やりがたけ
 槍ヶ岳
  登山日: 2015年10月31日(土)〜11月1日(日)  
  標高:3180m(槍ヶ岳)   標高差:上高地から約1670m


 10月31日(土)    上高地 8:30 → 横尾 10:50 → 槍沢ロッジ 12:10 → 槍ヶ岳山荘 16:25
     
11月1日(日)    槍ヶ岳山荘 7:45 → 槍ヶ岳 8:00(〜10) → 槍ヶ岳山荘 8:45(〜9:20)
   槍沢ロッジ 11:20 → 横尾 12:30 → 上高地 15:05

 

 本日から1泊2日で槍ヶ岳に登ります。月曜日に休暇が取れれば4連休だったのですが、休暇が取れなかったので1泊2日でどこに行こうか悩んだ末に槍ヶ岳に登ることにしました。敢えて今年何度か登っているこの槍ヶ岳か三俣蓮華岳かどちらにしようか迷っていたのでした。槍ヶ岳は今年3回目、昨年も2回登っていますので、2年間で5回登っていることになります。北アルプスの他の山と比べて特別に好きな山というわけではないのですが、景色を見るととりあえず槍ヶ岳を探してしまうのと同じように、足が向いてしまうのかもしれません。ただ、登るよりはやはり見る方が好きなので、新穂高温泉からではなく、道中より槍がしっかり見える上高地から槍沢を抜けるルートとしました。

 当初、土曜日は稜線がガスに覆われるうえに風が相当強く稜線まで上がるのが厳しそうであったことから、ババ平でのテント泊を考えていました。

【沢渡バスターミナル】

【ターミナル前の紅葉も終わりかけでした】

【バスの中からの割にはうまく撮れた穂高連峰 大正池に日が当たっていないのが残念ですが】
 
【登山届を提出して出発】
 今回は初日はババ平までと考えていましたので、出発がゆっくりになったうえに途中でトラブルがあって、沢渡に着くのが随分遅くなってしまいました。いつものように沢渡バスターミナルに駐車して上高地に向かいますが、上高地に到着して登山届を提出した時には既に8時半になっていました。それでもババ平までであれば充分な時間とも言えるでしょう。既に上高地も紅葉がほぼ終わっているような状態でしたが、観光客はそれなりにいました。紅葉が終わった一方で冠雪した穂高連峰が見事でしたので、これはこれで素晴らしい眺めでしょう。また、葉が落ちた後の晩秋の静かな上高地も風情があって良かったと思います。

 ただし、今回は今シーズン初めての冬靴にテント装備ということで、装備も重くて歩きづらかったです。疲労も重なっていたようで、結果的には後日の腰痛に繋がってしまいます。とはいえ、それなりのペースでは歩いて行けたと思います。

【河童橋越しの穂高連峰】

【穂高連峰の標高の高い所は結構白くなっています】

【まだ残るカラマツの紅葉が美しく】

【僅かにカラマツの紅葉が残るだけの晩秋の上高地】

【青空の下の明神岳を左手に見ながら】

【カラマツの紅葉が見事でした】

【岩峰とまだ残る紅葉】

【横尾大橋】

【槍沢ロッジ】
 明神そして徳沢といつものルートを歩いて行きます。上高地からの穂高連峰を見ても、風はそれなりの強さかもしれませんが、稜線が雲に覆われているようには見えません。少なくとも予報よりは随分良さそうでした。それに加えて横尾には11時前と思っていたより早く到着することができました。雪は積もっていてもそれほど多くは積もっていないでしょうから、これなら日が暮れる前には槍ヶ岳山荘まで行けると思い、テント装備及び寝袋はデポして槍ヶ岳山荘を目指すことにしたのでした。実際問題として、翌日ババ平から槍の肩までを往復して上高地まで下山するのは大変だったことでしょう。ただし、ババ平にテント泊した場合には、サブザックで登るうえに、穂先には登らない予定でしたので、無理な日程ではなかったと思いますが。結果的には夕陽及び御来光を眺めることができましたし、穂先まで登ることができましたので、良かったと思います。ただし、途中で計画を変えたことはとても褒められたものではなかったでしょう。GPSは持っていたとはいえ、ガスに巻かれていたら難儀した可能性はあります。 

