きたほだかだけ
 北穂高岳
  登山日: 2013年5月25日(土)〜5月26日(日) 
  標高:3106m(北穂高岳)   標高差:上高地から約1600m


 5月25日(土)    上高地 7:00 → 明神 7:50 → 徳沢 8:50
   横尾 9:55(〜10:15) → 本谷橋 11:15 → 涸沢 13:10
 
 5月26日(日)   涸沢 4:20 → 北穂高岳 6:20(〜7:40) → 涸沢 8:30(〜10:00)
    本谷橋 11:00 → 横尾 11:45 → 徳沢 12:40(〜50)
   明神 13:30(〜40) → 上高地 14:30

 

 本日から1泊2日で北穂高岳に登ります。と言っても結果としてこうなったのであり、実際は2泊3日で奥穂高岳を考えていたのでした。天候など諸々の要因で1泊2日に切り替えて登る山も北穂高岳にしました。なお、北穂高岳も記録はいくつも見て一応ルートも取ってあったので行き当たりばったりではありませんでしたが、GWの記録を見た限りでは少し厳しいかなという思いがありました。GW以来、雪もほとんど降ることなくトレースがきれいに残っていて、結果としてはかなり登りやすくなっていました。GWの北穂高岳とは実質別の山と言っても良いのかもしれません。

 上高地は昨年8月以来となります。それも昨年訪れたのはその1回だけでした。訪れる人が多いのと、険しい山が多いことから少し足が遠のいていたようです。

【市営第三駐車場(さわんどバスターミナル駐車場)】
 
【道路をくぐってさわんどバスターミナルへ】
 今回もいつものように市営第二駐車場に駐車することを考えていましたが、様相が変わっていて、事前に調べたところさわんどバスターミナルができてその駐車場がお勧めということでした。場所は、市営第二駐車場に入る手前の公衆トイレのところを右に入るだけでほとんど場所は変わりません。これだと市営第二駐車場は不便だなと思ったら、こちらには以前の沢渡中バス停がさわんど足湯公園前というバス停としてそのまま残っていました。

 バスは20分おきに出ています。混みあっている様子もないですし、この日は涸沢までですのでゆっくり準備をして地下をくぐってバスターミナルに出ます。ゆっくりするつもりが、今なら前のバスに乗れるよということで、慌てて乗車券を買って乗り込むという状況でした。早く着いた方がいいことには変わりないので、これはこれで良かったです。

【バスの中よりコンデジで焼岳】

【バスの中よりコンデジで穂高連峰 走っている中でよく撮ったと思いますが白とびが残念でした】

【御馴染みの上高地バスターミナル】 
 この日は素晴らしい天気で、バスの中からも焼岳や大正池越しの穂高の山々をくっきりと見ることができました。大正池越しの穂高の山はバスから降りてゆっくり撮ってみたい景色ですね。走りながら撮った割にはよく撮れていました。

 御馴染みの上高地バスターミナルに着いたら準備をして出発です。かなりひんやりとしていましたが、すぐに暑くなるだろうということで、あまり厚着はせずに出発します。まだ人も少なく梓川沿いの遊歩道歩きは景色も素晴らしくて良かったです。河童橋までは間もなくです。それなりに人はいましたが、まだこの時間帯では少ないです。河童橋については、出発時の朝は少なく昼過ぎの帰りは大にぎわいというのはいつものことですが。

【梓川と穂高の眺め】

【気持ちの良い遊歩道歩き】 

【穂高の峰と河童橋】

【河童橋へ】
 河童橋に付いたら少し写真を撮ることにします。まだたいした距離は歩いていないのですが、今年初めてのテント泊で半年ぶりであったのと、夏山のテント泊+冬装備を持っていたのでかなり重くて少し歩くだけでもなかなか大変でした。かなり暖かくなっていて防寒装備を減らせたから良かったものの、もう少し寒い時期のテント泊は重さ的にもザックの容量的にもかなり厳しいような気がしました。

 早朝は空気がひんやりとしていたせいか、心なし展望がクリアだったように思えました。
 その後は、まずは明神に向かって歩いて行きます。慣れた道でもやっぱりこの横尾までの道は長いですね。あまり単独であることは気にしないのですが、このような道に限ってはみんなでわいわい話をしながら歩けばあっという間なのでしょう。

