こうもりだけ・しおみだけ・おごうちだけ・わるさわだけ・あかいしだけ
 蝙蝠岳・塩見岳・小河内岳・悪沢岳・赤石岳(4〜5日目)
 登山日: 2013年8月14日(水)〜8月18日(日) 
 標高:2599m(徳右衛門岳) 2865m(蝙蝠岳) 3052m(塩見岳) 2726m(烏帽子岳) 2802m(小河内岳) 3141m(悪沢岳) 3120m(赤石岳)
 累積標高 約5000m(椹島から悪沢岳まで約2020m)


 8月14日(水)    椹島 7:50 → 二軒小屋 10:30(〜50) → 蝙蝠岳登山口 11:20
   徳右衛門岳 15:25
 
 8月15日(木)   徳右衛門岳 5:20 → 2721M峰 6:20(〜30) → 蝙蝠岳 7:00(〜40)
    北俣岳分岐 9:40 → 塩見岳 10:20(〜50) → 塩見小屋 11:40(〜50)
   本谷山 13:15 → 三伏峠小屋 14:00
 
 8月16日(金)    三伏峠小屋 4:10 → 烏帽子岳 4:50(〜5:30) 
   避難小屋〜小河内岳 6:40(〜7:10) → 板屋岳 9:10
   高山裏避難小屋 9:50(〜10:10) → 中岳避難小屋 13:20
     
 8月17日(土)    中岳避難小屋 3:45 → 悪沢岳 4:35(〜5:45) 
   中岳避難小屋 6:30(〜7:10) → 前岳 7:40 → 荒川小屋 8:45(〜9:50) 
   小赤石岳 11:45(〜12:05) → 赤石岳〜避難小屋 12:30
     
8月18日(日)    避難小屋〜赤石岳 6:30 → 富士見平 7:50(〜8:00)
   赤石小屋 8:20 → 椹島 11:40

 

 4日目のこの日はまず御来光を見るために悪沢岳に登ります。小屋での活動は3時半からという決まりがありますので、前日に出発できる準備をしておいて、3時半になったら1階に降りて着替えてからの出発です。コースタイム通りに歩くと間に合わないので、少しペースを上げるつもりでしたが暗がりではそうもペースが上げられません。ただし、軽荷であれば登りでコースタイムが縮められますのでそう急ぐこともなかったのでした。

 結構険しいイメージがあったのですが、思ったよりも順調に登って行きます。しかし、一箇所ペンキが見つからず誤ったルートに入って10分程ロスしてしまいました。明るければなんでもない場所ですが、暗くてペンキを見落とすと誤って道なりに進んでしまうような場所です。かつては道があった場所のようで、すぐには気づかなかったです。 

【誤った箇所 正しくは岩場を右上によじ登る(下山時)】
 
【夜明け前の富士山】 

【夜明け前の赤く染まった空と富士山】

【赤石岳と中岳】

【雲間の御来光と富士山とそれを撮影する登山者】

【雲間の御来光】

【夜明けの雲海】

【雲が多かったですがこれはこれで素晴らしい景色が広がる】

【夜明け前の南アルプス北部方面の眺め】

【赤石岳】

【中岳】

【夜明け直後の赤石岳と中岳】

【雲のおかげで逆光でも結構撮れます】

【すっかり昇って来た太陽と富士山】

【手前は塩見岳〜蝙蝠岳 奥は塩見岳の奥が仙丈ケ岳 中央奥に小さく甲斐駒ケ岳 中央右より間ノ岳と農鳥岳】

【左奥には中央アルプス】

【夜明けの頂上碑】 
 結局予定よりもかなり早い時間に到着することができました。到着してすぐ御来光を眺めることを想定していたのですが、早く到着できたので夜明け前の赤く染まる地平線を眺められたのは良かったです。登る途中は比較的穏やかだった風は、山頂だけは結構強く吹いていて三脚にセットしておいたカメラごとひっくり返してしまったのは誤算でした。中途半端に離れてしまったのも問題でしたね。三脚は壊れましたが、カメラはストロボ部分に損傷が出たこと意外は問題がなくて助かりました。

 同じ避難小屋に泊まっていた単独行の方2人が次々と登って来ました。また千枚岳方面からも単独行の方が登って来て、御来光を思い思いの場所で待ちます。先に書いたように風があったので結構寒かったです。その割にはかなり粘っていましたが。
 夜明けの時間が過ぎますが、やはり雲に隠れてしまっているようで残念ながらきれいな御来光を眺めることはできませんでした。それでも、雲間より太陽の一部は眺めることができました。雲が多いながらも薄い雲で明るくはなっていますので、なかなか見たことのないような景色が見られて良かったです。明るくなって来ると続々と登って来る方がいましたが、もう少し山頂からの景色を眺めてから下山に取り掛かります。中岳避難小屋から本日宿泊予定の赤岳避難小屋までは4時間弱ですので、本当にのんびりとしていました。

