ちょうがたけ・おくほたかだけ
 蝶ヶ岳・奥穂高岳(1〜2日目)
  登山日: 2014年5月2日(金)〜5月4日(日) 
  標高:2677m(蝶ヶ岳)  2664m(蝶槍) 3190m(奥穂高岳)
  標高差 上高地から約1680m


 5月2日(金)    上高地 7:10 → 徳沢 9:00 → 蝶ヶ岳 13:30
 
 5月3日(土)    蝶ヶ岳 7:00 → 蝶槍 7:40 → 横尾 9:50 → 涸沢 12:40
     
 5月4日(日)    涸沢 5:00 → 穂高岳山荘 6:50 → 奥穂高岳 8:05(〜9:10)
   穂高岳山荘 10:10(〜40) → 涸沢 11:10(〜12:35) → 横尾 13:50
   上高地 16:05

 

 本日より2泊3日で蝶ヶ岳と奥穂高岳に登ります。この残雪期北アルプスの目標は鹿島槍ヶ岳で、4月下旬に無事登ることができたのですが、この週末も好天が見込めそうであったことから、未踏であり、穂高連峰の展望台である蝶ヶ岳と、こちらは再登となりますが奥穂高岳に登ることにしました。

 今回のような日程にしたのは、天候と混み具合の関係で、2日に休暇を取って、好天が望める2日〜3日午前までを混むのを避ける意味も含めて蝶ヶ岳にあてました。そして、3日の午後から4日にかけて少し荒れる予報でしたので、一旦横尾に下って涸沢でやり過ごします。そして、4日の好天を生かして奥穂高岳に登るという計画です。天候は予報通りで狙い通りの展望が得られて本当に良かったです。混み具合も蝶ヶ岳は平日をあてたので比較的静かでした。奥穂高岳は、涸沢が混みあうのは覚悟していましたが、思っていた以上の混みようで、奥穂高岳からの下りにおいて、大勢の登山者とのすれ違いや負荷がかかり過ぎて崩れた雪壁に大いに苦労することになりました。ただ、自分の技量不足であることを改めて思い知らされたという意味では良かったのではないかと思います。

【上高地へ】
 
【早朝から賑わう河童橋】
 上高地へ行く時は最近はいつも使っている沢渡バスターミナルからバスに乗って上高地に向かいます。GWですので、それなりに人はいますが、やはり平日だけあって、それでも比較的静かなものだったでしょうか。河童橋付近まで来ると素晴らしい穂高の眺めを見ることができてテンションが高まって来ます。

 前年の5月下旬に北穂高岳に登った時と比べると、当然かもしれませんが、時期が早いので路肩の雪が目立っていました。実際帰路には一部が雪崩れて河原の道へ迂回する箇所がありました。また、前年はニリンソウが見事だったのですが、こちらはまだまだでした。したがって、観光客はGWと言えども昨年よりも少なったと思います。基本的に徳沢までの道そのものは除雪されていますので、問題なく歩いて行きます。左手には白い峰々が見えていて、蝶ヶ岳に登るまで見えていることを願って歩いて行きました。

【見事な梓川と穂高の眺め】

【翌々日にはあの頂に立てるでしょうか】

【振り返って焼岳】

【少し東に回り込んだあたりから明神岳】
 
【路肩には雪が多く】

【徳沢へ】
 
【長塀山経由で登って行きます】
 徳沢に到着です。相変わらずの芝生の気持ちよさそうなテント場が広がっています。今回はここから長塀山を経て蝶ヶ岳を目指します。険しい箇所はほとんどなく、体力勝負と言ったところでしょうか。

 登山口からは樹林帯に入って行きます。最初こそ雪がないものの、登って行くと間もなく雪が出てきます。ただ、最初の頃は当然雪が少ないですし、雪が深そうな場所でもよく踏まれていて問題なく進んで行くことができます。ただ、ひたすら登りが続きますので、テント装備ではなかなかしんどいものがあります。この時、前後しながら歩いていたSさんとは、同じようなペースで登っていたこともあって、その後テント場でいろいろなお話をすることになります。なお、Sさんは三脚他いろいろな機材を持っていて、自分とは全然担いでいる重さが違うようでした。時々お話をしながら登って行きます。

【テント場と素晴らしい景色】

【蝶ヶ岳へ】

【樹林帯の登り】
 長塀尾根に入った頃にはすっかり雪景色が広がっています。このあたりも、さらに登りが続いています。樹林帯のアップダウンで、トレースがないと少しわかりにくそうな場所もありますが、目印やトレースがしっかりしているので特に問題はありません。

