わるさわだけ・でんつくとうげ・なまきわりやま・ざるがたけ・ぬのひきやま
 悪沢岳・伝付峠・生木割山・笊ヶ岳・布引山(3〜4日目)
  登山日: 2012年8月18日(土)〜8月21日(火) 
  標高:3141m(悪沢岳) 2539m(生木割山) 2629m(笊ヶ岳) 2584m(布引山)   
  累積標高 約5200m(椹島から悪沢岳まで約2020m)


 8月18日(土)    椹島 8:45 → 鉄塔横 9:45 → 清水平 11:40 → 千枚小屋 14:40
 
 8月19日(日)   千枚小屋 4:40 → 千枚岳 5:30(〜50) → 悪沢岳 6:50(〜7:20)
 千枚岳 8:30(〜9:00) → マンノー沢頭 9:55
    二軒小屋 12:20(〜55) → 伝付峠 14:50
 8月20日(月)    伝付峠散策 4:30(〜5:30) → 伝付峠出発 6:20 → 林道終点 7:10 
   天上小屋山 9:00(〜15) → 生木割山 10:25 → 椹島分岐 12:25 
   笊ヶ岳(直下) 13:00(〜50) → 布引山 14:30(〜15:10)
   笊ヶ岳直下 16:00
     
 8月21日(火)    笊ヶ岳(直下) 4:30(〜6:30) → 椹島分岐 6:55 → 上倉沢 7:50
   標柱 9:40(〜50) → 椹島 11:55

 

 3日目の朝を迎えます。森の深い南アルプスの峠ですから展望はあまり期待できないのですが、前日に展望所と名付けられた場所をいくつか回って、なんとか富士山の見える場所を見つけることができたのでその場所で夜明けを迎えます。ちなみに富士山の見える展望所はなく、富士山の頭だけが見える場所があったので、その付近の小高い丘を少し登ったところに待機しました。

 御来光は山の影に隠れてしまって見えませんでしたが、早朝の素晴らしい富士山を眺めることができました。笊ヶ岳が富士山の展望台と言われていることもありますが、今回の山行は通じて富士山三昧だったのではないかと思います。

【夜明け前の富士山】
 
【この位置からは御来光は見えず】
 富士山の見える場所は展望所へ行く途中から登ったところですので、合間に展望所に行って南アルプスの夜明けも眺めることができました。赤石岳は間違いないと思いますが、悪沢岳は丸山の奥で見えていなかったようです。

 この日伝付峠に泊まった人はいなかったので、前日とはうって変わって静かな朝となりました。思った以上に素晴らしい展望にも恵まれて、本当に良かったと思います。この日は伝付峠から、お昼を過ぎた頃の笊ヶ岳ですから、あまり展望には期待していなかった1日だけに朝から素晴らしい展望でうれしかったです。

【夜明けの富士山】

【夜明けの南アルプス】

【赤石岳】

【千枚岳と丸山か】

【グラデーションの美しい富士山】

【山際から昇る朝日】

【テント泊跡地】 
 テントに戻ったら出発の準備をします。笊ヶ岳までならばそこまでの長丁場ではありませんが、テントを張れる場所の様子が気になるところですし、布引山にも登っておきたいところでしたので、準備ができたら出発です。それでも1時間もかかってしまったのでした。

 最初は広々とした歩きやすい林道歩きです。このような道を歩いているとあまり訪れる人のいない場所とは思えません。山梨側から入れなくなっている現在、かなり入りにくい場所になっているのは間違いないでしょう。しばらくは林道に沿って歩いて行きます。

【最初は林道歩き】 

【やがて登山道に】 

【道は明瞭ですが覆われているところも】 
 しばらく歩いて行くと道幅は狭くなりますが、明瞭な道が続いています。登山道脇の木々に覆われている場所もありますが、藪漕ぎというほどのことはありませんでした。若干ザレた箇所で注意の必要な箇所はあるものの、ほぼ歩きやすい道だったと思います。

 やがて樹林帯の道になります。鬱蒼とした森で、時間を遡ったのではないかと思うような薄暗さでした。道は相変わらずの状態で、順調に進んで行くことができました。誰もいない森の中で静かに時が流れて行くような感じでしょうか。あまりアップダウンもなく、2日分の水を担いでいる割にはあまり重さを感じることもありませんでした。 