【唯一の彩りとも言えるナナカマドの実】

【ババ平】

【すっかり葉の落ちた木々】
 さすがに荷物整理などで横尾では時間を潰してしまいましたが、槍沢ロッジには何とか12時過ぎには到着することができました。小屋泊装備並みの重さになったはずですが、やはり久しぶりの冬靴が重いのと、自炊関係の道具やアイゼンピッケル防寒具などで、夏場の小屋泊よりは随分重かったです。槍沢ロッジは外トイレが既に閉鎖されており、小屋閉め作業が進んでいるようでした。

 槍沢ロッジで少し休んだら槍ヶ岳山荘を目指して出発です。やはり思ったよりも疲労していましたが、コースタイム通りに歩いても日の入り前には充分槍ヶ岳山荘に着けるペースになっていましたので、着実に進んで行きます。この時点ではこの日槍ヶ岳山荘に泊まった人の中では最後に槍沢ロッジを出たことになります。梓川沿いをぐるっと回りながら歩いて行きます。このあたりは、9月下旬に縦走で歩いた時には見事な紅葉が見られましたが、すっかり色が落ちて冬を待つばかりになっていました。単独行の方と1組の夫婦を抜かさせてもらって、登りに入って行きます。

【昨年と今年の9月に何度も紅葉の眺めを撮ったロケーション】

【振り返るとわずかに紅葉の名残が見えて】

【天狗原分岐 下りではいつの間にか通り過ぎていました】
 ちなみに、この時期になると案内看板は全て取り外されていて、最後の東鎌尾根分岐まで何もなかったのには驚かされました。この時期に初めて槍ヶ岳を目指す人はそうそういないと思いますが、場合によっては注意が必要かもしれません。

 天狗原分岐はやはり看板はありませんが、注意をして見ているとさすがによくわかります。ただし、下りでは気にせず下っていましたので、いつの間にか通り過ぎてしまいました。やはり看板のあるなしは大きいようです。雪は天狗原分岐あたりからは結構出てきますが、まだ雪のない場所もある感じだったでしょうか。さらに登って槍ヶ岳がしっかり見えるあたりからは、ほぼ雪が繋がっており、吹き溜まりになっている所では膝下まで埋まる場所もありました。場所によっては、雪で滑る場所もありましたが、急斜面や危険な場所は特にないので、とりあえずそのまま登って行きました。

【雪は多くはありませんが寒々しい景色】

【徐々に稜線に覆いかぶさる雲】

【天狗原への道がよく見えています】

【ガスが時々晴れて槍ヶ岳も見ることが出来ました】

【振り向くと端正な常念岳が見えて来て】

【再びガスに覆われて】

【雪が深い所も】
 槍沢ロッジあたりまでは青空が見えていたのですが、ババ平から徐々に高度を上げた頃には稜線が雲に覆われて来ました。これでは、槍もほとんど見えないかなと思ったのですが、断続的に雲が流れているようで、槍が現れたり隠れたりを繰り返していました。夏場であれば、この時間に雲に覆われたらまず晴れることはないと思いますが、秋以降は少し異なるようです。槍が見えた後、すっかりガスに覆われてしまいましたが、再び見える時間もあるかもしれないと思い、雪道をゆっくり登って行きます。高度が上がってきたせいもあるかもしれませんが、このあたりは本当にしんどい登りとなりました。ただ、それは途中で抜かせていただいた3人の方も同じで、みなさんかなりペースが落ちていたようでした。

 しばらく登って行くと再び槍が見えてきました。それと同時に殺生ヒュッテもかなり近づいて来ました。こちらは既に今年の営業を終了していました。

【常念岳】

【再び槍が見えて】

【すっきりと見えた槍ヶ岳 手前は途中抜きつ抜かれつした単独行の方】

【振り向くと見事な雪景色】

【営業を終了している殺生ヒュッテ】
 最後の九十九折れの道もそのまま九十九折れに登れそうでしたので、アイゼンなしでも行けそうでしたが、やはり場所によっては滑るのでチェーンアイゼンを装着することにしました。雪がうっすらと積もっているところを下る時に使おうと思っていたのですが、この最後の登りもちょうどいいくらいでした。