 長塀山付近に登って来ると、上に青空が見えて来ますが、樹林帯の中であるため展望は開けません。ただ、木々の合間より真っ白な山が見えると、早く蝶ヶ岳からの展望が見たいと気が急いて来ます。このあたりまで来ると、一本調子の登りは一段落して、アップダウンを繰り返すなだらかな稜線へ進んで行くことになります。

 大変だったのは最後の蝶ヶ岳への登りで、手前の雪が暖かくて緩んだのか、とにかく踏み抜きがひどくてなかなか先へ進めませんでした。既に視界が開けていて絶景が左手に広がりつつも、必死に前へ前へ進んで行ったのでした。

【すっかり雪景色に】

【徐々に青空が見えて】

【雪深かった最後の登り】

【雲に覆われつつある穂高の稜線】

【最後は藪を突破して】

【蝶ヶ岳頂上碑】

【槍穂の稜線から常念岳方面の稜線まで絶景が広がる】

【マイテントと槍穂の稜線】
 最後に藪っぽいところを突破すると蝶ヶ岳山頂です。とはいえ、小高い所に頂上碑があるだけで、あまりピークという感じはしません。ずっとなだらかな稜線が続いていますので、絶景が広がっています。槍ヶ岳はまだ見えていましたが、残念ながら穂高連峰は少し雲に覆われてしまいました。後で晴れることを願いつつ、まずはテントを張って受付を済ませることにしました。

 この時期の稜線のテント場ですので、できるだけ風が避けられそうな場所を探します。幸い場所はまだ選び放題でしたので、ハイマツ帯の脇にテントを張ることにしました。とはいえ、近すぎるとハイマツを掘り当ててしまうので、少し離れた雪の深そうな場所を掘りました。テント場を見渡すと既に地肌が露出している場所もあったのですが、風の通り道になりそうな場所でしたので、雪の上で面倒でも風対策を優先することにしたのでした。

【蝶ヶ岳ヒュッテ入口】

【蝶ヶ岳ヒュッテ】

【雲が流れて迫力のある穂高の峰々】

【常念岳】

【大天井岳と肩には大天荘】

【いつか残雪期に歩いてみたい常念岳を経て大天井岳へ続く稜線】

【前穂高岳〜奥穂高岳〜涸沢岳〜北穂高岳】

【槍ヶ岳もよく見えて】

【壁のようにしか見えない涸沢から白出のコルへの登り】

【夕暮れの景色を楽しむ登山者】
 テントの設営を終えたら撮影タイムです。雲に覆われつつあった稜線ですが、徐々に雲が取れて行きます。この雲がピーク付近に若干かかった景色が返って迫力があって良かったと思います。基本的にはピーカンを天気の理想として山に登っているわけですが、この時は若干雲がかかっている方がむしろ良かったかなと思ったくらいでした。思ったよりは早く蝶ヶ岳に到着できたので、結構のんびり景色を楽しむことができたと思います。

 その後は、しばらくテントで過ごします。テント内を片付けたり、食事を取った後、再び夕陽を眺めに外に出ました。若干霞んでいるものの、しっかりと夕陽が出ていたので、夕暮れの素晴らしい景色を見ることができたと思います。槍穂の稜線の奥に沈むので、夕陽は逆光になってしまうのですが、これはこれで素晴らしい眺めでした。

【北穂高岳と夕陽】

【夕暮れの槍ヶ岳】

【やや霞みがかるもきれいな夕陽が見られました】

【残照も美しく】

【あたりはすっかり静かになって】
 夕陽が沈んだ後も残照が見事で、ちょうど奥にあった雲に反射して、素晴らしい眺めを楽しむことができました。きれいな夕陽自体あまり見ることが出来ませんし、沈んだ後の美しい景色も見ることが出て良かったと思います。周りの方達がすっかりテントに戻って暗くなった頃テントに戻ったのでした。

 その後一旦寝た後、夜に目が覚めた時に、三脚がなかったので、適当な場所にカメラを置いて星空を撮ってみました。さすがに置くだけでは、あまりたいした写真は撮れませんでしたが、槍穂の稜線の上空に広がる星空は見事でした。この日の夜は、結局思った程風も強くなることはなく、寒いには寒かったですが、標高を考えると比較的暖かい夜でした。特に、寒気が入った翌日の夜がとても冷え込んだので余計にそう感じるのかもしれません。