 登りで誤った箇所を確認しつつザレた道を下って行きます。やはり軽荷ですと快調に歩くことができます。

【ザレた道を下って行く】

【光の当たり始めた赤石岳〜中岳の稜線】 

【鞍部を見下ろして】

【イワツメクサで埋め尽くされた斜面】

【ミヤマコゴメグサ 花弁が紫色のものも】
 
【ミヤマシオガマ】

【チシマギキョウ】  
 暗がりでは気付きませんでしたが、鞍部あたりからは結構お花畑もあって、写真を撮りながら歩いていたらさらに時間がかかってしまいました。思っていたよりも花が多くて驚きました。紫系統の花が多かったでしょうか。白や黄色系統の花のお花畑はよく見ますが、紫系統ですと自分が今まで見た中ではハクサンコザクラのお花畑くらいでしょうか。

 鞍部を通過した後は中岳避難小屋へ登り返して行きます。最後は少しペースを落としながら歩いて小屋に到着です。小屋からの景色もまた素晴らしいです。もちろん悪沢岳からの御来光は素晴らしかったですが、小屋前からでも悪沢岳と富士山を組み合わせた素晴らしい夜明けの景色を楽しむことができると思います。そもそも、中岳山頂まで僅かな距離です。
 
【ミヤマアキノキリンソウ】
  
【ミネウスユキソウ】
 
【タカネナデシコ】

【紫色の花が美しいお花畑】
 
【タカネマツムシソウ】
 
【ミヤマトリカブト】
 
【中岳避難小屋が見えて来て】

【オンタデ】 
 小屋に戻ると、私と同じく悪沢岳を往復した方が出発準備をしていただけで、他の方は既に出発していて静かでした。ここでしばし小屋の御主人といろいろな話をさせていただきました。

 さすがに長居し過ぎたのと、お昼過ぎには赤石岳避難小屋に到着するために準備が出来たら出発します。御主人とお別れの挨拶をして出発です。中岳を通過して、そのまま荒川小屋に下らずに、一旦前日展望のなかった前岳に寄って行くことにします。ここは、前回も展望がなかったのですが、今回は見事な赤石岳を眺めることができました。しばし展望を楽しんだ後荒川小屋に向かって下って行きます。
 
【悪沢岳と富士山】

【避難小屋を見下ろして素晴らしいロケーション】

【蝙蝠尾根から昨日歩いた稜線までが一望に】

【赤石岳と前岳】

【再び中岳山頂を通過して】

【荒川小屋・赤石岳方面分岐】

【中岳〜悪沢岳と富士山】
 
【付近は険しい地形の前岳山頂】
 分岐から下り始めて間もなく見えるカールが見事でした。悪沢岳や富士山との組み合わせがなかなか素晴らしかったです。このカールを左手に見ながらトラバース気味に荒川小屋方面に下って行きます。正面に赤石岳を眺めながらの景色は圧巻だと思います。

 下って行くとお花畑の斜面に出ます。ここは網で囲まれていて入口には簡易的なドアが付いています。お盆でもまだ見事なお花畑が残っていて、お花を眺めたり写真を撮っていたら、近くを歩いていた登山者がすっかり見えなくなりました。多種多様なお花の混じったお花畑が特徴的な感じがします。高度を徐々に下げて行って、やがて荒川小屋へ向けてのなだらかなトラバース道に入って行きます。
 
【赤石岳】

【赤石岳から百間洞や大沢岳方面に連なる山並み】

【カールと悪沢岳 奥には富士山】

【赤石岳を眺めながらハイマツ帯を下る】

【お花畑へ】
 
【シナノキンバイ】

【ミヤマタンポポ】 

【ハクサンイチゲ】

【ハクサンフウロ】

【ウサギギク】

【このようなドアを開け閉めする】

【ミヤマシシウドとハクサンイチゲ】

【ザレた道を下って行く】 

【荒川小屋が見えて】

【オトギリソウ】

【クモマニガナ】

【タカネマツムシソウのお花畑】

【荒川小屋】

【テント場と奥には富士山】

【水場で水を補給】
 トラバース道に入ってしばらく歩いて行くと荒川小屋に到着です。荒川小屋も比較的新しいのできれいですね。ここの水場で水の補給をするのと同時に、テントサイトの片隅を借りて少し乾かし物をさせていただきました。一昨日に濡れた後、濡れたものをずっとザックに入れたままにしていたので、ザック内がびしょびしょになってしまったからです。本当は前日にやっておけば良かったですね。

