かすみざわだけ
 霞沢岳
  登山日: 2012年8月25日(土)〜8月26日(日) 
  標高:2646m(霞沢岳)     標高差:上高地から約1140m


 8月25日(土)    上高地 9:00 → 明神 9:45 → 徳本峠 12:00
 
 8月26日(日)   徳本峠 3:00 → ジャンクションピーク 3:50 → K1 5:50(〜6:10)
    霞沢岳〜K1 6:40〜8:20 → ジャンクションピーク 9:50
   徳本峠 10:20(〜11:00) → 明神 12:00 → 上高地 12:50

 

 本日から1泊2日で霞沢岳に登ります。週末の土日を使って登ることができるので、かねてより行く機会を窺っていたのですが、何となく後回しになっているうちに、アルプス主稜線上の三百名山ではラストになってしまいました。分類上では他にもアルプスで未踏となっている山がありますが、主稜線からはやや離れた場所にあります。

 霞沢岳に登るには徳本峠から登るルートの1本しかありませんが、徳本峠に入るルートは上高地からと島々からの主に2つのルートがあります。せっかくなので島々からのルートを考えていたのですが、金曜日が残業で帰宅が遅くなってしまったことから上高地からのゆったりルートにしたのでした。

【市営駐車場バス乗場】
 
【上高地へ】
 時間的には島々からでも十分間に合うのですが、若干危ない箇所もあるという話を聞いていたので、疲れた体で無理はしない方がいいという判断でした。歩いた方の話ではそこまで険しいという感じではありませんでしたが、とにかく歩く距離は長いようです。

 結局上高地からの楽なルートをとることにしたので、自宅出発はかなり遅くなりましたが、余裕を持って現地入りします。それでも8時半過ぎには上高地に到着できましたので上出来でしょう。上高地から徳本峠まではコースタイムで3時間半程になります。テント泊装備でも4時間程度を見ておけば十分でしょう。
 

【梓川沿いより穂高の眺め】 

【既に河童橋は賑わって】 
 それほどアルプスに通っているとは言えない自分ですが、槍や穂高へ登るルートで歩きやすいルートは上高地からなので何度か歩いており、見慣れたルートを歩いて行きます。若干雲は多めでしたが、それでも青空が見えて穂高の山もそれなりに見えていましたので天気はいい方でしょう。

 河童橋の脇を通るとこの日は既にいい時間になっていたので、結構な人で賑わっていました。過去通った時は早朝だったので、このあたりは比較的静かだった覚えがあります。 

【太陽に輝く水面を眺めて】

【いつもの道を歩く】 

【明神へ】 

【徳本峠分岐】 
 順調に歩いて行くと明神に到着、一息ついたらそのまま徳本峠に向かいます。明神から少し進んだところに分岐がありますので、徳本峠方面に入ります。

 よく整備された樹林帯の道で、やがてやや急な坂を登って行くことになりますが、九十九折れに道がついており比較的歩きやすい道が続いています。ただ、槍や穂高に向かう登山者がいなくなりますので、一気に静かな山登りとなったのでした。

【木橋を渡って】
 
【穂高連峰には雲が】

【イワオトギリ】

【センジュガンピ】

【最終水場】
 登って行くと水場があり、小さな木碑で最終水場と書いてありました。小屋で購入はできるとありましたが、思ったより上で水が取れることから汲んで行くことにしました。結果としては小屋では水が少なくて買えなかったようなので、汲んで行って正解だったと思います。

 水で重くなったザックを背負ってさらに登って行くと徳本峠と霞沢岳の分岐に出ます。ここを徳本峠方面へ入って行くと間もなく徳本峠に到着です。まだお昼になったばかりということで、到着している人も少なくて静かでした。テント場にはまだ2張ほどしかテントが張られていませんでした。
 
【徳本峠と霞沢岳の分岐】
  
【徳本峠小屋】
 
【テント場】 
 受付を済ませたらテントを張ります。選択肢が多いと結構悩んでしまいますが、結局隅の方に張ることにしました。その後、張る場所がなくなるほどテントで埋まりましたので、結果的にいい場所に張れたと思います。

 その後は時間もありますのでゆっくり過ごします。テント場奥に展望所がありますので、向かってみることにします。本当にテント場からすぐの場所にあります。ちなみに、ここからそのまま霞沢岳に向かう道もあり翌朝はこのルートから登っています。
 
【徳本峠看板と自分のテント】 
 
【小高くはなっていないが展望所】
 
【展望所からの眺め】
 展望所といっても、穂高や明神岳方面が開けているということで特に展望台があるわけではありません。特別開けた場所ではないのですが、ちょうど正面にこれらの山々を見ることができます。待っているうちに山頂にかかっていた雲がとれてすっきりとしたピークを眺めることができました。

