たかはらやま
 高原山
登山日: 2014年5月31日(土)   標高:1540m(剣ヶ峰)
    標高差:−


 5月31日(土)    山の駅 7:50 → 八海山神社 9:45 → 縄文ヤシオ 11:30(〜55)
   山の駅 13:30

 

 本日はリンゴさん主催の高原山オフ会に参加します。やまとそばさんとお仲間、trekker-kさんとお仲間3名(なめこさん、ナベ子さん、社長さん)、yosiさん、naoさん、 yamasanpoさんとyosieさん、chikoやんさん、のんびり夫婦の山遊びさん(2名)、でんさんと奥様、ヤマトモさん、ネビルさんの計19名がたかはら山の駅に集合しました。

 金曜日の夜に出発して、現地に到着後十分な睡眠を取ろうと思っていたのですが、下手に下道を使ったせいで現地には午前4時頃に到着しました。しかも、雨にひどい雷まで鳴っている様でしたが、寝ないことには始まらないということでとりあえずある程度寝ておくことにしました。

【山の駅駐車場】
 
【登山口へ】
 夜が明けると駐車場も賑やかになって来ます。集合時間は午前8時でしたが、その前に続々と集まっているようでした。ぎりぎりまで寝てようかなとも思いましたが、7時過ぎに準備をして出て行ったらほぼみなさんが集合していたのでした。

 1年ぶりの方、初対面の方がおりましたが、yosiさんとは4月の大学時代の知人の結婚式以来の再開です。その時はyosiさんであることに自信が持てずに声をおかけすることができなかったのですが、今回はしっかりお話をすることができました。yosiさんもずっと気になっていたそうで、本当にこのオフ会で再開できて良かったと思います。

【樹林帯を進む】

【見事なヤマツツジ】

【ツツジをズームして】
 
【楽しい山歩き】

【賑わう大間々台へ】

【振り返ると見事な青空】

【見晴ルートへ】
 山の駅で集合後は、リンゴさんの掛け声でお互いに自己紹介をしてから出発します。昨年は小間々台駐車場まで車で移動しましたが、この日は混み合っているということで、この山の駅から歩いて行きました。みんなでおしゃべりをしながら歩いて行くと、あっという間に大間々台に到着です。駐車場は既に満車で車が立ち往生している状態でした。

 ここで少しトイレ休憩をしたら出発です。ヤマツツジは昨年の方が咲いていたでしょうか。花により場所により随分様相が違っていて、何度も訪れたくなるのもわかるような気がします。

【緩やかに高度を稼いで行く】

【釈迦ヶ岳が見えて】

【釈迦ヶ岳をズーム】
 
【八海山神社へ】
 緩やかな樹林帯の道を登って行きます。予報通り暑くて、それほど険しくない坂道でしたが、かなり汗が噴き出てきました。やがて見晴らしのいい所に出ると釈迦ヶ岳が見えてきます。靄がかかって遠方は見えませんでしたが、釈迦ヶ岳はやはり堂々としていました。

 八海山神社では記念撮影をして休憩を取ります。暑さに閉口しつつもみなさん元気でした。ここからは再び登って行きます。昨年は八海山神社手前からシロヤシオが見えていましたが、今回はこのあたりではまだ見ることができませんでした。

【みんなで記念撮影 3人程シェーの方が trekkerさんより】

【矢板市最高地点】
 登って行くとシロヤシオを見ることができましたが、昨年と比べるとこのあたりでのシロヤシオは少なかったようです。この後に通る大入道付近と比較すると咲く時期が遅いとのことです。途中のピークからの釈迦ヶ岳も昨年はシロヤシオとセットで見ることができましたが。今回は残念ながらセットでは見られませんでした。

 その後は釈迦ヶ岳への分岐を見送って、少し登り返して剣ヶ峰を経た後緩やかに下って行きます。このあたりから徐々にシロヤシオが現れますが、下り始めのあたりは昨年の方がシロヤシオが多かったような気がします。少し時期が早いかなという話を聞きながら進んで行きます。

【シロヤシオもちらほらと】

【途中のピークより釈迦ヶ岳】

【釈迦ヶ岳への分岐を見送って剣ヶ峰へ】
 やまとそばさんの大入道付近はよく咲いているよとの言葉通り徐々にシロヤシオが現れてきます。徐々にみなさんから遅れて写真を撮るようになって、いつの間にか昨年と同様にでんさんと最後尾を歩いていたのには笑ってしまいました。

 その後、縄文ヤシオで昼食休憩となります。前回は大入道での休憩でした。みなさんのお裾わけがすごくて、何も持ってこなくても良かったかなと思うくらいで、安倍川もちを持っていたのですが配りそびれてしまったのでした。人気は昨年同様にでんさんの花豆で今年もとってもおいしかったですね。

【新緑とシロヤシオ】

【徐々にまとまって咲いた木も】

【清楚なシロヤシオ】

【笹原の中にも】

【まとまって咲いている場所も】

【ミツバツツジも鮮やかに】

【背後の稜線の眺めも素晴らしく】

【一応ミツバツツジとシロヤシオの共演?】

【シロヤシオに光が欲しいところでしょうか】

【花がしっかり開いたシロヤシオは素晴らしく】

【縄文ヤシオにて休憩】
 休憩が終わったら下りに取り掛かります。もう少し下まで咲いていたシロヤシオを楽しみつつ下ると大入道があります。その後は、みなさんひたすら下って行きます。道中は河原を越える場所あり、最後には登りもありますが、最後樹林帯を抜けるとようやく登山口です。暑さもピークに達して最後は黙々と歩いていたのでした。

 きれいなヤマツツジ前にて記念撮影後は、そのまま山の駅まで戻って、楽しいうちに昼の部解散となったのでした。その後は山の駅のおいしいソフトクリームを食べた後日帰り温泉に向かいました。

【ヤマツツジと青空を見上げて】

【記念撮影再び trekkerさんより】
 昨年と同様に城の湯にお世話になって、trekkerさん達と買い出しに行った後、山の駅に戻って夜の部の開始です。と思ったら既に始まっていたのでした。

 夜の部はリンゴさんの他、やまとそばさん、yosiさん、naoさん、ネビルさんとtrekkerさんと愉快な仲間達との宴会となりました。みなさん、御馳走を用意されていて、相変わらず持ってきたものを出しそびれつつ鍋やらお肉やらをつつきながら山の話から日常のさまざまな話に至るまで盛り上がりました。翌日のことも考えて、当初はセーブすることも考えましたが、おいしい食事やお酒が並んでいてはセーブなどできませんでした。

【やっぱりここに来たらソフトクリーム?】

【山の駅たかはらに戻って楽しい宴会が続いたのでした】 
 結局夜11時過ぎまで飲んでようやくお開きとなったのでした。trekkerさん達はまたテントに戻って飲んだとか。自分は車に戻って片づけをしようと思ったらその体勢で寝てしまったようで、夜中に一旦目覚めた時は首は痛いわ散らかっているわですごいことになっていました。

 布団を引き直して寝たのですが、その時点で起床時間の5時まであまり時間がなく、もう日曜日の山はいいかなという思いと、せっかくの好天でnaoさんが案内してくれるのにもったいないという気持ちで揺れ動いていました。日曜日はnaoさんとtrekkerさん達と那須連山南方の山々をミネザクラを探しに歩く予定になっていたのでした。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る