あだたらやま
 安達太良山
  登山日: 2014年3月15日(土)〜3月16日(日) 
  標高:1700m(安達太良山)     標高差:奥岳登山口から約760m


 3月15日(土)    奥岳登山口 14:00 → くろがね小屋 16:10
 
 3月16日(日)   くろがね小屋 8:00 → 安達太良山 9:45
    くろがね小屋 10:55(〜12:40) → 奥岳登山口 14:20

 

 本日から1泊2日で安達太良山に登ります。今回は山仲間とくろがね小屋に1泊して登るということで、静岡でイガイガさんを、途中の高速道路のSAでムサママさんを拾って現地に向かいます。天気は平地については比較的良さそうでしたが、寒気が入るということでしたので、山は結構影響を受けるかもしれないという状況でした。

 東北道に入ってしばらくまではほぼ予定通りでしたが、途中で事故渋滞が発生して、なんと高速道路が通行止めになって激しい渋滞が発生してしまいました。渋滞後通行止めの区間手前で出るも、一般道もやはり渋滞をしていて時間を大きくロスしてしまいました。事故が発生しても車線を減らすぐらいであれば、時間帯にもよるとはいえ、そこまでひどくはないと思いますが、今回は大きな事故のためにかなりの影響を受けてしまったのでした。

【あだたら高原スキー場駐車場】
 
【登山口看板】
 別に現地入りしていたkazuさん、かおりん、なべちゃん、えっちゃんはしばらく待っていてくれましたが、こちらがあまりに遅くなりそうなので先行してもらいました。こちらは、予定より大幅に遅れてあだたら高原スキー場の駐車場に到着です。

 遅い時間ではありますが、この日は小屋までですので、がんばって向かうことにします。順調に行けば暗くなる前には小屋までたどり着けるでしょう。雪がちらついていましたので、この天候が悪化しないかが心配なところでした。準備ができたら出発です。まずは、駐車場の奥に行きそのままスキー場に入ります。ゲレンデに入る手前を右に折れて登山道に入って行きます。

【ゲレンデへ】 

【ゲレンデの右脇から】 

【準備中のイガイガさんとムサママさん】 
 最初は緩やかな道が続きますが、やがて本格的な樹林帯の登りとなります。とはいっても、急登と呼ぶほどではないでしょう。林道やそれをショートカットするような登山道を登って行きます。しばらく登って行くと開けた場所に出ます。

 吹きっさらしになっていますので、展望はいいのですが、逆に言えば風雪は直接当たることになります。時折風や雪が強まって来ますが、本格的な吹雪というわけではありませんので、それほど問題なく進んで行くことができました。このほぼ直線の道をしばらく歩いた後、ここまでほぼ休まずに来ましたので、休憩をしながらアイゼンを装着することにしました。

【緩やかな登り】
 
【樹林帯を進む】  

【風雪が強まる時も】

【気持ちの良い道が続く】

【アイゼン装着中のムサママさんとイガイガさん】

【迫力ある稜線ですがほぼガスの中】

【慎重にトラバース道を進む】

【ようやく小屋が見えて】
 
【ちょっとした霧氷も】
 アイゼンを装着したのは金明水手前のトラバース道が凍結して危険だという情報があったからでした。下山した方の話では大丈夫そうでしたが、念のため装着しました。凍結していなくても、トラバース道は部分的に結構な斜度があるところもあったので装着しておいて良かったと思います。

 このトラバース道を過ぎるとようやくくろがね小屋が奥に見えて来ます。イガイガさんが引っ張ってくれてハイペースで登って来ましたので、思ったよりも早い時間に到着できたのではないかと思います。
 
【くろがね小屋へ】
 
【安達太良山方面はガスで見えず】
 小屋にたどり着くと先行していたkazuさん達が既に夕食の準備をしていました。なんと鍋を2つ作っていたのには驚きました。kazuさんはザック2つで相当な重さのザックを担いで登って来たとのことです。なべちゃんのザックもかなりだったようです。自分も重いなと思っていたのですが、それに比べたら全然でした。

 みなさん揃ったらもちろん乾杯です。天候がいまいちでも、こうしてみんなで宴会ができればいいかななんて思っていました。この日登った方の話ではちょっとどころの風ではなかったようで、翌日も風が非常に強いという予報になっていました。
 
【小屋の鐘】

【小屋の入口でアイゼンを外して】

【みんなで乾杯】
 それなりに宿泊者はいましたが、混雑するほどではなかったようで、7人でやや広めの部屋を確保してもらうことができました。宴会が進んで一段落したら温泉に入ります。山で温泉に浸かれるとは素晴らしいですね。特にこの寒い時期ですのでありがたいです。本当に気持ちの良い温泉で、疲れもすっきりとれたのではないかと思います。

 こうして1日目の夜は過ぎて行きました。2日目の天気がはっきりしないので、朝判断することになりました。このメンバーですので、多少悪いくらいなら問題ないとは思いますが。
 

【小屋の前で準備】 
 2日目の朝を迎えます。風は強そうでしたが、何とか登れそうかなということで、やや遅い時間に出発です。天気そのものは下り坂のようでしたが、お昼くらいまではなんとか持つかどうかという天気予報だったようです。