 夕方にかけて続々と小屋を訪れる方が増えて、テントも小屋裏まで開放されている状態でした。今では訪れる人も少ない山ではなくなっているようです。なお、テント泊の場合には不要ですが、小屋泊の場合には原則的に予約が必要なようですので注意が必要でしょう。 
 
【ようやく姿を現した穂高の山々】

【ジャンダルムから奥穂高岳】

【雲の上には青空も】
 

【右手から手前へ 左は直に上高地から続く道(下山時)】 
 1日目が日程にかなり余裕があったので、2日目は早い時間に出発します。ただし、これといった御来光スポットはないですし、ピークに達するには少し中途半端な時間になってしまいました。素晴らしい景色を見るというよりは、思った以上にテント場や小屋が混みあっていたので早めに出発しておこうといったところでしょうか。日がある程度昇って来ないと、肝心の穂高の山々が陰になってしまうので、到着時間が早すぎるのも微妙でしょう。実際、今回もK1から霞沢岳の間でかなり時間を潰しています。

 まずは、テント場の奥の道をそのまま進んで行きます。 
 進んで行くとやがて本道と合流します。この道は、上高地から登って来る時に徳本峠と分岐していた道になります。ここからさらに樹林帯の道を進んで行きます。わかりやすい道で暗がりでもそれほど問題なく進んで行けました。やがて急登になってこれを登り切ったところにジャンクションピークがあります。特に頂標はないと思っていたのですが、帰路に足元に壊れかけた看板があるのを見つけました。

 ジャンクションピークは南側に開けていて、まだ真っ暗だったこの時間は見事な星空が広がっていました。山で見る星空は、見える星の数が多くて本当に迫力があります。

【樹林帯の道を進む(下山時)】

【ジャンクションピーク(下山時)】

【木の根もとに置かれた壊れた頂上碑(下山時)】

【夜明け前は見事な星空が(下山時)】

【よく整備された道(下山時)】 
 ジャンクションピークからは一旦下って行きます。徳本峠と霞沢岳の標高差はそれほどではありませんが、このアップダウンがありますので、標高差に比べると当然ハードになります。特にジャンクションピークは、往路で力を使い切ってしまうと、帰路の登りがなかなかハードになると思います。

 ジャンクションピークから下って鞍部に達した後もひたすら樹林帯を進んで行きます。このあたりから夜が明け始めて、樹林帯の左奥に徐々に高峰が見えるようになって来ます。同時に地平線が徐々に赤く染まって来ています。ずっと樹林帯を歩いていると思っていましたので、当初は特に御来光は考えていませんでした。

【徐々に近づく高峰】

【夜明け前の稜線】

【夜明け前のジャンクションピーク】

【見事な御来光】

【夜明けのK1峰】

【徐々に現れる穂高の山々】

【トラバース道に注意して進む】 
 徐々に道が登って来るようになります。振り返ると御来光が眺められそうでしたので、休憩を兼ねて待機することにしました。ザレた道の中途であまり落ち着ける場所ではありませんが、ピークでない割には眺めはなかなかだったと思います。ジャンクションピークの左手から昇る御来光をしっかり見ることができました。

 その後順調に進んで行くと、左手に聳え立つ峰が見えて来ます。これがK1峰のようで、ちょうど夜明けの太陽を受けて斜面が紅く染まっていました。このあたりは、岩のごつごつしたようなトラバース道がありますので、注意して進んで行きます。

【逆光のジャンクションピークへの稜線】

【K1山頂より霞沢岳とK2】

【K1山頂から 左奥は笠ヶ岳 中央より穂高の山々 手前は六百山】

【霞沢岳方面の眺め】 
 トラバース道を過ぎるといよいよ急登になります。岩のごろごろしたような道もありますので、慎重に登って行きます。登りではどちらにしても急登ですからペースが上がらないとは思いますが。

 この急登を登り切るとK1山頂に到着です。穂高の眺めは本当に見事ですが、先にも書きましたように早い時間帯だと穂高の山々が陰に隠れてしまっているので、休憩をして少しだけ写真を撮ったらそのままK2山頂を目指します。鞍部への急な下りがあります。若干手を使わざるを得ない岩場や、乗り越えなければならない箇所もあります。特別危険なことはありませんが、樹林帯の道が歩きやすかったので手強く感じます。 

【K2と左奥に霞沢岳】
 
【K2山頂からの眺め】

【霞沢岳と雲海】 

【霞沢岳へ】 
 下って登り返して行くとK2に到着です。ここも完全に開けていますので展望は見事です。K1とどちらが展望が優れているのかなと思ったのですが、だいたいロケーション的には変わらないでしょう。強いて言えば、K1の方が近くて迫力があり、K2の方が広範囲に見えるという感じでしょうか。大きな差はないでしょうね。

