にしほどっぴょう
 西穂独標・ピラミッドピーク
登山日: 2015年4月12日(日)   標高:2701m(西穂独標) 2740m(ピラミッドピーク)
    標高差:西穂高口から約580m


 4月12日(日)    西穂高口 9:25 → 西穂山荘 10:30 → 丸山 11:05 → 西穂独標 12:00
   ピラミッドピーク 12:45 → 西穂山荘 14:00(〜45) → 西穂高口 15:20

 

 本日は西穂独標に登ります。ムサママさんの是非という掛け声のもと、イガイガさんと3人で現地に向かったのでした。私自身もアルプスにはそれなりに通っているつもりではありましたが、新穂高ロープウェイに乗るのは初めてで、当然西穂独標に登るのも初めてとなります。難ルートとなる奥穂までの縦走はあまり考えていませんが、やはり西穂高岳まではいつか登っておきたいというのがありましたので、ムサママさんの誘いに乗せてもらったのでした。

 最初から第二ロープウェイに並ぶために鍋平高原を目指します。新穂高ロープウェイのHPに現地までの道順は載っていたものの、実際に行ってみてわかるかどうか心配でしたが、看板などもあって、新穂高温泉に向かう道から一本入った後は、基本的に一本道でした。もうすっかり道路上の雪は溶けていたと思ったら、最後の駐車場手前に凍結した路面がありました。もうスタッドレスはいらないかなと思ったら、思わぬところに残っていたのでした。

【鍋平高原駐車場】
 
【ロープウェイ駅へ】
 準備をしたら新穂高ロープウェイに乗り込みます。北アルプスに詳しいイガイガさんがいますので、こうした初めて訪れる場所では心強いです。時期が時期だけに乗客はそこまで多くはありませんでした。

 ロープウェイに乗って西穂高口に到着です。すぐには出発せずに展望所で景色を楽しみます。目の前に迫る笠ヶ岳の他、西穂高岳への稜線、焼岳、そして遥か遠方には白山など素晴らしい景色が広がっていました。ここは、観光客の方もいて結構な賑わいを見せていました。

 しばし景色を楽しんだら、準備をして出発します。しばらくは樹林帯の雪道を歩いて行くことになります。
 
【展望所にてムサママさん】

【3人で記念撮影】

【西穂高岳】

【槍ヶ岳からの稜線】

【笠ヶ岳】

【白山もしっかり見えていました】

【焼岳】

【笠ヶ岳〜抜戸岳の稜線とロープウェイ】
 
【西穂山荘も見えています】
 木々の合間からも素晴らしい景色が見えていて、稜線の眺めを楽しみにしつつ進んで行きます。単独でしたら退屈になるかもしれない樹林帯の道ですが、3人でいろいろ話しながら進んでいたらあっという間に西穂山荘に到着です。山荘ではトイレをお借りしました。

 いよいよ西穂独標に向かって歩いて行きます。雪は西穂山荘までの道と比較すると、結構夏道が露出している箇所も多かったです。雪も比較的柔らかいですし、チェーンアイゼンくらいでちょうど良かったように思います。事前の記録で独標手前の登山道にはほとんど雪がないことはわかっていたので、チェーンアイゼンを持ってきていたのでした。

【こちらの写真を撮るイガイガさん】

【駆け抜ける?イガイガさん】

【西穂高岳への稜線】

【西穂山荘】

【テント場と乗鞍岳】

【東側には雪が結構残っているようです】

【夏道は露出していますが夏道を歩いている方もいれば雪の上を歩いている方もいます】

【本格的な登りへ】

【丸山山頂】
 しばらく登って行くと本格的に登って行く斜面が見えています。この取付き手前に丸山山頂があります。ここまではほとんど険しい箇所もなく登って来ることができます。

 丸山からは本格的な登りですが、夏道が随分露出していますので、雪の上はほとんど歩くことなく登って行くことができました。ムサママさんはいつものようにいいペースで登られていて、途中で待ってもらいながらの登りとなりました。

 徐々に岩場に入って行き、最後はやや険しい岩場を登って行くと西穂独標に到着です。確かに、比較的登りやすいとはいえ、山頂直下の岩場は注意が必要だと思いました。

【乗鞍岳と焼岳】

【霞沢岳】

【登って来た稜線を振り返る】

【ピラミッドピークと西穂独標】

【山頂には休憩している人が見えています】

【山頂直下の岩場】

【西穂独標頂上碑と笠ヶ岳】

【ピラミッドピークとその先に続く稜線】

【吊尾根】

【ピラミッドピークから西穂高岳〜奥穂高岳〜前穂高岳】

【左に霞沢岳 右に焼岳 中央奥に乗鞍岳の素晴らしい景色】

【西穂独標から先は急な下りに】

【ピラミッドピークへ向かうムサママさん】

【真っ白な岳沢を見下ろして】

【唯一まとまって雪が残っていた場所】
 西穂独標からは素晴らしい景色が広がっています。ここでゆっくりと思いましたが、ムサママさんがやる気満々でしたので、そのままピラミッドピークに向かいます。ロープウェイに乗るだけならそこまで厳しい時間ではなかったのですが、西穂山荘でラーメンを食べようということでしたので、少し時間的に押していたのでした。イガイガさんは、冬用の靴ではなかったので、西穂独標で待っていただくことになったのでした。

 西穂独標からは本格的な岩場となりますが、聞いていたように登山道上に雪がほとんどなかったので、やや険しいながらも特に問題なく進んで行くことが出来ました。岩場はあまり得意ではありませんが、なんとかなるくらいの岩場だったでしょうか。無事ピラミッドピークに到着です。もちろん素晴らしい景色が広がっていますが、イガイガさんを待たせていますので、記念撮影をしたら戻って行きます。

【ピラミッドピークへ】

【岩場を戻って行く 左中央が西穂独標】

【山頂で待つイガイガさんと乗鞍岳】

【手を振るイガイガさん】
 当然帰路も岩場になりますので慎重に戻って行きます。イガイガさんとお互い手を振り合ったり写真を撮り合ったりしながら戻って行ったのでした。西穂独標で合流した後は、急いで西穂山荘へ向かって戻って行きます。ムサママさんが快調でしたので、注文は頼んで下って行きました。

 しかし、途中から雪が繋がっているところがあって、かなり時間を短縮できそうでしたので、雪を滑りながら下って行きました。最後山荘手前の急登にはびっくりしましたが、そこだけは慎重に下って結局ムサママさんに先回りして山荘に到着したのでした。雪道の下りは楽しいですが、さすがにやりすぎたかなと反省しています。イガイガさんもいいペースで下られていましたので、すぐに合流して山荘に入りラーメンを注文したのでした。

【山頂直下の岩場は慎重に】

【乗鞍岳とムサママさん】

【ラーメンをいただいて】
 山荘ではのんびり過ごします。やはりこのメンバーですとあの山この山と話は尽きません。とはいえ、ロープウェイの時間もありますので、山荘で過ごすのもそこそこにロープウェイ駅まで戻って行きました。登りでは全くムサママさんについて行けませんでしたが、下りでしたのでイガイガさんも私も快調に戻って行くことが出来たのでした。

 新穂高ロープウェイに西穂独標と今回初めて乗り、初めて登頂しましたが、景色も素晴らしく本当に素敵な山行となりました。いい機会を作っていただいたムサママさん、現地を案内していただいたイガイガさんには本当に感謝したいと思います。雪が溶けたら、いつか西穂高岳まで登りたいと思います。

【ポーズも完璧なムサママさんとイガイガさん】

【ロープウェイの中からの笠ヶ岳 最後の景色を楽しみながら戻りました】
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る