 九十九折れの道をゆっくりと、しかし着実に登って行きます。日が傾いて来たうえに、風も時々吹き降ろして来て結構寒かったです。この日はあまり気温が上がらなかったようですので、それも寒かった要因でしょうか。それでも、西風を槍ヶ岳山荘がうまく遮ってくれていますので、まともに風に当たらずに済むのは助かりました。最後、東鎌尾根と合流すると間もなく槍ヶ岳山荘に到着です。急いで槍の写真を何枚か撮ってから山荘に入りました。

【光が差し込んで ちなみにこの時間に穂先に登っていた方々はブロッケン現象が見られたそうです】

【槍ヶ岳山荘までもう一息に見えますが】

【ババ平後に見た唯一の案内看板】

【見事な雪景色が広がって】

【きれいに光の当たった槍ヶ岳】

【徐々に雲が流れて】

【いつの間にかすっかり青空の下の槍ヶ岳】

【槍ヶ岳山荘へ】
 自炊用具を持っていたのでどうしようか迷いましたが、1泊夕食付としました。せっかくなのでどのような食事が出るのか見てみたかったのがあります。ただ、小屋閉め前ですのであまり参考にはならないかもしれません。結果的には泊まった方達といろいろ話すきっかけになったので良かったと思います。

 小屋の受付を済ませた後は、部屋に移動です。この日は十数名程度の宿泊で、1部屋を3人でしたので広々と使うことが出来ました。すぐに夕食の時間でしたが、日の入りの時間も迫っていたので、カメラを持って急いで外に出たのでした。槍ヶ岳が真っ赤に染まるのが見えましたがガスに覆われてこれは無理かなと思っていたら、一気にガスが晴れて来て、見事に染まった槍ヶ岳を見ることが出来ました。正直夕陽でここまで染まった山を見たのは初めてで、夢中で写真を撮っていました。今回は山行の前後にいろいろとありましたが、この景色を見られただけでも本当に幸運だったと思います。それほど素晴らしい眺めでした。

 この日は宿泊者が少なかったので、夕食、その後の談話室と泊まった方達といろいろな話が出来て良かったです。ベテランの方ばかりで、正直わからないルートの話が多かったですが、聞いていてとても楽しかったです。この時点では凍結も予想されたことから、翌日の穂先は難しいと思っていて、上高地へ下るだけならそれほど急ぐこともないということもあって、結局消灯間際まで特に翌日の準備をすることもなく楽しい時間を過ごしたのでした。

【アーベントロートに染まる槍ヶ岳】

【本当に真っ赤に染まっていました】

【槍ヶ岳の赤みがとれて来た頃地平線が染まって来ました】
 
 
【赤く染まる地平線】
 2日目の朝を迎えます。この日は御来光を見て、その後はゆっくり準備をして下る予定でしたが、その御来光を見るのに起きたのが既に日の出の30分前でしたので、急いで着込んで外に飛び出しました。御来光を見るだけならもう少しぎりぎりでも良かったのですが、地平線が染まっている様を見るのであれば、早い時間に見に行かなければなりません。既に遅かったのですが、それでも多少は赤く染まる地平線を見ることが出来ました。この景色が小屋の前で見られるのはうれしいものです。その後御来光が出て来るのを待ったのですが、思っていたよりも10分弱も早くて、本当に早めに外に出ていて良かったと思います。

 東の空にやや雲が多かったせいか真っ赤に染まる雲が見事でした。槍ヶ岳は夕陽はよく当たる一方であまり朝日は当たらないようですが、それでも見事な眺めでした。大喰岳は見事に真っ赤に染まって本当に鮮やかでした。富士山から南アルプスもくっきりと見えましたし、本当に素晴らしい景色を楽しむことが出来たと思います。

【富士山と南アルプスもよく見えて】

【夜明け前の槍ヶ岳】
 山荘に戻ったら朝食とします。朝食は朝はじっくり夜明けの景色を楽しみたいと思っていましたので、小屋ではいただかずに自炊としました。自炊と言ってもパンとコーヒーだけだったりします。朝食が終わったら出発の準備をします。夜明け前に1人、この時間に昨日からよく話をしていた方が1人穂先に登っていました。少なくともアイスバーンではないとのことでしたので、登れるところまで登ることにしました。