【若干崩れかけた道】  
 
【鬱蒼とした森の中へ】

【日は昇っても薄暗い森の中】

【木々の切れ間より展望への期待が】
 保利沢山への尾根道を分けてトラバース道に入って行きます。尾根を通過する道にも踏み跡は付いていてこちらを歩く人もいるようです。このトラバース道をしばらく歩いて行くと展望地点があります。徐々に右手の木々の切れ間から素晴らしい山々が見えて来て楽しみになって来ます。正直、どこが展望地点かわからない程度なのだろうなと思っていたのですが、着いてみると開けていてすぐその場所であることがわかりました。

 展望地点からは赤石岳、荒川三山、塩見岳をよく見ることができました。青空の広がる好天であることも相まって素晴らしい眺めを堪能することができたのでした。

【展望所からの景色 赤石岳〜荒川三山〜塩見岳】

【赤石岳】

【荒川三山】

【塩見岳〜蝙蝠岳】

【初日にお世話になった千枚小屋も】
 
【行く手の保利沢山】
 
【尾根道との合流地点】
 
【展望のあるところで休憩】 
 少し歩くと保利沢山の尾根ルートと合流します。なんとなく道らしきものはありそうですが、尾根道はやはりルーファイが必要になりそうです。

 その後稜線を歩いて行くと天上小屋山に到着しますが、頂上碑がなければ登山道が普通に続いているようにしか見えない場所です。恐らく山頂付近がなだらかなのでしょう。ここを少し過ぎたところにも少し展望のある場所がありましたので、景色を楽しむことにします。少し南に移動したので、上河内岳や聖岳がよく見えました。この日に歩いた稜線は南アルプスの主峰群と並行しているので、開けた場所の展望は本当に素晴らしいです。
 
【本当に山頂?】 
 
【頂上碑】
 
【上河内岳〜聖岳〜赤石岳】 

【上河内岳】

【聖岳】

【樹林帯の道は続く】 

【生木割山山頂】 

【かわいい頂上碑】
 その後は樹林帯の歩きが続きます。しばらく歩いた後少し登って行くと生木割山に到着です。静岡百山にもなっている山で今回のルートを歩くことで登ることができたのでした。この山を登るにあたっては笊ヶ岳からの往復も考えていたのですが、特に展望のある場所もありませんので、今回のように縦走でそのまま歩いて通る方が雰囲気をより楽しむことができるかなと思います。特に展望もありませんので少し休憩をしたら先に進みます。

 樹林帯を抜けたと思うとガレ場が出て来ます。上倉沢上部の崩壊地点のようです。この沢のもっと下方を翌日下る際に横断することになります。
 
【ガレ場の縁を歩く】

【奥には偃松尾山】

【左手の笊ヶ岳はガスの中 右奥は上河内岳 中央下部は上倉沢】

【ガレの縁から登山道へ】

【偃松尾山からの合流点】 
 
【鞍部への下りはやや藪がうるさい】
 この頃になるとガスが出て来て笊ヶ岳はすっかりガスに覆われていました。一部が見え隠れしていましたが、残念ながら待っていてもその雄姿を眺めることはできませんでした。

 少し休憩をしたら先に進みます。ガレの縁は幅がありますので、それほど危険はありませんが、ガレ場であることとそれなりの斜度があるので歩きにくいです。途中から登山道に入ってよじ登って行きます。偃松尾山へ向かうと思われる分岐がありましたが、ガスに覆われて展望がなさそうでしたので、今回はスルーして先に進みました。なお、ここからの下りは結構藪がうるさい箇所もありました。道は明瞭ですので、迷うことはないと思います。
 
【歩きやすい登山道】

【立ちふさがる倒木】
 
【椹島分岐】
 急な下りからなだらかな道に入るあたりに分岐がありましたが、これは水場への分岐のようです。ガイドブックでは往復45分とありますので、結構時間がかかりそうです。これを考慮して伝付峠から水を担いで来たのでした。分岐付近はテープもあって比較的わかりやすいとは思いますが、その後はわかりにくい道なのかもしれません。

 その後倒木地帯もあって歩きにくい箇所もありますが、順調に進んで行きます。そしてようやく椹島分岐へ到着です。実はこの手前にも目印はありませんが分岐があり、ここからも下れるようでした。さすがにこのあたりまで来ると疲れて来たので、分岐で一休みをしてから最後の登りにとりかかります。

