おぜぬま・ひうちがたけ
 尾瀬沼・燧ケ岳
  登山日: 2013年6月8日(土)〜6月9日(日) 
  標高:2356m(柴安ー) 2346m(俎ー)     標高差:大清水から約1180m


 6月8日(土)    大清水 8:40 → 一ノ瀬 9:40 → 三平峠 11:30
   尾瀬沼ヒュッテ 12:50 
 
 6月9日(日)   尾瀬沼ヒュッテ 3:30 → 俎ー 6:25(〜45) → 柴安ー 7:00(〜40)
    俎ー 8:00 → 尾瀬沼ヒュッテ 10:10(〜11:40) → 三平峠 12:25 
   一ノ瀬 13:50(〜14:00) → 大清水 14:50

 

 本日から1泊2日で尾瀬に向かいます。raymariさんに声をかけていただき、先週に続いてのオフ会参加です。といってもあっぴろ登山部のメンバーは頻繁に一緒に山に登っているのであまりオフ会という感じではないかもしれません。実際、raymariさんは前週の高原山シロヤシオオフ会に一緒に参加していますし、あっこさん、ひろさん、shuちゃん、ブルーちゃんは高原山オフ会の帰路に会っていたりします。だジィはいろいろな意味で久しぶりに会ったような気がしませんでした。

 尾瀬は今回で3回目となりますが、最初は秋に尾瀬御池から、2回目はGWに鳩待峠からということで、今回の初夏の大清水からの尾瀬は季節的にも出発地点としても初めてとなります。尾瀬を何度も訪れることの意味を感じたこの週末となったのでした。

【大清水第二駐車場】
 
【休憩所と奥に第一駐車場】
 大清水までは、前回の鳩待峠と同様に関越道の沼田ICから向かいます。わかっていたとはいえ、やはり関越道沿いの山は遠かったです。今回は家で寝ずに早めに現地入りして寝ることを考えていたのですが、途中で眠くなって思うように現地に向かえず、結局5時頃に到着となってしまいました。第一駐車場はもう満車のようでしたので、まだあまり車の駐車されていなかった第二駐車場に駐車します。こちらはゲート脇を下って行ったところにあって下は舗装されていません。距離的にも早くに入って第一駐車場に駐車したいところですが、駐車可能台数が少ないのでかなり早い時間帯でないと厳しいでしょう。

 もう明るくなっていましたが、さすがに寝ずにというのは厳しすぎるので少し睡眠をとることにしたのでした。

【第一駐車場は早朝の時点で満車】

【正面がゲート そのすぐ右が第二駐車場入口】

【林道ゲート】 
 2時間程睡眠をとると、あっこさんやひろさん達も現地入りした模様でしたので、がんばって起きて準備を開始します。準備が終了したら駐車場を上がって行って休憩所に向かいます。既にみなさん準備完了でした。

 トイレに行ったら早速出発です。最初はゲートを越えて広々とした林道を歩きます。記録では林道歩きが長い、退屈だったという感想が多かったのですが、やはりこれだけの楽しいメンバーが揃うとおしゃべりをしているうちに先に進んで行きます。やはりテント装備を担いでいますので楽々というわけにはいきませんでしたが。 

【みなさんスタンバイ中】 

【大清水登山口】

【最初は広々とした林道歩き】 
 1時間程歩くと一ノ瀬休憩所に到着です。テント装備ですと、歩きやすい林道歩きでしたからちょうど休憩するにはいい頃合でしょうか。ここで、ザックを下してしばし休憩をします。この日の天気予報はめまぐるしく変わっており、実際日が出たり隠れたりの繰り返しでした。それでも雨が降らなかったというのは大きかったです。晴れ男と雨男のせめぎ合いが続いていたのでしょうか。

 しばし休憩をしたら出発です。少し林道が続いた後に狭い道になり登山道に入って行きます。ここからは本格的な登山道となりますが、木道や階段が多く続いており道はよく整備されています。

【一ノ瀬休憩所】  
 
【とりあえず一休み】  

【狭い道に入る】  
 樹林帯の道を峠を越えて行く道ですので展望はありませんが、道中の滝や新緑の木々が目を癒してくれます。行きでは曇っていたのでそれほどは感じませんでしたが、下山時は光が当たって新緑が本当に見事でした。