 前回kazuさん達が訪れた時はひどいラッセルを強いられたようですが、今回はむしろ雪はよく締まっているようでしたので、最初からアイゼンを装着して向かうことにしました。また、風が強いのはわかっていますので、バラクラバをしたり、フードをかぶるなど強風に備えます。
 まずは小屋の前の斜面を登って行きます。取り付き地点は問題なかったのですが、少し登るとすぐに強風のお出迎えで、後ろを向いたり、少し伏せるようにしてしのぎました。ただ、この強風もまだ序の口だったのでした。

 ずっと強い風が吹いているわけではなく、この時は時折強い風が吹く感じでした。強い風が吹くときは雪を巻き上げて、一瞬視界が悪くなるほどでした。ゆっくり登って行き、少しトラバース気味に斜面を登って行くと峰の辻に到着です。このあたりでは山スキーで鞍部に滑っている方もいました。ここで、少しヒップそりで遊んでから先に向かいました。 

【準備はよろしいでしょうか】

【いざ安達太良山へ】

【強い風が吹いて後ろを向いたり顔を伏せてしのぎます】

【強風で雪が巻き上げられています】 

【登って来た道を振り返る】

【右は元気ななべちゃんと左はイガイガさん、ムサママさん、かおりん】

【トラバース道を緩やかに登って行く】

【風が強くても元気いっぱいです】

【美しい斜面の模様】

【峰の辻へ】 
 ここからも風はそれなりに強いのですが、稜線には安達太良山直下まで行かないと出ないので、稜線の風をほとんど受けなかっただけまだ良かったのではないかと思います。先行パーティと一緒に一列になって登って行きます。

 このあたりでは、風が強いのか岩の露出したところがあり、また雪面もかなり硬かったです。ただ、それだけアイゼンはよく効いて良かったと思います。これがアイスバーンだと本当に大変だと思いますが。風に耐えながら登って行くと、ようやく安達太良山山頂直下に到着です。

【ヒップそりをするえっちゃん】
 
【いよいよ左奥に見えて来た山頂 一旦緩やかに下ります】

【空模様はよくないですが山頂はきちんと見えています】 

【一列になって登る】 

【途中でちょっと記念撮影】 

【岩の混じった道】
 みなさんも続々と登って来ます。kazuさんはなんとノーアイゼンで登ってしまいました。さすがにこのあたりに来ると風が強くなって来ますので、体勢を低くして先に進みます。

 この稜線出合に安達太良山の頂上碑がありますが、正確にはこの先の乳首と呼ばれている小高い岩山を登らなければなりません。ここまではほとんど険しい所はありませんが、最後だけは慎重に登って行きます。ここは回り込むように登って行くので、登っている間はそれほどまでは風の影響を受けなくて良かったです。こうして無事に山頂に到着することができました。

【峰の辻からの登りを振り返る】

【最後の稜線への登り】 

【みなさん風に耐えながら次々に到着】 
 
【最後の山頂を目指して】

【なべちゃんえっちゃんの記念撮影 まずは奥の岩に向かって登った後右手にぐるっと回りながら登ります】

【最初は薬師岳だと思いましたが和尚山から前ヶ岳の稜線でしょうか】 

【山頂で記念撮影】

【鉄山方面の眺め】 

【稜線出合を見下ろして みんな耐風姿勢?】 
 
【僅かに見えた太陽】

【ピッケルをおろして準備中のムサママさんとイガイガさん】 

【くろがね小屋へ下ります】

【再び風に耐えながらの下り】
 
【まずはくろがね小屋へ】
 山頂で記念撮影をしたら下山開始です。一回帽子を吹き飛ばされてしまった程の風で、結局山頂にいる間は帽子を脱いだくらいでした。みなさんが下った後、少し写真を撮って遅れて下ります。ムサママさんとイガイガさんは強風の中稜線出合の頂上碑の写真を撮ってブログにアップしていたとか。やはりブロガー魂はすごいですね。

 その後はくろがね小屋まで下って行きます。登り以上に風が強くて、かおりんがトラバース道で少し滑落するほどの風でした。それでも、ゆっくり下ってなんとかくろがね小屋まで戻って来ることができました。小屋でのんびり休憩をしつつ下山の準備をします。

【徐々に悪化する天候】

【シリセードやヒップそりで下って行きます】
 しばらくのんびり過ごしましたが、いい時間になって来たので出発です。なんとここで自分はチェストストラップをなくしたことに気付いたので、みなさんに先に行ってもらってその間探したのですが、結局見つかりませんでした。トラバース道を慎重に進みつつみなさんを追いかけます。

 kazuさんが途中で待っていてくれて、無事みなさんと合流することができました。その後は、樹林帯の斜面に入り、シリセードやヒップそりなどで下って行きます。自分もシリセードをやろうとしたのですが、ザックが大きくてうまく滑れませんでした。ただ、自分よりもザックの大きななべちゃんが華麗に滑っていたのでこつがあるのかもしれません。

【雪が降って来たので霧氷もきれいです】 

【えっちゃんを引っ張るなべちゃん】
 その後も順調に下って無事登山口まで戻って来ることができました。日帰り温泉などに寄って解散しました。

 決して天候には恵まれませんでしたが、無事に登ることができましたし、稜線までの眺めは十分に楽しむことができました。しかし、何よりもみんなで集まって楽しく過ごせたのが良かったと思います。また、くろがね小屋の雰囲気、そして温泉は素晴らしく、機会があればまた訪れたいと思いました。ただ、やはり人気の小屋らしくて結構予約でいっぱいのことも多いようでした。

 解散後は、前日と同様にイガイガさん、ムサママさんとおしゃべりをしながら戻って行きました。


山行記へ戻る

ホームへ戻る