 今回の山行の特徴は、とにかく登山者が少なかったことでしょうか。GW明けで、夏山前という中途半端な時期だったせいか、この山域にしては本当に人が少なかったです。朝も観光客はそれなりにいましたが、登山者はほとんど見かけませんでした。いつもこのあたりでは、他の登山者に次々に追い抜かれているイメージがありましたが、今回はそれが全然ありませんでした。
 
【朝はさすがに静かです】

【河童橋脇より梓川と穂高連峰 奥穂あたりでしょうか】

【山をズーム】

【樹林帯へ】  

【川の流れを見つめて】
 
【明神】
  
【徳本峠分岐】

【明神岳を見上げて】

【ニリンソウの群落と梓川の流れ】

【広範囲に咲き誇っていたニリンソウ】

【角度が変わって前穂あたりも見えて来たでしょうか】

【徳沢へ 気持ちの良いテント場が広がります】
 
【徳沢園】
 まずは明神に到着です。ちょっとだけ肩を休めたらそのまま徳沢に向かいます。見事な明神岳が見えていて、雪は結構溶けているようでした。このあたりの景色を見る限りでは涸沢に入った時の豊富な雪は想像が付きませんでした。

 その後驚かされたのはニリンソウの群落でしょうか。とにかく広範囲に渡って白い花が咲いていて見事でした。まだ光があまり当たっていない時間帯だったので、帰路に余裕があったらじっくり眺めることにして先に進みました。明神から1時間弱で気持ち良さそうな芝生の広がる徳沢に到着です。
 
【新村橋】 
 
【デブリ跡にはまだ雪も】
 
【梓川の流れ】
 実は2泊3日を1泊2日に切り上げた時に隣のテントの方に勧められたのは、徳沢でもう1泊することでした。結局、バスが間に合いそうだったので帰ったのですが、その方は余裕があればここで1泊してのんびり過ごすのが好きなのだそうです。この時期であれば、昼間も夏よりは過ごしやすそうですし、1日のんびりするのもいいかもしれません。

 徳沢でも少し休憩をして横尾に向かいます。先はまだ長く中間点とは言えませんが、横尾で少し長めの休憩をするべく、他の場所では最低限の休憩としました。全くしないとどんどん肩が痛くなるのでなかなか加減が難しいところです。

【ようやく横尾へ】 

【横尾山荘】 
 
【横尾大橋と屏風岩】

【左奥は前穂あたりでしょうか ここからの眺めも見事です】

【橋を渡って涸沢へ】

【最初は雪のない道が続く】
 横尾で少し長めの休憩を取りつつ穂高の眺めを楽しみます。登山者が少ないため、というよりテント装備を背負っている人を全然見かけなかったので、テント場に困ることもないだろうなと思ったのでした。お盆や紅葉の時期の涸沢でもない限りは張れなくなるということはないとは思いますが。

 十分休憩を取ったら涸沢へ向けて出発です。最初はここまでの道と同様に雪のない道が続きます。歩いているうちに少しずつ雪が現れて来ます。岩峰を眺め、遥かに見える北穂高方面に思いを馳せながら所々で雪の上を歩きつつ本谷橋に到着です。

【岩峰鋭い山】

【北穂高岳方面】

【雪渓を渡って進む】

【本谷橋】
 
【目印も】
 少し前の記録を見るといつ本谷橋を渡ったのか気付かなかったという記録を見ましたが、この時はすっかり露出していました。雪が溶ける前はここも完全に埋まって完全に川の上を歩くような感じなのでしょうか。ここでは休憩している方が多かったので、合わせて休憩を取ることにしました。実際のところ、この後は完全に雪道になるのでなかなか腰を落ち着けて休憩できる場所はありません。また、結果としては長いトラバースが続くので休憩しておいて良かったと思います。

 休憩をしたら出発です。最初は目の前の急登を九十九折れに登って行きます。
 その後はひたすらトラバース道が続きます。これが、肩幅程度しかないうえに右側が急斜面になっているので、かなり慎重に歩かざるを得ませんでした。テント装備だったのでなおさらでしょう。久々に担いで辛かったですが、あまりふらふらはしていなかったので良かったです。