【最後まで赤く染まる大キレット奥の空】

【槍穂の稜線と星空】
 

【常念岳と地平線】

【赤く染まる地平線と安曇野の街並み】

【穂高連峰から左奥へ乗鞍岳及び御嶽山】

【御来光を待つ人々】
 2日目の朝を迎えます。予報通りの快晴の朝となりました。この日は涸沢までの短い行程ですので、じっくり夜明けの景色を楽しむことにしました。

 夜明けが近づいて来ると東の地平線が赤く染まって来ます。東側には大きな山はありませんので、地平線から昇って来る夜明けの太陽を待ちます。夜明け前のアルプスの眺めもなかなか見事でした。

 地平線に雲がほとんどなかったので、きれいな御来光を眺めることができました。御来光は夕陽に比べれば見やすいと思いますが、意外と時間通りにきれいな御来光を見ることはあまりないように思います。
 太陽が昇って来ると、アルプスの稜線が徐々に赤く染まって来ます。どのあたりが一番赤く染まっているのかはなかなかわからないものですね。やはり距離の近い穂高連峰はよく染まっていました。槍ヶ岳の方もなかなか赤く染まってくれたでしょうか。その他にも乗鞍岳や御嶽山など飽きない景色を眺めていました。

 すっかり明るくなるまで景色を眺めた後、テントに戻って撤収作業をします。縦走する方達は早い時間に撤収して出発して行きましたが、この日下るだけの方は自分と同様結構のんびりしていたようです。

 撤収が済んだ頃にはすっかり明るくなっていました。左手の槍穂の稜線の景色を楽しみつつ蝶槍に向いました。

【御来光】

【夜明けに染まる南岳から槍ヶ岳の稜線】

【赤く染まる穂高連峰】

【穂高から槍の稜線】

【真っ白な乗鞍岳】

【翌日目指す奥穂高岳】

【槍ヶ岳】

【夜明けのテント場】

【撤収作業中の方々】

【夜明けの御嶽山】

【北穂高岳】

【撤収後すっかり明るくなった景色】
 気持ちの良い広々とした稜線を歩いて行きます。今回は蝶ヶ岳に登って、その後下って奥穂高岳に登るので、あまり縦走の要素がありません。そのような意味では貴重な稜線歩きだったでしょうか。しかも、絶景が広がる中での稜線歩きでしたので気持ちが良かったです。

 少し歩くと間もなく横尾分岐です。後でここから下りますので、荷物をデポしてそのまま蝶槍に向かいました。蝶槍は小高い岩峰と言った方がいいでしょうか。このようななだらかな稜線に突き出たピークですので、絶景が広がっています。常念岳方面の稜線に思いを馳せつつ、しばらく景色を楽しみました。

【霞沢岳】

【焼岳】

【こちらからはなだらかに見える大キレット】

【蝶ヶ岳ヒュッテを後にして】

【短い距離ですが稜線歩き】

【なだらかな蝶ヶ岳を振り返る】

【横尾分岐 後でここから下ります】

【蝶槍と重なるように常念岳】

【岩岩の蝶槍山頂から常念岳】

 その後、横尾分岐まで戻って、槍穂の稜線を楽しんだ後横尾に下って行きます。それまでノーアイゼンで歩いていたのですが、雪が締まっていたので、少し下った所でアイゼンを装着してから下って行きました。

 ひたすら樹林帯を下って行くのですが、途中展望台となっている場所があって、槍ヶ岳を見ることができました。雪がしっかり残っている場所は、よく踏まれていて歩きやすいのですが、最後は雪が腐っていたり、雪が溶けて露出していたりして歩きにくくなって来ます。雪がなくなった頃、アイゼンを外してしばらく歩いて行くと大勢の人で賑わう横尾に到着です。ここで、連休後半から入って来た方々と合流することになります。横尾でしばらく休憩を取ってから涸沢に向かいます。

【常念岳から大天井岳へ続く稜線】

【梓川を見下ろして 奥には霞沢岳と乗鞍岳】

【分岐から下る道と槍穂の稜線】

【樹林帯を下る】

【展望地点より槍ヶ岳】

【横尾分岐】

【横尾へ】

【横尾からの横尾大橋と穂高の眺め】

【本谷橋付近で休憩&アイゼンを装着する登山者】
 最初は雪がありませんが、少し歩くと徐々に雪が現れて来ます。ただ、しばらくはアイゼンもいらない程度の雪で、そのまま歩いて行きます。しばらく歩いて行くと本谷橋があり、橋は渡らずにそのまま川の上を歩いて行くような感じです。このあたりでアイゼンを装着している方が多かったです。自分は雪が腐っていて問題なさそうでしたので、そのままアイゼンなしで歩いて行きました。