【草をかき分ける急登も】

【ようやく最後にして目的地の山頂へ】

【笊ヶ岳頂上碑】
 分岐からの登りは急登の連続でした。草をかき分けるところやちょっとした岩場もありますが、元気なら普通の急な登り道だと思います。登り切ると視界が開けるのですが、脇の藪の背丈が高いのでなかなか展望は得られません。どこまで歩けば展望を得られるのかと思っているうちに笊ヶ岳山頂に到着です。笊ヶ岳は森林限界を少し超えたところにあると聞いていましたが、まさにこの視界が開けたところからこの山頂あたりまでだけが超えているのでしょう。しかも、木はなくてもハイマツの背丈があるので展望が得られるのは頂上だけではないでしょうか。この時はガスが出ていて展望はありませんでしたが、山頂だけしか展望のない山ですから山頂に到着した時の達成感はかなりのものでした。

【山頂はガスで展望なし】

【山頂直下のスペース】

【なんとか登山道を塞がずに設営】
 展望もありませんので、写真を撮った後はそのまま設営地点を探します。山頂直下に1張テントを張れる場所があるということでしたが、本当に数十秒という場所にスペースがありました。広さが微妙で試行錯誤しながらなんとか登山道を塞がずに設営することができました。下に岩が少し入ってしまいましたが仕方のないところでしょう。ここに張れるかどうかが気になっていたので、無事に張ることができてほっとしたところでしょうか。少し布引山方面に下れば張れるところはありますので、ここに張れなくても困るということはないと思いますが、これだけ近ければいつでも何でも運べるというのは良かったです。

【左が小笊への分岐】

【歩きやすい道が続く】

【再び晴れ間が】
 この日に登るか最終日に登るか考えていた布引山ですが、最終日の負担を減らすためにこの日に登っておくことにしました。バスの時間を考えなければ最終日でも問題ないのですが、やはりバスの時間を考えるとあまり遅い時間には戻れないということがありました。

 少し下ると小笊との分岐があります。興味はあったのですが、ものすごい下りになっていたので今回はやめることにしました。布引山方面も急な下りになっていますので、ここだけは少し注意した方がいいかもしれません。その後は歩きやすい道ですが、当然鞍部に下った後は登り返しますので、軽装備とはいえ疲れもたまっていてなかなかしんどかったです。

【布引山山頂】

【富士山も見えて来て】

【登り返す笊ヶ岳を見上げて】
 がんばって登り返して行くと布引山に到着です。布引山の少し手前にツェルトを張っている方がいて少し話をしました。老平から登って来られたようですが、疲れてしまったのでその場所で野営することにしたようです。2日目途中から山中で出会ったのはこの方だけでした。久しぶりに会った方ということで30分以上は話をしていました。

 その後布引山の山頂に到着です。周囲を木々に囲まれていて展望はありません。文字通り山頂を踏んで帰路に着きました。やはり笊ヶ岳は壁のような感じで登り返しはなかなか苦労させられました。登り返した後は日の入りまでのんびりタイムです。 

【雲の流れを眺めて】

【すっきりとはしないながらも富士山も】

【山頂で1人宴会】
 富士山はなかなかすっきりとは見えませんでしたが、空を見上げると青空の広がっているところもあり、雲の流れを見ていても飽きませんでした。その後、誰もいない山頂でのんびり食事をとります。展望も出て来てなかなか贅沢な時間となりました。

 その後徐々に日が沈み始めます。ちょうど赤石岳の脇あたりに沈んで行きました。夕暮れの小笊の奥に見える富士山や南アルプスは本当に素晴らしかったです。日も沈み気温もかなり下がって来た頃、翌朝の景色を楽しみにしつつテントに戻ったのでした。 

【赤石岳の脇に沈む夕日】

【小笊と富士山】

【夕暮れの南アルプス】
 

【星空を見上げて】 
 4日目、最終日の朝を迎えます。この日は御来光を眺めるために早い時間に山頂に待機します。山頂まで歩いて1分もかかりませんので本当に移動は楽です。今回は三脚も持っていたので、暗い時間帯からいろいろ撮ってみることにしました。しかし、あまり重量はないので望遠レンズを付けたカメラは無理です。それでも、夜空や夜景、夜明け前の山々を撮れたのは良かったです。雲一つない空で素晴らしい景色を楽しむことができました。特に夜明けの時間が近づくにつれて彩られて行く地平線は本当に見事でした。夜明けが近づくと、三脚にコンデジをセットして動画を撮ると同時にデジイチで夜明けの太陽を狙います。