 荒川小屋はあまり展望がなさそうだと思ったのですが、さすがに稜線上の避難小屋にはかなわないとはいえ、テント場から富士山が見えたり、少し振り返ると荒川岳を見上げることができました。ここはここでいいロケーションだと思います。
 

【クルマユリ】

【ミヤマコウゾリナ】

【まだ残っていたチングルマ】
 長い休憩を兼ねてテントを干した後赤石岳に向けて出発します。荒川小屋にはいろいろな食事があるようで、知っていたら食べておけば良かったなと思いました。次回は食べたいものです。

 荒川小屋からはしばらくなだらかに登って行きます。最初は完全な樹林帯ですが、やがて樹林帯を抜けると左手に赤石岳を見上げるようになります。また、振り返ると徐々に荒川岳がよく見えて来ます。ちなみに、赤石岳は複数のピークから成っていて、赤石岳の山頂そのものは荒川側からですと奥になります。トラバース道を登って行くに連れて素晴らしい景色が広がりますので、どうしても足がとまってしまいます。

【荒川三山を振り返って】 

【左手に赤石岳を見ながらの登り】

【大聖寺平分岐】
 しばらく歩いて行くと大聖寺平に出ます。ここは小渋川から登って来るルートとの分岐になっていて、実際そちらの方から登って来る方もいました。沢登りが必要で容易なルートではありませんが、いつかこのルートも歩いてみたいものです。

 この後はしばらくなだらかな道が続きますが、赤石岳に取り付いた後は九十九折れの急登が続きます。ザレた道ですが、登りですので特に問題なく登って行きます。この短い行程の1日の中で唯一の長い登りでしょう。何度も何度も荒川三山を振り返りつつようやく小赤石岳の肩に到着です。 

【分岐からしばらくは緩やかな登り】

【振り返るとハイマツ帯と荒川三山】

【前回同様このアングルで何度も写真を撮りました】

【いよいよ急登へ】

【小赤石岳の肩手前より荒川三山 中央奥には間ノ岳や農鳥岳も】

【小赤石岳の肩でみなさん休憩中】
 肩に着くとようやく赤石岳の山頂が奥に見えて来ます。右手には兎岳から中盛丸山を経て大沢岳に連なる稜線が見えて来ました。今回、実は余裕があればこのルートを一昨年の逆方向に歩くことも考えたのですが、自分の脚力では歩けたとしても、本当に毎日目一杯歩いて終わりという日程になりそうだったのでやめたのでした。

 小赤石岳の肩まで登ってしまえば、最後はやや登って行きますが、気持ちの良い稜線歩きが続きます。肩で少し休むことを考えましたが、せっかくなので赤石岳を正面に眺められる場所で休憩しようということで、そのまま小赤石岳を目指すことにしました。

【赤石岳へ連なる稜線】

【兎岳〜中盛丸山〜大沢岳】

【稜線を振り返って】

【翌日下る大倉尾根】

【ライチョウとの御対面】

【小赤石岳山頂】
 緩やかなアップダウンの道を歩いて行くと小赤石岳山頂に到着と思いましたが、その前で写真を撮っている登山者がいます。ちょうどライチョウのつがいがいたのでした。写真を撮りつつライチョウをしばし眺めていました。

 その後小赤石岳山頂でしばらく休憩をします。どの方向を眺めても素晴らしい景色が広がっています。しばし休憩をしたら最後の赤石岳への登りに取り掛かります。しばらく歩いて行くと大倉尾根、つまり椹島への分岐があります。赤石小屋に泊まると思われる方のザックがデポされていました。当初の予定では、テント装備ですので、テント泊のできる赤石小屋泊まりも考えましたが、展望を優先して赤石岳避難小屋泊まりとしたのでした。

【赤石岳】

【赤石岳への最後の登り】

【椹島分岐】

【賑わう赤石岳山頂】

【赤石岳山頂 右奥には富士山】
 ザックをデポして身軽になった方達とすれ違いつつ登って行きます。がんばって登り切ると赤石岳山頂に到着です。やはり赤石岳山頂は賑わっています。と言っても今回歩いて来た山頂の中ではという感じで、それでも10数人程度でしょうか。時間的にもちょうど山頂に到着する時間なのかもしれません。

 すぐに避難小屋に向かっても良かったのですが、のんびり写真を撮って山頂でしばらく過ごしてから向かうことにします。 小屋に入ってしまうとしばらくまったりしてしまうだろうというのがありました。