 本格的な登りになってしばらく登って行くと水場が現れます。ここの水は現地の水よりもおいしいそうです。持って行こうかなとも思いましたが、体力的に思った程余裕もなかったので担いで行くのはやめました。若干の冬装備があったからということにしておきましょうか。実際はただの体力不足なのですが。
 
【登山道入口】
  
【道中の滝】
 
【木道や階段が続く】 
 その後も登りが続きます。部分的にムラサキヤシオツツジが見られて見事でした。それと同時に徐々に残雪が現れて来ます。今年は雪が多いと聞いていましたが、三平峠手前あたりからはしっかり雪が出て来ました。例年この時期は雪があるそうですが、やはり例年よりも多いようです。

 雪は木道の上にも積もっているので、木道が濡れて滑ったり、木道からそれた場所では踏み抜いてしまうなど、場所によっては結構難儀しました。それでも、雪が出始めてから三平峠まではそれほどの距離はありません。ようやく三平峠に到着することができました。 
 
【おいしい水の出ている水場】 
 
【僅かにムラサキヤシオツツジ】
 
【徐々に雪が現れて】
 ここまで上がってくれば、後は尾瀬沼まで下って行くだけです。尾瀬沼ヒュッテまでは1時間も歩けば着くことができるでしょうか。ただし、試練はここからで、下りの雪の残った木道歩きはなかなか大変で、慎重に進まざるを得ませんでした。

 しばらく下って行くとようやく尾瀬沼に出ることができました。ここからは沼沿いを北上して尾瀬沼ヒュッテを目指します。木道の脇には待望のミズバショウを眺めることができました。沼の奥の燧ケ岳も見事ではありましたが、山頂付近を雲に覆われていたのが残念でした。

【rayさんと三平峠の看板】 

【三平峠にて休憩】 
 
【踏み抜きに注意しながらの木道歩き】

【尾瀬沼に到着】

【沼沿いの木道の脇にはミズバショウが】 
 
【雲に覆われた燧ケ岳】

【一面のミズバショウ】

【ミズバショウ】

【ミズバショウと尾瀬沼】
 
【分岐を左へ】

【mariさんと尾瀬沼ヒュッテ】

【燧ケ岳も見えて 右奥が俎ー】
 
【ウッドデッキのテント場へ】
 そのまま沼沿いの木道を歩いて行きます。途中一面のミズバショウが見られて素晴らしかったです。少し写真を撮った後、まずは尾瀬沼ヒュッテを目指しました。

 ヒュッテのテント場は完全予約制になっています。午後1時から受付開始ですので、少し待って受け付けをしました。その後、テントの設営に向かいます。初めて尾瀬に来た初日にテントを張ったこのテントサイトですが、このウッドデッキは本当にテントが張りやすくて素晴らしいです。ある程度固まった区画を確保して各々テントを設営します。だジィのドマドームは前室が広くて快適そうでした。みなさん興味津々でしたね。

【ドマドームに興味津々】

【ミネザクラ】

【終わりがけでしたがなかなか華やかでした】

【売店にてちょっとお買いもの】
 テントの設営後は宴会をする前に少し付近を散策します。ヒュッテ前のミネザクラは終わりがけでしたがそれでもなかなか鮮やかでした。

 売店に移動していろいろ見て回ります。その後は付近を少し歩き回って、ミズバショウや尾瀬沼、沼越しの燧ケ岳をのんびり眺めて回りました。ミズバショウはそれなりに見られればいいなという程度でしたので、これだけ一面に咲くミズバショウが見られて本当に良かったと思います。図らずも初夏の尾瀬を堪能できたのではないでしょうか。

【尾瀬沼越しの燧ケ岳】

【一面に咲くミズバショウ】

【ヒメイチゲ】
 ミズバショウの他、ヒメイチゲやリュウキンカもなかなか見事でした。しばし散策をした後、テント場に戻る前にヒュッテに向かいました。ここで飲めるメンバーは生ビールをいただきました。やはり、山で飲む生ビールは最高でしたね。この夏もアルプスでおいしいビールが飲めるといいですが。