 ここはアイゼンを装着している方もいましたが、雪は程々の硬さだったのでそのまま向かいました。幅が狭いので、アイゼンを装着したらしたで引っかけにはかなり注意をした方がいいかもしれません。このあたりは、雪がもっと多い時期であれば川沿いを歩けたのでしょうかね。 

【高度感のあるトラバース】

【絶景が広がるも足元は慎重に】
 唯一の救いは高低差があまりないことでしょうか。慎重に歩いて徐々に奥地に高峰が見えて来ます。最後緩やかな斜面を下って沢沿いの道になります。

 ここからは、緩やかに登って行きます。雪の真ん中を歩くので特に危険箇所もなく、ひたすら登って行くことになります。登りは続きますが急ではないのでしんどいですが比較的歩きやすいと思います。ところどころに岩が転がっていたので、落石がある時は注意した方がいいかもしれません。徐々に奥穂〜涸沢槍あたりが見えて近づいて来ます。正面に涸沢ヒュッテの雪山が見えて来て、それを回り込むと涸沢ヒュッテに到着です。 

【トラバースを終えて沢沿いの道へ】

【一旦下った後は緩やかに登って行く】

【急登と見え始めた奥穂方面】

【奥穂〜涸沢槍の眺めが近づいて】

【正面は翌日に登ることになる北穂高岳】
 
【涸沢ヒュッテ】
 当初2泊で予定していたので2泊でテント場の受付をしました。結果論ですが、とりあえず1泊にして、もう1泊することに決めてからでも良かったかもしれませんね。

 ヒュッテから少し上がり売店を抜けて行くと手前からテント場が広がっています。まだ4〜5張程度で、手前の他の方が張った後の場所を利用しました。ただし、テント周りの雪が溶けて中央が盛り上がっていたので、シャベルで平らにして張りました。実は雪上テント泊は初めてで、近くの方の張り方を見よう見まねでやっただけなので、偉そうなことは言えませんね。

【自分のテントと稜線に雲がかかり始めた穂高の山々】

【北穂高方面と麓は涸沢小屋 北穂高岳へは右手の雪渓を詰めて行く】

【宿泊客で賑わう売店】
 テントを張ったらペグを埋めます。実は割り箸で作ったペグを持って行ったのですが、近くの方が普通のペグを雪の中に埋めていたので、それでいいのかと思って自分もペグを埋め込みました。これが大失敗で、その時は雪を踏み固めてばっちりと思っていたのですが、翌日雪が溶けて来るとあっさり抜けるような状態で、風が強かったらテントがあさっての方向にあったかもしれません。2日間とも昼間はほとんど無風でした。

 ちなみに今回ほとんど夏用の装備で済ませていますが、銀マットをやめて厚めのマットに替えました。マットの上は快適だったのですが、やはりマットのないところが下の雪の影響をかなり受けるので銀マットも必要だなと思いました。
 最近の気温とこの日の予想気温を見て、涸沢ではまず氷点下になることはなさそうだったので、防寒対策は夏山+ダウンを着る程度にしました。シュラフも夏山用のものです。多少寒いかなとは思いましたが、十分寝られたので問題なかったのでしょう。このへんで省けたのがなんとか今のザックで足りた要因だと思います。

 設営が終わったら日没まで時間があるのでのんびり過ごすことにします。残念だったのは、この前後から急速に雲が広がってしまったことでした。

 実は、重いのを覚悟で簡易的な軽いものですが三脚を持ってきたのに、夕方から朝にかけてが曇っていたために出番がなかったのでした。この三脚でも、雪の上なら安定すると思ったまでは良かったものの、結局皮算用で終わりました。

【絶景を背景にのんびりと】 

【生ビールおでんセット】
  売店付近は賑わっていて、自分も生ビールとおでんのセットをいただくことにしました。曇ってきたのでちょっと寒かったですが、暖かかったら最高のロケーション、環境だったと思います。あまりお腹もすいていなかったので、結局これを夕飯としました。

