ほうおうざん
 鳳凰山
登山日: 2015年5月10日(日)   標高:2780m(薬師岳) 2840m(観音岳) 
    標高差:夜叉神の森から約1400m

地図は以前の鳳凰山登山時(2013年1月13日)のものを参照

 5月10日(日)    夜叉神の森 6:40 → 南御室小屋 10:00 → 薬師岳 11:25
   観音岳 11:45(〜12:15) → 南御室小屋 13:25 → 夜叉神の森 15:55

 

 本日は鳳凰山に登ります。この週末は、天気はいいものの風の強い予報が出ていて、特にGW後の片付けの済んでいない週末でしたので、自宅でのんびり過ごす予定でした。しかし、週末が近づくに連れて思ったよりも条件が良くなって来ましたので、北アルプスの日帰りできそうな山に登ろうかとも思ったのですが、さすがに登山口に向かうだけでも大変ですので、今回は近場で景色も楽しめる鳳凰山に登ることにしました。近場と言っても3時間弱はかかりますが、北アルプスですと少なくとも1〜2時間はプラスで考えなければなりませんので、それに比べると随分楽な感じがします。この日は52号線が比較的順調に走れたので、2時間半ぐらいで到着できたでしょうか。

 とはいえ、行先に迷ったこともあって、準備に手間取って起きる時間も遅くなったので、登山口に着いた頃にはみなさん出発した後で静まり返っていました。

【登山口前駐車場】
 
【登山口】
 遅くなりましたので準備が出来たら出発です。今回はまだそれなりに雪も残っていると思って雪山用の靴で来ましたので、あまりペースは上がりません。あまり急斜面に雪はなかったので、日帰り用の靴でも良かったかもしれません。実際に、結構トレランの方もいて、雪の上を疾走していたのには驚きました。

 マイペースで登って行き、夜叉神峠を経て樹林帯を抜けて行きます。夜叉神峠や火事場跡では白峰三山を眺めることができるのですが、思ったよりも展望がクリアで素晴らしい景色を眺めることができました。雪は火事場跡を登ったところから出てきます。南御室小屋までほぼ繋がっていました。その後、南御室小屋に到着して、少し休憩をした後、薬師岳を目指して行きました。

【新緑が美しく】

【夜叉神峠からの白峰三山】

【杖立峠】

【火事場跡】

【火事場跡からの白峰三山】
 
【雪道歩き】

【南御室小屋】

【砂払岳へ】

【富士山はうっすらと】

【薬師岳へ】

【薬師岳小屋】

【広々とした場所へ】

【薬師岳頂上碑と白峰三山】

【観音岳】

【観音岳頂上碑 山梨百名山のものもあります】
 樹林帯を抜けて砂払岳を越えて行きます。ここは、一度かなりの強風に遭ったことがあって、その時は帽子を一時飛ばされたのですが、その時に比べればまだ穏やかだったでしょうか。冬の鳳凰山と比較しても仕方がないかもしれませんが。

 岩場を慎重に下って薬師岳小屋を経て薬師岳に向かいます。やはりこのあたりはまだ雪が残っています。しかし、薬師岳付近に近づくとすっかり雪がなくなりました。少しだけ写真を撮ったらそのまま観音岳へ向かいます。やはり登ったのが遅かったようで、何人かすれ違った後山頂に到着してみると、山頂は誰もおらず貸し切りの山頂となりました。富士山こそちょっと霞んでしまっていましたが、それ以外は南アルプスの素晴らしい景色が広がっていました。風が少し肌寒かったですが、しばしのんびりと景色を楽しみました。

【甲斐駒ヶ岳方面の眺め】

【薬師岳から続く稜線とうっすらと見える富士山】

【白峰三山】

【間ノ岳と北岳】

【甲斐駒ヶ岳】

【荒川三山もよく見えて】

【仙丈ヶ岳まで入れて広角に】

【白峰三山の上にたなびく雲】

【薬師岳へ戻る】

【登山口へ】
 山頂での景色を楽しんだら下山開始です。もういい時間ではありますが、そこまで遅い時間でもありませんので、登りと同様にマイペースで下って行きます。南御室小屋で泊まっていた方達も下られたようで静かな下りとなりました。

 杖立峠付近くらいからは、テント泊らしき方がちらほらいて抜かさせていただいた以外はほとんど人に会うことなく下って行きました。とりあえずで向かった鳳凰山ですが、素晴らしい景色に恵まれて充実した山行となりました。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る