だいぼさつれい・こがねざわやま
 大菩薩嶺・小金沢山
登山日: 2015年2月15日(日)   標高:2057m(大菩薩嶺) 2014m(小金沢山)
    標高差:駐車場から約1030m


 2月15日(日)    駐車場 6:20 → 丸川峠 8:00 → 大菩薩嶺 9:10(〜30) → 大菩薩峠 10:20(〜35)
   石丸峠 11:05 → 小金沢山 12:45(〜13:15) → 石丸峠 14:30
   上日川峠 15:55 → 駐車場 16:50

 

 本日は大菩薩嶺及び小金沢山に登ります。久しぶりに展望の良い稜線から富士山と南アルプスの山々を見たいと思ったからなのですが、前日に見た予報が思っていたよりもかなり悪くて、南アルプスはまず無理そうで、富士山も見えればいいかなという感じでした。大菩薩嶺自体は3回目になるのですが、今回はそれに加えて、未踏であり、昨年の山である標高2014mの小金沢山に登ることにしました。むしろ、展望がなさそうな状態ではこちらに登ることの方が主目的になるでしょうか。

 日曜日であるにも関わらず、いつものようにゆっくりの出発となります。あまり遠くないということもあったでしょうか。現地入りはそろそろ明け方という時間で、結局3時間程しか仮眠が取れませんでした。ゲート前の駐車場は結構凍結してるという記録があって、確かに駐車場前は凍結していました。ただ、そこ以外は大丈夫でしたので、駐車場に入る時と出るときに気を付ければいいでしょう。無理をせず、少し下の駐車場に駐車してもいいと思います。

【凍結した駐車場入口とゲート】
 
【徐々に雪が増えて来ますが】
 現地入りが遅れたのが最大の理由ではありますが、あまり急ぐこともないかなということで、明るくなってから出発です。小金沢山に登らないのであれば、そのくらいで十分ですが、実際はラッセルを強いられた小金沢山で時間がかかってしまいましたので、そんな悠長なことは言ってられなかったのでした。

 小金沢山まではそれなりにトレースが付いているだろうと思いつつも、大菩薩峠より先は積雪期に訪れた記録が少なかったので、スノーシューを担いで行くことにしました。

 駐車場の奥から川沿いの林道を歩いて行きます。緩やかに登るに連れて雪が増えて行って、途中からは完全に雪道歩きとなりました。やがて、丸川峠への案内看板があり、尾根を登って行くことになります。この尾根は日当たりが良くて、前回中途半端に残ったアイスバーンに苦労しましたが、今回はそれ以上でした。
 
【丸川峠への登りへ】

【随所にアイスバーンが】
 
【夜明けの太陽】
 チェーンアイゼンなら装着しても良かったのですが、結構雪のない区間もありますし、登りですので、そのまま登って行きました。かなりひどいアイスバーンもありましたが、何とか越えて行きました。しかし、土の被ったアイスバーンで転んでしまったのは参りました。多くの登山者に踏まれた後、溶けて再凍結を繰り返したのかわかりませんが、本当につるっつるの場所が結構ありました。

 標高が上がるにつれて雪が増えてと思いましたが、結局丸川峠のすぐ手前まで地肌が露出している場所の方が多かったでしょうか。ただ、丸川峠に近づくと一気に雪が増えると同時に、まだ日陰だったこともあって、寒々しい景色を見せていました。丸川荘に近づいて来ると、トレースが消えていましたが、これは新雪が風に吹かれてトレースを消してしまっていたようで、それだけ積もっていたということでしょう。その後の積もり具合を見ても、1500m前後くらいではそうでもないのですが、2000m近い標高のところはかなり雪が多かったように思います。

【光の当たり始めた樹林帯の道】

【一気に雪が増えて寒々しい景色に】

【丸川荘が近づいて】

【小屋の入口】

【よく踏まれているが外すと踏み抜く積雪量】

【日影になる樹林帯の雪道に】
 丸川荘では、軽アイゼンを装着していた方がいました。自分はどうしようかなと思ったのですが、記憶では斜度のある場所、険しい場所はほとんどなかったですし、雪がよどよく締まっていたことから特に何もつけずにそのまま進んで行きました。

 トレースを丁寧に辿れば、基本的には踏まれていますので、問題なく歩けるのですが、少し外したり、場所によってはトレース上でも結構踏み抜きました。また、トラバース気味のところに雪が結構吹きだまっていて、しっかり歩かないと滑り落ちてしまいそうな場所もありました。また、登って行くと、トレースのある場所でも結構雪の深い場所もありました。そのような状況ではありましたが、比較的快調に歩くことができました。いつもは、序盤調子が悪くて、その後調子を上げて行くことが多いのですが、今回は序盤の調子が良くて、むしろその後はあまり調子が上がりませんでした。