 その後天気予報を確認したいと電波の届くところを探すも、きちんと入らなかったので断念して寝床についたのでした。ちなみに隣の方はガラケーできちんと入ったとのことだったので、スマホとの明暗が分かれてしまったようです。

【夕暮れのカール】

【日没直後の稜線を眺めて】
 

【早朝の北穂方面を見上げて】 
 2日目の朝を迎えます。実は2日目の予定は、モルゲンロートに染まる夜明けの稜線を眺めた後に奥穂に登る予定でした。しかし、前日の夕方から空を覆っていた雲が朝になっても晴れなかったため、夜明けの景色を眺めるのは無理そうでした。実際、明るくはなって行きますが、しばらくは雲に覆われたままで、北穂高岳付近でテントを張った方も御来光は見えなかったそうです。

 夜がすっかり明けてからですと、雪が緩んで急傾斜が上部まで続く北穂高岳は厳しいと思っていたのですが、夜明けの景色を諦めて早い時間から登るのであれば、まだ雪が締まって登りやすいはずです。結局、目標を北穂高岳に変更して登ることにしました。

【最初からそれなりの登りが続く】

【徐々に急傾斜に】 
 まだ暗い時間帯でしたが、既に結構上の方まで登っている方もいればこれから出発する方もいました。見ているとほとんどの方が北穂高岳に向かっているようでした。足元が見えるくらいに明るくなった頃に準備が完了したので出発です。

 まずは、涸沢小屋の右手の斜面に取り付きます。このあたりは、大々的に除雪をしていて大きな穴ができていますのでそれを回り込むように進んで行きます。雪は締まってはいますが、若干足を取られる感じで歩きやすいとまでは言えない状態でした。荷物も軽いですし、歩き始めですので最初は比較的順調に登って行きました。
 ちなみに装備は最初からアイゼンとピッケルです。テント場から同じ装備で登り下りできるのはサブザックしかない身にとっては助かります。アイゼンはある程度登ってからでもいいかもしれませんが、正直なだらかな場所があまりないので、最初から装着するのがわかりやすいと思います。

 ある程度登って行くと下から見た時に斜め左上に登って行く急傾斜にぶつかりました。ここからは心してと言いたいところですが、逆にトレースが明瞭になってステップがきれいに切られていたので、むしろそれまでよりも歩きやすいくらいでした。ただし、それなりの傾斜がありますので、慎重に登って行きます。

【涸沢ヒュッテを見下ろして】

【雲間に夜明けの太陽】

【ゴルジュ帯で若干傾斜が緩んで】 
 やがて地図上でゴルジュ帯になっている場所に出ます。ここは記録でも見たように傾斜が緩やかになっており、休憩するにはちょうどいい場所でしょう。そして、雲に隠れていた太陽も一部が現れて少しずつ明るくなって来ました。この状態では、夜明けを下で待っていても見られなかっただろうなと思ったのでした。

 さすがに疲れて来たので、このあたりで少し休憩することにします。付近を歩いていた方々も同じようで、思い思いの場所で休憩をしていました。先を見ると、この直前の急登よりもさらに急な斜面が続いているようでした。不安はありますが、直接見て見ないことにはどれだけ急傾斜なのかがわからないですね。

【この先のルートを見上げる 左からぐるっと中央に回って行く】

【前穂高岳】

【急斜面を見下ろして】

【右に折り返してコルに突き上げて行く まだ少し距離がある】

【きれいに残っているステップ】
 少し休憩をしたら先に進みます。前方を歩いている方が急斜面を登るのにかなり苦労をしていて、これは厳しいかなと思ってのですが、その左手にきれいにステップの切られたトレースがあったので、無事登って行くことができました。

 この右に折り返したあたりからは結構な急傾斜ですが、一歩一歩階段を登って行くような感じでした。GWあたりは、このあたりの雪が多くて、しかもトレースもきちんとついていなかったので、まさにもがくようにして進まざるを得なかったのだと思います。ステップの残り具合といい、雪の締まり具合といいちょうどいいタイミングで登ることができたのでした。下りの時には緩んで少し滑りやすくなっていましたので、登る時間もちょうど良かったのでしょう。 