【避難小屋と見事な青空】

【富士山と避難小屋 間の奥にあるのは赤石岳南峰】

【赤石岳避難小屋】
 避難小屋へ移動したら順次受け付けをします。前回かなり混んでいて、今回もお盆でしたから、かなり混みあうかなと思ったのですが、いつもよりは多いにしても体を寄せ合って寝る必要があるほどではないようでした。結局、前日の中岳避難小屋と同様に宿泊客は十数名でした。

 避難小屋では、到着した方や御主人を始めとした小屋の方達との会話が弾みます。まだ明るい時間帯でしたので、もう一度山頂付近を散策した後小屋に戻って来ました。その後しばしのんびりした後、御主人のそろそろ夕暮れの景色が見られるという合図のもと赤石岳山頂からの夕暮れの景色を楽しみました。

【避難小屋より山頂を見上げて】

【赤石岳南峰 林道から見えるのはこの南峰だそうです】 

【富士山を眺めて 手前右手には昨年登った笊ヶ岳と布引山】

【上河内岳と聖岳】

【クロユリ】

【ミヤマダイコンソウ】

【小屋前より沈みゆく夕陽】

【赤く染まる雲】

【雲と色づく地平線を眺めて】

【夕暮れの赤石岳山頂】

【徐々に暗くなって】

【宴は消灯まで続く】
 夕陽を見るのではなく、沈んだ後の景色が素晴らしいということで、赤く染まる地平線の景色を眺めましたが本当に見事でした。とにかく風が強くて寒かったのですが、これだけの景色が見られて満足でした。

 その後は小屋に戻って宴会です。と言っても、お酒を飲むというよりは団欒を楽しむと言ったところでしょうか。1人1エピソードということで話しをしたのですが、ちょっと中途半端な話をしてしまったことが少し悔いが残るでしょうか。山のスタンスから山歴まで全然違いますので、楽しかったですし、とてもためにもなりました。
 

【夜明けの小屋前】
 最終日の朝を迎えます。もちろん赤石岳避難小屋に泊まったからには御来光でしょうか。実際、宿泊されている方のうち2人は担いだらかなり重そうな立派な三脚を持って来ていました。自分は元々安物で安定しないうえに前日に壊してしまったので、テーブルに置いてそれなりに撮れればラッキーかなという感じで外に出ました。

 夜明け前には出たものの、星を眺めるにはちょっと遅かったかなという感じでしょうか。それでも肉眼では結構よく見ることができました。残念ながらカメラではほとんど撮れていませんね。テーブルのあるところで強風に曝されながら景色を眺めていたのですが、岩屋のような場所に案内されてそこから眺めさせてもらうことにしました。

【テーブルに置いて撮ったら斜めになった富士山】

【なんとかオリオン座が確認できる程度】 

【夜明け前の富士山】

【南峰から眺める方達】

【徐々に明るくなる地平線】
 
【富士山をズーム】

【南峰】 

【御来光直前の景色】 

【見事な御来光】 
 夜明けの時間が近づくと小屋に泊まっている方が続々と出て来ます。早出で出発された方もいました。それぞれが思い思いの場所から御来光を待ちます。この日の朝は本当に寒かったですからみなさん大変だったと思います。

 富士山の左手より太陽が昇って来ます。前日の悪沢岳の時と違ってこの日はきれいな御来光を眺めることができました。最終日の朝に最高の御来光を眺めることができました。その後、早朝の景色を少し眺めた後、寒いのもあって小屋に戻ります。この日は椹島に下るだけですが、無理に10時半のバスに乗る必要もないかなということで、13時のバスに乗ることにしてしばし他の方といろいろなお話しをしていました。

【御来光と富士山と南峰】 

【荒川岳方面の眺め】 

【間ノ岳〜農鳥岳付近には雲が】 

【夜明けの聖岳】 

【御主人と小屋前にて】
 この日も余裕のある日程を組んでいる方がいたので、小屋でのんびりしている方もまだいましたが、余裕を持って下山するために6時半頃出発します。最後は御主人と記念撮影をさせていただいて下山開始です。

 目の前の赤石岳山頂を経て分岐に下って行きます。赤石小屋から既にこのあたりまで登って来ている人も多かったです。夜明けぐらいから動けばちょうど赤石岳くらいでしょうか。最後の稜線歩きを噛みしめて分岐から椹島へ向けて下って行きます。最初は急な下り、それもザレている箇所もあるので慎重に下って行きます。

【避難小屋に別れを告げて】 

【今回の山行最後の稜線歩き】

【少し下ったところから赤石岳を見上げる】 

【ガレ場を下る】
 急な斜面で下るのも大変ですが、小屋の御主人から聞いていたとおりお花も多くて癒されます。ガレの縁などに咲いているのでなかなか近づいては撮れませんでしたが、十分楽しむことができました。