【山頂も近くなると雪も深く】

【所々に霧氷】

【樹林帯の道を進む】

【大菩薩嶺山頂へ】

【頂上碑】

【雷岩分岐】
 それなりのペースで何とか大菩薩嶺まで登って来ることができました。ここまでは、ほとんど休憩せずに来ましたので、ここで少し長めの休憩をすることにしました。それと、この日の予報ではとても風が強いとのことでしたので、稜線に出た時に備えて、オーバーグローブをしたり、ジャケットを着るなどして稜線歩きに備えることにしました。

 充分に休憩をしたら先に進むことにします。樹林帯を少し歩くと雷岩が現れて、ここは福ちゃん荘方面への下りの分岐となっています。ここからは稜線上の素晴らしい景色が広がるはずなのですが、南アルプスはともかく、富士山も辛うじて見える程度でした。ちょうど雷岩付近の霧氷がきれいでしたので、それを眺めた後は大菩薩峠に向かって緩やかに下って行きます。展望はなく雲は多いですが、気持ちの良い稜線歩きが続きます。この日は予報通りの強い風が吹いており、きちんと備えてちょうどいいくらいでした。ただ、風が強いと言っても森林限界を越える山々に比べれば穏やかなものだったでしょう。

【視界はあるものの富士山や南アルプスまでは見通せず】

【雷岩付近の霧氷】

【このあたりの霧氷は見事でした】

【青空に映える霧氷】

【真っ白な稜線を振り返って】

【富士山の上の雲が流れるまで粘って】

【写真でも何とか富士山を写すことができたでしょうか】

【介山荘と大菩薩峠の標識】
 稜線の先には小金沢山へ続く山々が見えています。この時点では順調に歩いて来ていましたので、小金沢山もてきぱき歩いてなどとこの時には考えていたのでした。もちろん雪のない時期でいいのですが、やはり縦走してみたくなる稜線です。

 展望は南アルプスはとても見える気配がなかったものの、富士山の方はすっきりとは見えずとも雲が流れれば富士山そのものは見えそうでした。途中のよく見える地点でしばらく粘ってようやく富士山を見ることができました。展望がクリアでないのは仕方がないでしょう。青空も見えて来たので、徐々に青空が広がって来るのかなと思いきや、この後一旦雲が増えて、空が灰色の雲に覆われて雪が舞って来るような時間帯もありました。それもしばらくたつと再び青空が広がり始めるなど、目まぐるしく空模様の変わる1日だったようです。富士山は、雲の間から顔を覗かせてもうっすら見える程度でした。

【お馴染みの標識の前にて】

【大菩薩峠休憩舎】
 その後緩やかに下って行くと介山荘があって、大菩薩峠に到着です。お馴染みの看板の写真を撮ったらそのまま進んで、休憩所で少し休憩をすることにしました。ここには公衆トイレもあって便利です。別にそのためではないですが、アイゼンを装着していませんでしたので、そのまま利用できました。

 休憩もそこそこに先に進むことにします。ここからのルートは未踏ですが、一般的にはよく歩かれているルートです。ただ、この時期はぐっと歩く方も減るのでしょう。それでも、いくらかのトレースはありましたので、多少潜るところもありますが、問題なく進んで行けます。とはいえ、数人分程度のトレースで踏み固められているわけではないので、それなりに足を捕られながら登って行くことになります。熊沢山を経て石丸峠に下って行きますが、このあたりは雪の吹き溜まりになっているのか結構足が嵌ってしまいました。ただ、下りでしたし、これなら何とかなると思ってそのままツボ足で進みました。

【石丸峠を経て小金沢山へ】

【石丸峠への下り】

【雪深い道を下って行く】

【小金沢山へ向かう途中の雪原 離れた場所からは気持ちよさそうですが雪が多くて大変でした】

【稜線の彼方に小金沢山 どんよりとした雲に覆われて来て雪が舞っていました】

【石丸峠 上日川峠方面へのトレースはきっちり付いていました】

【案内看板】
 下って行くと石丸峠に到着です。ここまでのトレースもありましたように、石丸峠から上日川峠へのトレースもきちんと付いていました。そのまま、小金沢山に向かいます。相変わらずそこそこの深さの雪が続きますが、トレースを辿って行けば特に問題ありませんでした。

 しかし、少し登って行くと一気に深くなると同時にトレースも曖昧になります。これはさすがにツボ足では厳しいということで、少し戻ったなだらかな場所でスノーシューを装着することにしました。なお、その間に石丸峠に下って来て、そのまま小金沢山に向かった2人組の方がいましたが、雪が深かったので諦めて戻って行きました。大菩薩嶺だけですと、それなりに歩かれているので、あまりわかんやスノーシューはいらないこともあって、これらのものを担いでいる方自体があまりいない気がします。ただ、今年は雪が多いということで、前回訪れた時よりは担いでいたり装着していたりした方が多かったでしょうか。