【最後の急登 中央右奥のコルへ】


【振り返ると急斜面】
 突き上げて行くと、まだまだ先に急登が待ち受けています。このあたりでは、北穂高岳付近に泊まった方達とすれ違うようになりました。もう一息ですよと言っていただいた通りここが最後で、ようやくコルに突き上げることができました。

 コルからは雪がなくなってむき出しの岩場が続いています。この後再び雪道を歩くと思ってアイゼンを装着して登って行ったのですが、なんとこの岩場を少し登ったところが北穂高岳山頂でした。知っている方は、このコルに出たところでアイゼンを外していたのでした。ひたすら登って来ましたが、最後はあっさりと山頂に到着することができたのでした。
 
【突き上げたコルと前穂】

【山頂へ】
 山頂からは見事なパノラマの景色が広がっています。ちょうど隣のテントの方とほぼ同じタイミングで登って来て山頂でも一緒でしたので、写真を撮り合いました。山頂でのんびりとも思ったのですが、槍を見るには北穂高小屋の方が良さそうでしたので、小屋に下って行きます。小屋から上がって来た方がアイゼンはいらないということでしたので、アイゼンを外して小屋に向かいました。

 小屋の前からは見事な景色が広がっています。目の前が大キレットですので、大キレット越しの槍ヶ岳は本当に素晴らしかったです。

【北穂高岳山頂】 

【頂上碑と槍ヶ岳】

【前穂〜奥穂の眺めと南峰】 

【笠ヶ岳〜槍ヶ岳】 

【大キレット越しの槍ヶ岳】

【北穂高小屋】
 驚いたのは大キレットを縦走して行った方がいたことで、稜線の雪はもうなさそうではありました。傾斜が急なためにあまり雪が付かないということでしょうか。小屋から見ているだけでも結構な高度感がありました。

 結局山頂にいた時間も含めると1時間は軽く超える時間を過ごしていたことになります。山座同定をして1山1山確認する作業が結構楽しかったです。日が昇って来て少しもやっとした感じですが、山そのものは明瞭に見えていて、本当に素晴らしい景色だったと思います。早朝こそ雲に覆われていましたが、日が昇るに連れて見事に晴れてくれたのでした。

【槍ヶ岳と常念岳に連なる稜線】 

【笠ヶ岳〜抜戸岳】 

【笠ヶ岳】

【槍ヶ岳】

【黒部五郎岳〜双六岳〜三俣蓮華岳〜薬師岳】

【手前は蓮華岳 奥は白馬岳〜鹿島槍ヶ岳】

【槍ヶ岳をズーム】

【鷲羽岳〜水晶岳〜野口五郎岳】

【穂高の山々と登って来たルートを見下ろして】

【奥穂〜ジャンダルム】

【ジャンダルム】

【急斜面を下る】

【最初が特に傾斜がきついです】
 涸沢では僅かな電波しか入らなかったスマホですが、ここではきちんと電波が入りました。翌日のこの山域の天気予報は一応は晴れでしたが、雲の多そうな天気でした。それに加えて、思ったよりも早く山頂に到着できて上高地までなんとか戻れそうだったこともあり、この時点で1泊で切り上げることに決めたのでした。2泊を前提にテント内は広げっぱなしでしたので、片づけは大変だなどと思っていたのでした。

 同じ時間帯に登って来た方達がすっかり下山した頃、ゆっくり下山に取り掛かります。さすがに1時間半弱もいればみなさん下山を開始していますね。
 上から見るとやはり急斜面であることがわかりますが、それなりの方が登って来てきれいにステップはできていますので、慎重に下れば特に問題はないと思います。ただ、雪が緩み始めてアイゼンでもやや滑るのには参りましたが、踏み外す程ではなかったと思います。

 ゴルジュ帯あたりまで戻ったら、部分的にシリセードを使って下って行きます。ちょっと急かなと思うところもシリセードで滑って、先に下った人を追い抜いてしまう程でした。雪質と斜度は問題なかったのですが、思ったよりも凹凸があって勢いが付きすぎてしまったのは反省点でした。ただし、一気に滑って来ると気持ちがいいですね。結局、最後は2つ奥のテントの方と合流して歩き、1時間弱で涸沢のテント場に戻って来たのでした。 