 その後はテント場に移動して宴会です。夜は肌寒くなって来ましたが、遅い時間まで楽しい宴会は続きました。電波が入らず最新情報が手に入りませんでしたが、翌日はほぼ晴れる予報でしたので、きちんと起きられたら燧ケ岳に登ることにして床に入ったのでした。

【リュウキンカ】

【シラネアオイ】 

【インパクトのある大きな葉】

【何度も取ってしまう一面のミズバショウ】

【尾瀬沼まで続く】

【この日最後に撮ったミズバショウ】

【どんよりとした空も燧ケ岳はよく見えて】

【生ビールをいただいて】
 
【お約束の乾杯】
 

【早朝の燧ケ岳 感度の関係で粗いです】  

【早朝の撮影をしている方が奥に 三脚を持ってのんびり写真を撮っていたい景色】

【右手の長英新道へ】
 2日目の朝を迎えます。お酒も入ったので起きることは無理かなと思っていたのですが、なんとか3時過ぎには起きることができたので、予定通り燧ケ岳に登ることにしました。ささっと準備をしたつもりでしたが、隣のshuちゃんブルーちゃんは起きてしまったようで、トイレに寄った後、トイレに起きたshuちゃんに見送られての出発となりました。

 早朝の尾瀬沼は神秘的で、霧がかかった景色は本当に素晴らしかったです。若干明るくなってはいたものの、この明るさでは三脚なしではまともな写真が撮れなかったのは残念でしたが、その目には素晴らしい光景が焼き付けられたのでした。三脚を持って写真を撮って歩いていた方がいましたが、それもまたいいなと思いました。

【樹林帯はまだまだ雪道】

【場所によっては地肌が露出して】

【朝陽を浴びた木々】
 木道を進んで行き、やがて長英新道分岐がありますので入って行きます。若干明るくなってきていたとはいえ、さすがに樹林帯に入ると真っ暗になります。雪のない時期に1度歩いているので、雪があればトレースがあるだろうし、なければ道がよく見えるだろうと軽く見ていたのですが、これが暗がりではわかりにくくて難儀しました。実際は、一定間隔ごとに目印があるので、それを追えば問題ないのですが、この明るさではそれが見えなかったのでした。

 1回道を間違えてしまいましたが、軌道を修正後再び進んで行きます。
 明るくなって来ると目印が見えて来ますので、問題なく進んで行くことができました。登山道は一部の日当たりの良いところ以外は大半がまだ雪道になっていました。正直もう少し雪が残っている方が歩きやすかったと思います。このような状態であることはわかっていたので仕方のないところですが。

 稜線にそろそろ出るというころになると朝陽が射してきてかなり明るくなって来ました。稜線に乗った後も樹林帯の道が続きます。この日の朝は結構気温が下がっていたこともあって雪が締まっており、アイゼンなしでは登りにくかったです。特に、ステップが切られていたあたりは、片っ端からシリセードされていて、そのまま固まってしまっていたので歩きづらくなっていました。

【雪道の急登】

【ようやく見えた俎ー】
 軽アイゼンは持ってはいたものの、この後外す必要があることがわかっていたので、少なくとも登りでは装着しないことにしたのでした。

 やがて、俎ーが見えて来ます。さらに登って行くとミノブチ岳の見晴らしのいい場所に出ます。ここからは早朝の尾瀬沼を見下ろすことができました。もう少し早い時間に訪れることができれば、尾瀬沼を覆う霧を見ることができたのでしょうか。一方で、俎ーに目を転じると青空とのコントラストが見事で素晴らしい景色を眺めることができました。

【やや霧がかかった尾瀬沼と奥は日光白根山】

【早朝の尾瀬沼】

【右奥が俎ー】

【雪渓を渡って取付く】

【道中からの柴安ー 最後の急登は壁に見えます】
 このあたりの登山道の雪は溶けていたのですが、俎ーへの取り付きの手前に雪渓がありますので、ここをトラバースして行きます。斜度も緩やかですので、やや雪が締まってはいますが問題なく通り過ぎて行きます。雪渓を渡ったあたりから俎ーへの急登になります。このあたりからは柴安ーが見えたのですが、聞いていたように最後の急登は壁のように見えたのでした。正直、この時期の気を付ける箇所はこの最後の急登に絞られるかもしれません。