【夜明け前の富士山と麓の夜景】

【富士山をズーム】 

【徐々に色づく地平線】

【光が当たって明るくなる雲】

【夜明け前の南アルプスの山々】
 
【富士山と御来光】

【御来光を眺める】 
 雲がないので完璧な御来光となりました。動画でも撮ることができて良かったと思います。前日の夕暮れも1人で贅沢な時間を過ごしましたが、この日の朝はそれ以上に贅沢な時間を過ごすことができました。

 夜が明けた後は、徐々に浮かび上がる富士山と光の当たって行く南アルプスの山々を眺めます。こちらは写真ではうまく撮れませんでしたが、真っ赤に染まる山々は本当に素晴らしかったです。何より富士山は元より、南アルプスの山々が一通り見ることができる展望が素晴らしいです。いつまでものんびりしたいところでしたが、ある程度日が昇ったところで一旦テントの撤収に戻ります。

【光の当たり始めた山頂と南アルプスの山々】 

【小笊と富士山】 

【射しこむ太陽の光も素晴らしく】 

【テントを撤収後再び山頂へ】
 テントを撤収した後再び山頂に戻って来ました。すっかり日が昇って南アルプスの山々もすっきり見えています。今までに登った山々、これから登りたいと思っている山々を十分眺めることができました。結局笊ヶ岳では、前日に到着してからこの日出発するまで誰も訪れることなく、独り占めをすることになったのでした。これほどまでに長い時間同じ山頂にいたこともないでしょう。本当に下山する時は名残惜しかったです。

 下ると決めた後は、前日苦労して登って来た急登を一気に下って行きます。テント泊の時は登りが苦労するために下りが本当に快適に感じます。まだこの日は歩き始めということもあるでしょう。

【聖岳〜赤石岳〜荒川三山〜塩見岳】 

【布引山〜青薙山〜深南部の山々〜上河内岳】 

【赤石岳〜荒川三山〜塩見岳〜白峰三山】 

【赤石岳と荒川三山】 

【塩見岳〜蝙蝠岳〜徳右衛門岳の稜線】 

【間ノ岳〜農鳥岳〜北岳の白峰三山】 
 
【鳳凰山】

【山頂からの下り】 
 下る途中には少し展望の開けたところもあって、前日歩いた生木割山を眺めたり、赤石岳や荒川三山とも最後のお別れをします。再び下って行くと間もなく椹島分岐があります。今度は椹島へ向けての下りとなります。

 この後も樹林帯の道を下って行きます。道そのものは比較的歩きやすいですが、なかなかの急登ですので椹島から歩いて来た時は、最後の登りも含めてなかなかしんどい登りになりそうです。下って行くとやがて沢に出ます。ここからは、沢沿いに岩のごろごろした道を下って行きます。地形的にはわかりにくいですが、要所要所に目印が付いています。

【生木割山と偃松尾山】

【椹島分岐 左へ】

【樹林帯の下り】

【沢を下る】
 沢から樹林帯に入る道を見逃さないようにしつこく目印を確認しながら歩いていて、途中何度か見逃したかなと思ったのですが、樹林帯に入る場所はいくつもの目印が付けられていて、普通に右手を見ていればまず見落とすことがないようになっていました。

 樹林帯を歩いて抜けると再び沢に出ます。今度は大きな沢で上倉沢です。沢に出たところで踏み跡が消えて、どこから下りるのかと少し上流に歩いて行くと沢へ下るザレた道がありました。沢に出た後は少し上流に向かって歩くと目印があって、取り付き点がわかるようになっています。なお、上倉沢には少し下ったところに水場があるようですが今回は確認しませんでした。椹島から登る場合には最終水場になると思います。不安ならその手前に沢はいくつも越えますのでそこでもいいかもしれません。

【再び樹林帯の道へ】

【上倉沢への下り】

【上倉沢を眺める 中央右奥に昨日通ったガレがあると思われます】 

【目印のあるところを登って行く】

【トリカブトのお花畑】

【このような沢を6つ越えて(横断して)行く】
 取り付き点から急登でザレた歩きにくい道を登って行きます。やがて、6つの沢を越えるトラバース道に入って行きます。注意すべき箇所がずっと続くわけではないのですが、ずっと左が切れているので無意識に右に体重がかかってしまい、右足首が少し痛くなりました。右に体重がかかりすぎないように意識してもダメなくらい本当にずっと続きます。