【緩み始めた雪】

【下って来たルートを振り返る】

【朝は大きな穴に見えた場所は除雪中】 
 テント場に戻ったら片づけを開始します。テントに戻ったらすぐに撤収をするような場合は、ある程度片づけをしておくのですが、当初その予定はなかったので、結構テント内の片づけだけで時間がかかりました。その間に今回北穂の登り下りで偶然近くを歩いてよく話をした、隣とさらに奥のテントのそれぞれ単独行の2人の方が挨拶をして出発して行きました。ちなみにこの時点では、奥のテントの方と翌週再開するとは当然思いもよりませんでした。

 結局1時間半かかってようやく下山の準備ができました。北穂から早い時間に下って来られたので、これでも上高地に向かう時間としては悪くないでしょう。ただ、登りで気になったトラバース路の状況が気になるところでした。 

【前穂方面と涸沢のテント場】

【カールの眺め】 

【奥穂へは中央付近の急登を上がって行く】 

【涸沢ヒュッテを後にして】 
 涸沢ヒュッテによってテントに付けていた札を返したら下山開始です。最初は雪渓の下りが続きますので快適です。前を歩いていた方はソリを使って楽しそうに下っていました。ソリがあってもテント装備ではさすがに無理そうでしたが。

 そのまま下って行ってやや落石の見られる場所を通過すると、緩やかに登り返した後トラバース道を進んで行きます。懸念していたように登って来た時よりも雪が緩んでいたので、特に高低差のあるところは慎重に進みました。また、この時間になると登って来る方もそれなりにいて、どこですれ違うのか悩ましい場面もありました。

【雪道を下って行く】

【下る途中で山々を振り返る】 

【落石地帯を過ぎるとトラバース道へ】 

【トラバース道は慎重に】
 トラバース道を進み九十九折れの道を下る途中何でもないところで足を少し滑らせてしまいました。転んでも支障のないところでしたが、やはり雪の上はちょっとしたことで転んでしまう可能性がありますね。

 本谷橋前に出ると、橋は塗装作業中で通れなくなっていました。その手前の雪渓を渡るようです。通れるようにしているくらいですから大丈夫なのでしょうが、下に川が流れているのがわかっているだけにどうしても慎重に歩いてしまいました。渡った後登りで休憩した地点があるのですが、いくつかのグループが休憩をしていたので、横尾まで先行してしまうことにしたのでした。

【本谷橋は作業中のため手前の雪渓を渡る】 

【塗装作業中の橋】
 比較的順調には歩いていたものの、気温がかなり上がって来たため、冬ズボンを履いた下半身が暑くて大変でした。靴もやはり平地では歩きにくく、暑さで少し蒸れていて余計に歩きにくくなっていたようです。横尾からは平坦な道が続くのですが、いつも何かしら苦労しているような気がします。

 疲れを感じつつも行きではさっと通り過ぎたニリンソウの群落をじっくり眺めたり、道中の穂高の峰々の眺めを楽しみつつ戻って行きました。とにかく、いつもの夏山と違うのは登山者の少なさで、観光客は夏山の時以上でしたが、登山者はほとんど見かけることはありませんでした。

【ニリンソウを眺めながら】 

【帰路も景色を楽しんで】 
 
【観光客で賑わう河童橋】
 河童橋はやはりいつもの帰路と同様に賑わっています。自分もここで素晴らしい景色の見納めをした後、混雑するバスターミナルに向かいました。上高地着は14時半と、思ったよりも早く到着できたのではないかと思います。ちょうど沢渡行きのバスが来て乗ることができました。

 今回は今年最初のテント泊で、かつ初めての雪上テント泊、そして事実上残雪期のアルプスデビューとなった山行で、景色に恵まれて本当に思い出に残る山行になったと思います。せっかく好天が続いているから行ってみようと思い立った山行がこれほど素晴らしいものになるとは思いませんでした。反省すべき点は来年に生かして、また来年も残雪期のアルプスの山に登れたらいいなと思います。 


山行記へ戻る

ホームへ戻る