危険箇所でなければ下る時は楽しいのですが、猿ヶ馬場山は特に危険箇所もないので快調に下って行くことができました。特に下る途中に見えた尾根道と白山から伸びる稜線との組み合わせは本当に絶景だったと思います。

 順調に下っていたわけですが、最後の樹林帯で最初に登った坂に出る道を間違ってしまい違う場所に出てしまいました。結果としてはどこからでも出られるわけですが、最後の最後でミスをしてしまったのは大いに反省すべきでしょう。

【雰囲気のある街並み】

【合掌造りの家】

【田んぼの雪もかなり溶けて】

【大勢の観光客で賑わう駐車場へ】
 中心部に入ると大勢の観光客で賑わっていました。その中で大きめのザックを担いでスノーシューを取り付けているうえに、ストックを持っている姿はかなり目立ちました。しかし、せっかくここまで来ましたので、集落内を散策することにしたのでした。

 駐車場に戻る時も橋の上で大勢の観光客とすれ違ったのですが、外国人観光客が多かったのが印象的でした。やはり世界遺産であるということと、白川郷がそれだけ素晴らしい伝統及び景観を保持しているということでしょう。猿ヶ馬場山はもちろん、白川郷も短時間ではありますが眺めることができて本当に充実した1日となりました。猿ヶ馬場山はまた機会があれば登りたいですし、白川郷ももう少し雪の残った時に見てみたい気がします。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る