 ルートとしては、川沿いを歩いて行きますので、比較的緩やかな勾配が続いていて歩きやすかったです。昨年5月末の北穂高岳の時は川の上を歩くことができず、左手の斜面の狭いトラバース道を歩いて行きましたので、アップダウンはありますし、谷側は切れ落ちている感じになりますので、慎重に歩く必要があってなかなか大変でした。少し時期が違うだけでもルートが変わってくるものです。 

【沢沿いを歩く】

【山頂付近はガスに覆われて】

【テント場へ】

【設営完了】

【おでんセットをいただいて】
 このあたりは、かなり大勢の人が一列になって歩いており、やや急な斜面に差し掛かると渋滞している状態でした。急と言っても、滑り落ちるような斜度ではありませんし、当然広々とした場所ですので、脇から抜かせていただいて登って行きました。ただ、列を外れると少し足が嵌ったりして歩きにくくなります。

 結局、この日の行程が短かったこともあって、最後まで快調に歩くことが出来たのではないでしょうか。ちなみに、天候は予報通り荒れ気味になって来ていて、穂高の山頂付近はガスに覆われており、時々雪が舞っているような状況でした。昼間であるにも関わらず結構寒かったです。

 徐々に涸沢が見えて来て、涸沢ヒュッテの少し右手の急斜面を登って行くとテント場に出ます。思ったよりも早く到着できましたので、この時点ではまだスペースは結構残っていました。スペースはいくらでもあるように見えますが、ロープで囲われている所に張ることになります。恐らく雪崩対策諸々も含めて、適切な範囲が設定されているのだと思います。

【多くのテントと忙しなく上空を流れる雲】

【明日登るルートを見上げて】

【賑わう涸沢ヒュッテの売店 ただ日陰で寒かったです】
 テント場に到着したらさっそく設営開始です。ロープ沿いのなかなかの場所を見つけたのですが、なんとスコップで掘ってみると雉打ちの後があったので、仕方なく再び場所を探してスコップで掘って行きます。この日は、既に天気が下り坂でしたが、夜はさらに風も強く気温もかなり下がる予報でしたので、結構気合を入れて掘って行きました。涸沢では今まであまり強風に曝されたことがなく、涸沢自体が囲まれた地形なので大丈夫だろうとも思ったのですが、結果的にはしっかりとした雪壁を作っておいて正解でした。夜中に強い風が吹いていたのですが、音で聞く限りでは、きちんと壁を作っていなかったテントと比較すると当たる風の強さが随分違うように思いました。

 張り切りすぎて少し疲れてしまいましたが、早い時間に到着して充分時間もありましたので、時間をかけて設営をしました。設営をしたらテントの受付に行きます。受付をしているテントがあったのですが、並ぶと最初の数人以外は外に出てしまうので、時折雪が舞う中では待っている間が寒くて仕方がありませんでした。

【テント場と奥は涸沢小屋】

【雲が形を変えながら流れていて見上げていて飽きませんでした】

【ほんのり染まった山を見て】
 テントの受付をした後は、おでんセットを食べるなどしてのんびり過ごしました。ただ、しばらく雪が舞うような寒い風がそこそこ吹くような状況でしたので、ちょっと寒々しいでしょうか。ちなみに、ここではトイレも水場も使用できますので、その点では便利だと思います。売店がありますから、諸々のものを買うこともできます。したがって、必ずしも穂高のピークを目指す人ばかりではなく、涸沢でのんびりする方も結構いるようです。

 その後、テントに戻ってゆっくりしましたが、外が徐々に明るくなったので、外に出てみたらすっかり晴れていました。ただ、時間も時間ですし、日陰になっているので寒いことには変わりはありませんでした。ただ、周囲の景色は楽しむことができたでしょうか。少し写真を撮って回った後に床に就いたのでした。

 この日の夜は、先に書いたように寒いうえに風が強く、さらには昼間からずっと群発地震が起きていて、時々ドーンという音がしてなかなか落ち着かない夜となりました。前日に十分寝ていますし、設営後少し寝ていたので、寝れなくてもいいかなと割り切っていたらそれなりには寝られたのではないかと思います。こうして、2日目の夜は更けて行きました。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る