【ラッセルをしながら進む】

【雪原を歩いて行く】

【かなり深いようです】

【ツボ足で頑張るなと思ったら鹿の足跡でした】
 最初に目の前に見えている天狗棚山は、落したGPSのルートもトレースの一部も尾根伝いに付いていましたが、ルート的には少し下のトラバースして進む道の方がわかりやすそうでしたので、そちらの道で進むことにします。スノーシューでもまともに沈むので、先が思いやられるような状況でした。山を越えて雪原に下って行きますが、このあたりも雪が深く、トレースはあってもスノーシューと足幅が合わなくてかえって歩きにくかった気がします。スノーシューでも結構沈むというよりも、新雪ではあまり浮力が働かなったような気がします。

 やがて、鬱蒼とした樹林帯に入ります。雪深さは多少落ち着くのですが、今度は木々の合間を通りますので歩きにくく、結構幅の狭いトラバースを強いられますので、慎重に歩いて行きました。最後は、わかりやすい尾根道になりますが、CTを大幅に超えてようやく小金沢山に到着です。

【歩きにくい樹林帯のアップダウンの続く道】

【トラバースも慎重に】

【山頂手前で歩きやすい尾根道に 雪はどっさり積もっていますので少しラッセルをしながら進みます】

【山頂が見えて】

【小金沢山頂上碑】

【肉眼でも辛うじて見えたくらいの富士山 写真ではほとんど映っていません】

【いつかは縦走してみたい稜線】

【山頂付近の眺め】

【カメラを置いてセルフで】
 それまでは鬱蒼とした樹林帯が続いていますが、小金沢山山頂はやや開けていて富士山も展望がクリアであればよく見えたことでしょう。青空は広がっていたのですが、残念ながら富士山は肉眼でもほとんど見えないくらいでした。ただ、今回は山頂までたどり着ければ充分でしょう。ここで、しばしの休憩としました。

 風が強く場所によっては結構な風が吹いていたこの日ですが、山頂は木々に囲まれているのか比較的穏やかでした。日に当たっているとぽかぽかしていつまでものんびりしていたかったところですが、思ったよりも時間が押しているので戻ることにします。樹林帯の狭いトラバースに気を付けながら戻って行きます。登りよりはペースは速いですが、やはり雪が多い場所はどうしても足をとられて思うようには進めませんでした。ただ、疲れた中でも雪の上を楽しく歩けたのではないでしょうか。ようやく石丸峠まで戻って来ましたが、まだまだ行程は残っています。なんとかヘッデンを使わずに済めばいいかなと漠然と考えていました。

【樹林帯を抜けると再び雪原のラッセル】

【美しいシュカブラ】

【雪原を通って天狗棚山へ登り返して行く】

【再び石丸峠へ】

【小金沢山への稜線を振り返る】

【樹林帯をひたすら下って行く なだらかなで長い下りが続く】

【堂々たる山容】

【林道出合】

【小屋平のバス停のある車道を横切って再び登山道へ】

【やや笹の突き出た所も】
 その後は、緩やかに下って行くと再び鬱蒼とした樹林帯に入って行きます。しばらくは雪が結構残っている所もあったのですが、場所によっては地肌も見えて来て、スノーシューでは歩きにくくなって来ましたので、途中でチェーンアイゼンに替えて下って行きます。雪の多いところは当然アイゼンは効きませんが、危険な所も特にないので、そのような場所は足を滑らせながら下って行きました。

 思ったよりも長い下りで、しばらく緩やかに下った後にやや急な斜面を下って行くと、車道に出て小屋平のバス停があります。この車道を横切ったら再び登山道に入ります。やや笹の突き出た所もありますが、トレースも明瞭で問題なく進んで行きます。ただ、その後の徒渉は良かったのですが、渡渉の後は緩やかなアップダウンがあって、またそのような場所に限ってやや雪が多くて、ペースが上がらず、また疲労は隠せませんでした。結局、石丸峠から小金沢山の間程ではないにせよ、CTと比較すると随分時間がかかってしまったのでした。

【渡渉地点】

【ようやく上日川峠へ】

【ロッジ長兵衛】

【部分的に凍結した林道を下る】

【ゲート前&駐車場へ】
 それでも、ようやく16時前に上日川峠に到着です。ここまで車で入れる無雪期ならばともかく、ゲート前までまだ距離のある上日川峠で日暮れ前の時間ですからすっかり静まり返っていました。とりあえず、明るいうちに下れるだけ下ることにしました。

 やはり上日川峠からはかなり雪が踏み固められていて、アイゼンがないとすぐに滑ってしまいそうでした。また、部分的に地肌の出ている所もあってちょうどチェーンアイゼンで良かったです。このあたりは前回と同様でした。結局まだ明るいうちにゲート前まで戻ってくることが出来ました。

 今回は気楽に周回のつもりでしたが、雪が多くて、特に小金沢山には難儀しましたが、展望がなくてもよく雪道を歩いて充実した1日になったのではないかと思います。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る