たかずやさん
 高烏谷山
登山日: 2014年5月18日(日)   標高:1331m(高烏谷山)
    標高差:登山口から約430m


 5月18日(日)    登山口 11:00 → 高烏谷山 12:00(〜40) → 登山口 13:15

 

 本日は高烏谷山に登ります。当初空木岳に登る話もありましたが、かなりの長丁場になるため、さすがにこの時期は厳しく、西やんの持って来た3つのコースからこの高烏谷山を登るコースを選んだのでした。実は、展望のいい山ということで、冬に登ることを考えていた山でもありました。

 登山口までは県道から入る場所がややわかりにくいですが、ヤマレコにちょうどわかりやすい記録がありましたので、それを参考に現地に向かいます。無事に迷うことなく登山口に到着です。地元の方の車も続々と入って来ます。しばらくkazuさんと西やんを待っていましたが、ほぼ現地到着の目途がたったところでイガイガ隊長と先行します。ちびたさん、かおりん、Sさんはもっと先に登っていました。 

【登山口前駐車場】

【登山口 神社への入口】
 
【階段を昇って神社脇から登山道へ】
 登り始めた時間が時間ですので、結構暑かったですが、新緑がまぶしい素敵なコースでした。標高差は400メートル以上ありますが、一本道に高度を稼いで行きます。体力が持つなら標高差の割には短時間で登れる山だと思います。

 途中で息を切らせつつも1時間程で山頂に到着です。気軽に登るにはいい山かなと思います。山頂からは聞いていた通りとはいえ中央アルプスの絶景が待っていました。このあたりには、以前登った陣馬形山や今回候補に挙がった戸倉山など、比較的登りやすくて展望のいい山がいくつかあるようです。
 
【林道を横切って新緑の中へ】

【気持ちの良い樹林帯歩き】

【撮影中のイガイガ隊長】

【V字型に見える雲】

【のんびりとした山頂】
 山頂からは素晴らしい展望が広がっています。遅れて出発したkazuさんも西やんも間もなく山頂に到着です。

 山頂からは中央アルプスと麓の街並みの景色が素晴らしかったです。夜景などもきれいなのかもしれません。また、東側には中央アルプス程すっきりとは見えませんが、木々の合間より南アルプスを眺めることができました。前日の木曽駒ヶ岳に引き続き、みなさんが下り始めた後も写真を撮っていたのでした。

【中央アルプス全体】

【空木岳以南の中央アルプス南部】

【中央アルプス北部及び中央の山々】

【経ヶ岳と伊那市の街並み】

【右奥に昨日登った木曽駒ヶ岳】

【安平路山】

【仙丈ヶ岳】

【北岳と間ノ岳】

【塩見岳】

【南アルプス南部の山々】

【展望の案内もあって気軽に訪れるにはいい山です】

【みんなでわいわい下る】
 写真を一通り撮ったら急いで下山開始です。一定の斜度が続きますので、スリップにだけ気を付けてテンポよく下って行きます。半ばくらいで追い付くことができました。その後はみんなでわいわいお話をしながら下って行きました。

 下りは1時間もかからないうちに登山口に到着です。お手軽ながら素晴らしい展望のあるいい山だったと思います。飲み過ぎた翌日、天気のいい日に登るにはちょうど良かったかなと思います。素晴らしい山仲間と楽しく中央アルプスを満喫した2日間となりました。

【あっという間に登山口へ】
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る