 トラバース道は、幅の狭い箇所、ちょっとした岩場を越える箇所などもあって所々注意を要します。気を付けるのは主に前半、椹島からなら後半でしょうか。

【幅の狭い箇所は慎重に】 

【崩れかかって脆い箇所も】 

【メインルートが崩れて脇道が作られていた箇所を振り返る ある意味核心部?】

【木の梯子を登る】
 特に3つか4つ目の沢あたりの間にあった道でメイン道から付け替えられた道はかなり強引に巻いていて、狭い道を登ったり下ったりするので注意が必要でしょう。日帰り装備であれば問題ないと思いますが、今回の自分のようにテント装備の時は体重移動に若干注意した方がいいかもしれません。

 全般的に注意を要する一方で、とても高度感があるとか危険な箇所はなかったと思います。最後の方の沢で落石が頻繁に見られたので、足場はもちろんですが、場所によっては落石も注意したいところです。ここは小刻みなアップダウンが続いてあまり標高が変わらないので、あまり下っているような感じがしないのは精神的に少し疲れてしまいましたね。ただ、沢の数を数えているとあといくつというのがわかるのはいいです。

【樹林帯の道へ】
 
【ポイントとなる標柱】

【尾根を下る】 
 最後の沢を越えてしばらく歩いて行くと樹林帯の道に入ります。沢沿いの道をそれほど長い時間歩いていたわけではありませんが、さすがにほっとしましたね。樹林帯の道をしばらく歩くと標柱があります。このルートはあまり目印がないので、ガイドブックではここがポイントになっています。

 この後は尾根筋の道を下って行きます。道は明瞭でない箇所もありますが、尾根伝いに下れば方向を間違えることはないので特に問題はありませんでした。途中でなんと小熊2頭に遭ったのには驚きました。崖下にいた2頭がすごい勢いで下って行ったので気付いたのでした。

【鉄塔下】 

【笊ヶ岳登山口】 

【鉄橋を渡る 渡ってすぐ右手が千枚小屋への道】
 その後も着実に下って行きます。笊ヶ岳から椹島まで約1500mは下りますので、やはり下りが長く感じられますね。鉄塔下を通り、途中休憩を挟みながら下って行くとようやく笊ヶ岳登山口に到着です。初日に千枚小屋に向かった入口からは鉄橋を渡って少し進んだあたりとなります。

 午後は毎日天気が崩れていた昨年と違って、今年は初日を除けば午後も安定していたので、ゆっくり林道を戻って行きます。ようやく戻ってきたという安堵感とこれで終わりだなという残念な気持ちの両方がありましたね。林道を歩いて、脇道から登山道を下って行くと椹島に到着です。

【林道から椹島への下り】

【ほっとするような椹島の景色】

【青空とテント場の芝生 夏の一コマという感じでしょうか】 

【まだ数多くの車で埋まった駐車場】
 ほぼコースタイム通りに順調に下って来ることができたので、お昼前には椹島に到着することができました。13時のバスには少し早かったのでお昼を取りつつバスを待ちます。他にも次々と下山して来る方達がいて、誰もが充実感に満たされた表情をしていたのが印象的でした。

 13時のバスに乗って臨時駐車場に戻ります。好天が続いていたため、林道の途中のポイントで見える高峰もよく見ることができました。臨時駐車場には数多くの車がとまっており、まだまだ夏山真っ盛りだなと実感させられたのでした。
 南アルプス南部の周回ということで、昨年の縦走に引き続いて充実した時間を過ごすことができました。今回は特に、あまり歩く人の多くない場所を通ったのでほとんど人に会うことのない静かな山行になりました。それでいて展望も素晴らしくて、大変なルートというイメージしかなかったのを一変させてくれました。また、伝付峠にしても笊ヶ岳山頂直下にしても今までやったことのない野営をしたことでいい経験になったと思います。どちらも、予め目途をたてていたわけですから、純粋な野営とは違うのかもしれませんが、山小屋にあるテント場とはまた違った雰囲気を堪能できたと思います。来年もまた南アルプス南部を訪れて違った魅力を体験できたらいいなと思っています。


山行記へ戻る

ホームへ戻る