 その後はトラバース気味に道が続いています。富士見平まではこのような道が続くわけですが、特に最初のあたりは険しい箇所もあるので注意して進みます。このあたりで登って来る方も多いので、随所で待ちながらの下りになります。実は、この日に登って来る2人組を探しながらの下山でしたが、ようやくトラバースの合間でponちゃんよっちゃん夫妻に会うことができました。

【ガレ場のトラバースは慎重に】

【ponちゃんよっちゃんと無事にばったり】

【富士見平へ】
 私がこの日で下山するのに対して、お2人はこの前日から縦走を開始してずっと茶臼岳まで抜けるそうです。先日の白馬での話も含めていろいろ話をしたいところでしたが、この日は百間洞まで縦走しなければいけませんので、話しもそこそこにお別れしました。

 その後は比較的歩きやすい道が続いていて、ようやく富士見平に到着です。随分時間がかかったなと思いましたが、実はコースタイムを少し勘違いしていたのでした。ここからは、赤石岳、荒川岳、富士山とぐるっといろいろな山を見渡すことができます。赤石小屋に泊まる場合にはここで夜明けを迎えようとも考えていました。ただ、下ったところを登り返す必要があるので実際はやらなかったかもしれません。 

【荒川三山】

【赤石岳】 

【富士山も】

【赤石岳の左には聖岳】

【赤石小屋】
 富士見平で展望を見納めた後は赤石小屋に下って行きます。途中2人組の方を抜いたのですが、抜いた直後に小屋に泊まっていた方であることに気付きました。思ったよりも速いペースで下っていたので、一緒にお話をしながら下らせてもらうことにしました。お2人は新座山の会の山仲間で、Kさんはちょうど70歳の誕生日を赤石岳山頂で迎えられたとのこと。とても歳を感じさせない元気さでした。その後の話でも毎週いろいろなことをなされているようで、本当にそのアクティブさに驚かせてもらいました。一方Uさんも頻繁にいろいろな山に登られていて、特に全国の山を歩いているのでいろいろな山の話ができたのは良かったです。

【カニコウモリ】

【エゾシオガマ】

【ミヤマダイモンジソウ】 

【赤石小屋までの距離を示す看板】 

【樹林帯を快調に下る】

【スタート地点には0/5もありました】
 合流してからしばらく歩くと赤石小屋に到着です。ここでしばし休憩をしてから再び下り始めます。Uさんがいろいろな花の名前を覚えているということで、覚えた花の名前を教えてもらいながら下ります。

 大倉尾根は傾斜が急という意味で険しいと言われているようですが、確かに千枚小屋へ向かうルートと比較すると急だと思います。ただし、登山道はよく整備されていますので、最後の方のガレ場に気を付ければ特に問題はないでしょう。なお、道中には〇/5という札があるので現在地の目安にはなると思います。

【最後の階段を慎重に下って赤石岳登山口へ】
 
【フシグロセンノウ再び】

【椹島へ】

【UさんKさんまたどこかで会いましょう】 
 その後も順調に下って12時前には椹島に着くことができました。ペースは比較的ゆっくりでしたが、一定のペースを保って少なめの休憩で下って来ましたので総じてみると結構速かったと思います。

 椹島はお盆最後の日曜日ということもあって、結構多くの方がバスを待っていました。時間的にもちょうど合わせやすい時間というのもあるでしょう。ここでしばしのんびりした後バスで臨時駐車場まで戻りました。ここでは下山届を提出します。その後お2人とは白樺荘までご一緒してお別れしたのでした。
 今回の南アルプス南部の山歩きも例年と同様に非常に充実したものとなりました。無事に蝙蝠尾根を歩けましたし、三伏峠から荒川岳のルートも今回初めて歩くことができました。南アルプス南部の実線ルートは結構歩けて来たかなと思います。
 当初3泊4日の予定だったのを1日伸ばしたことでかなり日程に余裕ができて、本当に山を楽しむことができたというのも充実した山歩きとなった理由でしょう。避難小屋も思ったよりもすいていていろいろな方と話をすることができました。また、予想以上にお花が残っていたのも大きかったですね。今回最終日の花はかなり省略しましたが、本当に載せきれない程の花を見ることができました。
 来年はどこを歩くことになるのでしょうか、今から楽しみですが、残っているのは北部南部の縦走ルートや難ルートになりますので、決行するかどうかも含めてぎりぎりまで悩むことになりそうです。


山行記へ戻る

ホームへ戻る