だいぼさつれい
 大菩薩嶺
登山日: 2015年9月5日(土)   標高:2057m(大菩薩嶺) 
    標高差:上日川峠から約470m


 9月5日(土)    上日川峠 8:15 → 大菩薩峠 10:50 → 大菩薩嶺 12:45 → 上日川峠 14:00

 

 本日は大菩薩嶺に登ります。raymariさんに声をかけていただいて、日帰り登山&車中泊宴会の計画となりました。fukumaruさんの足の調子が良くないということで大菩薩嶺に登ることになりましたが、このくらいの山に登れば宴会前に登る山としては充分だと思います。

 今回はraymariさんに加えて、初対面のひっちさん(ひっちゃん)とfukumaru(ふくちゃん)さんと歩くことになりました。ひっちさんはブログでの交流はあったものの、会うのは今回が初めてになります。fukumaruさんは交流はなかったものの、他の方のブログで知ってはいました。

 他の4人の方は前夜祭をやったようですが、自分はとても前日の夜に入るのは難しそうでしたので、当日の朝に駐車場に向かったのでした。残念ながら登山口付近の駐車場は埋まっていましたので、少し奥の駐車場に駐車しました。奥と言ってもそれほどの距離ではありませんが。

【ひっちゃんとの感動の御対面(やらせ?)】
 
【上日川峠にて】
 駐車場で待っているとひっちゃんの車が入って来ます。raymariさんは道の駅に車を置いて4人で上日川峠に向かったのでした。実は、今日は当初予定では自分は参加できない予定でしたので、ひっちゃんふくちゃんに対してはサプライズ登場の予定だったのですが、タイミングがよくわからずに御対面となりました。

 準備ができたら上日川峠に移動して出発です。ブログでいつも見させてもらっていたように、擬態探し&キノコ祭りが始まります。驚いたのはみなさんの観察力で、普通に歩いていたらまず見落としそうな擬態やキノコを見つけていました。自分も便乗しておもしろそうなキノコなどを撮っていたのでした。確かにこれではなかなか進まないはずです。ただ、この福ちゃん荘までの樹林帯はキノコが特に多かったとのことでした。

【仮想家族?】

【いつものポーズ?で出発です】

【さっそく撮影タイム】

【菌類の一種でしょうか】

【緑鮮やかな樹林帯を抜けて】

【何かを見つけたようです】

【福ちゃん荘】

【オオカメノキの実】

【立派なキノコ】

【楽しく登って行きます】
 福ちゃん荘からは本格的に登って行きます。と言っても、大菩薩峠までは車も入れる林道でもありますので、歩きやすい道が続きます。ふくちゃんも思ったよりも足は大丈夫なようで順調に登って行きました。

 大菩薩峠に到着した後は、記念撮影をして、少し移動してからランチタイムとなりました。晴れてはいたものの、残念ながら富士山は見えない状況でした。今回はみんなで楽しく歩けましたので、気持ちよく歩ければ充分でしょうか。ランチを食べ終わったら稜線を歩いて行きます。雷岩まで行ったところで大菩薩嶺山頂をピストンします。ふくちゃんは無理をせず雷岩で待っていることになりましたので、他の4人で山頂に向かいました。山頂までは短時間で行けるのですが、おもしろいキノコを見つけてしまうとどうしても写真を撮ってしまうのでした。

【稜線が見えて来て】
 
【大菩薩峠休憩舎】

【rayさんの記念撮影?】

【お馴染みの看板前で記念撮影】
 
【稜線歩きへ】

【オトギリソウ】

【親不知ノ頭分岐】

【富士山は見えず】

【カイフウロ?】

【雷岩分岐へ】

【雷岩で撮影中のrayさんひっちゃん】

【ハート形のキノコ】

【頂上碑前にて記念撮影】

【下りも楽しく】

【上日川峠に戻って来ました】

【もちろん下山後は宴会タイム】
 雷岩に戻ってふくちゃんと合流した後は下って行きます。下山時も楽しく話をしながら下って行きました。ふくちゃんもしっかり歩いて無事上日川峠に戻って来ました。駐車場へ戻る時は少し遠回りしてしまいましたが、またまた不思議なキノコを見つけて帰って来たのでした。

 下山後は汗を流した後に道の駅に移動です。楽しみにしていた宴会タイムということで、raymariさんの居酒屋ハイエースにお邪魔して楽しい夜を過ごしたのでした。結局ほとんどいただいてばかりで、おいしいものをいろいろと食べることができました。みなさんダイエット中ということで私が持っていたスナック菓子は不評だったようです。ただし、やっぱりおいしいのでちょっと食べてしまっていたようです。

 その後は車中泊をして、翌日道の駅を散歩してから解散となりました。山仲間と過ごした楽しい週末となりました。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る