 俎ーへの急登は久しぶりの岩場で少し不慣れなところもありましたが、思ったよりも早く山頂に到着することができました。迷ったりだらだらと写真と撮った割にはいいペースでした。

【急登を登って行く】

【岩場を登ってもう一息】

【俎ー山頂】
 山頂からは素晴らしい景色が広がっています。先ほども見下ろした尾瀬沼とその先にある日光白根山や、北側には会津駒ケ岳、そして柴安ーと至仏山を眺めることができました。

 さて、柴安ーへと言いたいところですが、実は、この時には既に途中でサングラスを落としたことに気付いていたために、柴安ーをどうするのか悩んでいたのでした。当初は柴安ーに登った後は見晴に下りるつもりでいたので、直前の急登は登るだけで済ませられます。しかし忘れ物探しのためにピストンとなるとここを下らなければなりません。ぐるっと回った後に探す手もありますが、恐らく下の方で落としたとはいえ、結構登ったところで落としている可能性も考えれば非現実的です。結局そのためにピッケルを持ってきたのだということでピストンすることにしたのでした。

【俎ーの雪渓と尾瀬沼を見下ろして】

【尾瀬沼と先ほど尾瀬沼を見下ろしたミノブチ岳】

【会津駒ケ岳 こちらもまだ雪は多く】

【柴安ーへ続く急登と左は至仏山】

【急登を見上げて 鍵は最後の急登】

【中間点より最後の急登を見上げる】 
 まずは鞍部まで下って行きます。下って雪の出てくるあたりで装備をピッケル&軽アイゼンに変更しました。前を歩いていた方は、ピッケルも持っていたのに何も出さずにノーアイゼンで登ってしまいましたが、自分のスキルではさすがに厳しいので万全を期します。

 中段の笹が出ているところあたりまでは問題ないかなと思っていたのですが、このあたりもがんがん踏み抜いて大変でした。最後の急登はよくステップが切られていたのは幸いでしたが、急速に雪が溶けていてもろそうだったのが気になるところでした。ただし、登りでしたので特に問題なく登って行きます。最後緩やかな雪道を進むと岩場に当たり、それを少し進むと柴安ーの山頂に到着です。 

【急登を登ったところから俎ーを振り返る】

【頂上碑】 
 山頂からは見事な景色が広がっています。少し尾瀬ヶ原に近い場所に移動して景色を眺めていました。尾瀬ヶ原と至仏山の組み合わせはもちろん素晴らしいのですが、越後の山々もまだまだ白くて存在感抜群でした。このあたりの山はだいたい2000m前後ですが、豪雪地帯だけあって積雪量もかなり多いということでしょう。

 山頂での素晴らしい景色にサングラスのことはしばらく忘れていましたが、回収して戻ることを考慮して、下山に取り掛かります。

【至仏山と越後の山々】
 
【至仏山と尾瀬ヶ原】

【少しズーム】 

【日光白根山】 

【至仏山】 

【雪もすっかり溶けた景鶴山】 

【荒沢岳】 

【越後駒ケ岳】 

【中ノ岳】 

【平ヶ岳】 

【巻機山でしょうか】

【中ノ岳〜越後駒ケ岳〜荒沢岳の昨秋縦走した山々】

【尾瀬ヶ原】
 
【越後のまだ白い山々】

【この景色も見納め】

【山頂の岩場】 
 急斜面の下りは一歩一歩慎重に下って行きます。実際のところ、そこまで極端な斜度ではなく、後ろ向きになるほどではないのですが、登った際に思ったようにステップがもろくて歩きづらく、踏み込んで大丈夫か確認しながらの下りとなりました。このあたりはもう少し寒く雪の締まった時期の方が楽なのでしょう。雪の締まった時期に12本でざくざく下ってしまえばあっという間に下ってしまえそうです。

 鞍部まで慎重に下った後は、ピッケルと軽アイゼンをしまって俎ーに登り返して行きます。登り返した後は、山頂では休憩せずにそのまま下って行きます。

【至仏山〜柴安ー〜越後の山々の眺め】

【雪渓を登るグループも】

【ナデッ窪分岐】
 素早く下って行くわけですが、道中眼鏡ケースを見たかどうかを聞きながら下って行くと、2組目の方が見つけてわかりやすい場所に置いてくれたとのことでした。親切に見つけられなかった場合に備えて連絡先を聞いておきましょうかとの申し出がありましたが、さすがにそれ以上迷惑をかけるのもと思いなんとか自力で見つけることにしました。自分と同様にピストンの予定であるとのことでしたので、もし自分が見つけられなかった場合にはヒュッテに届けていただくことにしてお別れをしたのでした。