 K2からは写真を撮ったらそのまま霞沢岳に向かいます。K1K2と標高があまり変わらないせいか、離れた場所で見るとあまり存在感がなかったのですが、やはり近づくとどっしりとした姿をしています。 

【ハクサンフウロ】

【黄色い花】

【こじんまりとした山頂】
 この間も一旦下った後に登り返して行くことになります。K1以降はそれほどの標高差があるわけではないのですが、3つのピークを往復するとそれなりに登り下りするので、なかなかハードになると思います。ちなみに、霞沢岳直下にはまばらですが花も見ることができました。

 最後登り切れば霞沢岳山頂に到着です。あまり広くはありませんが、ハイマツ帯に少し入った場所も入れればそれなりの広さとも言えるかもしれません。目的地に到着いたしましたので、ここからはゆっくり景色を楽しんだり写真を撮ることにします。

【見事な穂高方面の景色】

【頂上碑】
 霞沢岳山頂はK1K2と同様にパノラマの景色が広がっています。ただし、北にはK1K2などのピーク、南にはなだらかな稜線を抱えているのでこの方向の山は山裾までは見ることができません。それでも、どの方向にも名だたる山が見えるのは素晴らしいです。

 北側は穂高の山々や笠ヶ岳、やや左手に焼岳を眺めることができます。南方に目を向ければ東寄りから八ヶ岳連峰、南アルプスとその合間より富士山、中央アルプスや乗鞍岳や御嶽山などを眺めることができました。北アルプスとはいえ最南端にありますので、他の北アルプスの山とはかなり見える山が違ってきます。

【焼岳と笠ヶ岳】 

【左奥の南アルプスと右奥の乗鞍岳】 

【焼岳】 

【焼岳 北峰と南峰】 

【北岳の隣に富士山】 

【南アルプスの山々】 

【乗鞍岳】 

【常念山脈】 

【笠ヶ岳】 
 
【光の当たって来た穂高の山々】

【笠ヶ岳から常念山脈までの眺め】

【斜面のお花畑】
 霞沢岳で展望を楽しんだ後は、ゆっくり戻って行きます。夜明け後にK1に登った頃に比べると穂高の山にも光が当たるようになって来ました。あまり遅い時間になるとガスが上がって来たり、雲がかかることもあるでしょうから、なかなかタイミングが難しいものです。

 K2K1に戻って行く途中では次々と霞沢岳に登って行く登山者とすれ違いました。やはり、泊まっていた方が多かったので、登る方も多かったです。以前に比べると登山者も随分増えたとか、それでも人気の名峰に比べれば静かなものかもしれません。

【霞沢岳に別れを告げて】 

【穂高とK1】 

【K1山頂】 

【西穂高岳〜奥穂高岳〜前穂高岳】 
 
【西穂高岳】

【ジャンダルム〜奥穂高岳】

【前穂高岳】 

【K1山頂の岩に付けられたペンキ】
 K1にゆっくり登り返した後も、山頂でもうしばらくのんびりすることにします。これだけ天気が素晴らしいとどうしても名残惜しくなってしまいます。特に穂高の山々に光が当たってちょうど良かったのはこの頃でしょう。ただし、雲が少しずつ出て来たのもまたこの時間帯でした。

 山頂での景色を十分楽しんだら下山開始です。最初は急な下りになりますので、ザレた道を慎重に下って行きます。その後は、樹林帯の道を歩いて行きます。ジャンクションピークをがんばって登り返せば徳本峠まではもうそれほどはかかりません。

【見事な穂高の眺め】

【奥穂高岳をズーム】

【雲も出て来て穂高の山々も見納め】

【トリカブト】
 徳本峠に戻ったらテントを撤収して上高地へ下山です。霞沢岳〜K1あたりでのんびりしていたので、結構後から登って来た方々に抜かれたのですが、それでもあれだけ出発が早かったので戻って来たのもかなり早い方だったのでした。

 徳本峠からはテントを担いで重くなっていますが、道は歩きやすいので順調に下って行きます。お昼近くになっていたことから観光客で賑わう中を戻って行きました。上高地にはお昼過ぎに到着しました。今回のルートは日帰りで行けなくもないですが、やはり徳本峠泊としたことで、早朝の素晴らしい景色を見ることができたのだと思います。また、2日間とも余裕を持って行動できたのも良かったかなと思います。標高などを見てもどうしても地味なイメージになってしまう霞沢岳ですが、本当に素晴らしい山でした。

【8月で紅葉!?】
 
【カラフルなテント場】

【河童橋には大勢の観光客が】 

【上高地バスターミナルへ】 


山行記へ戻る

ホームへ戻る