 その後も念のため聞きながら下ったのですが、他に見かけた方はなく、見つけられるかどうか不安を抱えながら下って行きます。

【尾瀬沼を見下ろすのも見納め】

【ぬかるんだ道】

【無事眼鏡ケースを発見】
 それでも、稜線の最後の景色を楽しみつつ下って行きます。樹林帯に入った後は展望はなくひたすら下って行きます。稜線から分かれてしばらく緩やかに下ったあたりで無事にサングラスの入った眼鏡ケースを見つけることができました。思ったよりも登ったところにあって、見晴に下っていたら見つけられなかったと思います。ちなみに、置いてある場所が下る際には目に付きますが、登る際には視線を向けない場所にあったので、他の方は気付かなかったのでしょう。わかりやすい場所に置いていただいたことに感謝しつつ引き続き下って行きます。

【すっかり明るくなった森の中】

【分岐へ】

【この時間になると大勢の方が歩いています】
 登りでは苦労した樹林帯の道ですが、下りでは目印がはっきりしていますので順調に下って行きます。目印がはっきりしているとはいえ、所々倒木で塞がれたり見えにくくなっている箇所もあるので、暗がりでは苦労するはずですね。

 その後は、尾瀬沼付近の景色を楽しみながら戻ります。最後燧ケ岳を撮った後そのままテントサイトに戻ります。みなさんお出かけのようでしたので、残ったビールを飲みつつのんびりした後、広げっぱなしのテントの中の片づけをしていたのでした。片づけも終わったので近場の散策に出かけることにしました。

【尾瀬沼へ続く小川】

【樹林帯越しの燧ケ岳】

【燧ケ岳をズーム】

【RUUさんまみさん交えて集合写真(RUUさん撮影)】 

【帰路へ】 
 さて、散策に出かけようとしつつもヒュッテの方を振り返ってみると、RUUさんらしき人がこちらの方を向いていました。まさかと思ったのですが、笑い声が聞こえてRUUさんまみさんが日帰りで訪れていることがわかったのでした。RUUさんの素敵な歓迎(?)を受けた後みんなで記念撮影をしたのでした。

 その後は一旦テントサイトに戻って片づけをした後帰路につきます。落し物のせいで見晴まで行けなかったのは残念ですが、行っていたらみんなと一緒に帰ることができなかったので、結果としては良かったなと思います。

【さらば燧ケ岳】

【雪道は慎重に】
 みんなでわいわいおしゃべりをしながら帰路につきます。燧ケ岳に最後お別れをして、雪の残った木道を慎重に登って行きます。三平峠を越えて間もなく雪はなくなります。

 その後も一定のペースでゆっくり下って行きました。テントを担いでいましたので、ちょうどいいペースだったと思います。尾瀬沼ヒュッテから大清水まではあまり距離はないのですが、多少は朝の燧ケ岳往復の疲れが出たのか後半は少し疲れて来ました。このあたりは、夏山に向けての課題でしょうか。テント泊地を拠点にするような登り方なら問題ないですが、縦走はまだまだ厳しそうな感じでした。

【帰路もムラサキヤシオに癒されて】 

【さすがにお疲れです】

【大清水に到着】
 最後までおしゃべりをしながら大清水に到着です。結局帰路もあまり林道歩きの長さは気になりませんでした。

 その後は時間も時間でしたので解散しましたが、あっこさん、ひろさん、shuちゃん、ブルーちゃん、RUUさん、まみさんとは日帰り温泉に寄った後、食事をのんびりした後別れたのでした。

 先週に引き続き山の素晴らしい景色を見て、楽しい宴会に参加できて本当に良かったと思います。尾瀬には限らないかもしれませんが、来る度にいろいろな姿を見せてくれますね。また、機会があれば訪れたいものです。


山行記へ戻る

ホームへ戻る