 準備が出来たら一旦ザックを持って外に出ます。すると、昨日も登ったSさんが、この日はゆっくり下るだけなのでもう1回登られるとのことでしたので、同行させていただくことにしました。穂先は登るかどうかわからずヘルメットは持ってきていなかったので、500円でレンタルをしました。Sさんは槍穂のバリエーションルートもよく歩かれている方で、実際登りも下りもてきぱきとした動きで、特に下りでもたついていた私とは大違いでした。ルートは上りも下りも下りのルートを使います。こちらは、鎖が出ているので上りルートよりは安全とのことでした。実際、昨日登った方々が上りルートを見に行ったのですが、とても登れるような状態でなかったとのことでした。また、装備は空身ですが、ピッケルは持たずに鎖を掴むのに専念します。部分的にはピッケルがあった方が安定しそうな場所はありましたが、確かに鎖を掴んでいる場面が多かったので、両手は空いていた方が楽でした。このあたりは、険しいルートで雪がある=ピッケルが必要と考えてしまう私とは違って、やはりベテランの方々の判断は的確だなと思ったのでした。

【穂高連峰を狙う撮影者】

【黒部五郎岳から薬師岳の眺め】

【上空の雲が徐々に赤く染まって】

【夜明け直前の素晴らしい景色】

【笠ヶ岳の背後には白くなった白山】

【真っ赤な空と富士山】

【御来光】

【御来光と八ヶ岳連峰から富士山の眺め】

【夜明けに染まる槍ヶ岳 前日の夕陽と光の当たる場所が対照的になるのがおもしろいです】

【真っ赤に染まる大喰岳】

【槍ヶ岳山荘も赤く染まって】

【左奥には前穂高岳まで見えて】

【左奥に影槍でしょうか】

【立山も赤く染まって】

【いざ穂先へ 写っているのは今回お世話になったSさん】

【無事山頂へ】
 準備ができたら空身で穂先へ向けて出発です。Sさんが先に歩いてその後をついて行かせていただきます。Sさんはルートを見ながら登って行かれるのですが、それでもついて行くのが精一杯で、時々待ってもらったり、アドバイスをもらったりしながら登って行きました。それでも、登りはそれほど厳しいなと思う場面もなく登って行くことが出来ました。最後の梯子はSさんが気を使っていただき、お先にどうぞと譲ってくれましたので、梯子を慎重に登って誰もいない山頂に到着です。雪の付いた時期に登るのは初めてでしたし、パノラマに広がる景色には感動させられました。Sさんと握手をしてお互いに記念写真を撮り合った後、山頂からの景色をじっくり楽しんだのでした。

 風も早朝に比べれば随分穏やかでしたが、それなりに風があるのと、さすがに11月に入った山の空気は冷たかったので、名残惜しくも下山開始です。山頂ではじっくり景色を楽しんだつもりでしたが、結局10分少々でした。前日に登られた方がガスが晴れるのを待ったそうですが、かなり寒かったと話されていたのもうなずけます。雪の付いた穂先の厳しさをこの下りで体験することになります。

【頂上碑と共に】

【穂高連峰を背景に】

【笠ヶ岳と奥には白山】

【大喰岳〜槍ヶ岳山荘】

【穂高連峰へ続く稜線】

【富士山が見えて】

【黒部五郎岳】

【薬師岳】

【北鎌尾根と独標】

【針ノ木岳〜蓮華岳越しに後立山連峰】

【薬師岳〜立山の稜線】

【頂上碑】
 上りではそれほど問題がなかったのですが、やはり下りとなるとそうは行きません。特に岩場をアイゼンで歩く機会が今までほとんどなかったので、足を置く場所はわかっても、どう置くべきかいろいろと考えさせられました。Sさんには前爪2本が乗っていれば支えられるという話はいただいたものの、やはりそれだけで支えるのは怖くてしっかり足が乗せられるところを探して下って行ったので、随分時間がかかってしまったのでした。ただし、ミスの許されない場所ですので、Sさんも場所によってはかなり慎重に下られていました。

 ピッケルを持っていなかったので、鎖と鎖のつなぎ目は特に慎重に下りました。雪はよく締まっていましたので、慎重に歩けば大丈夫でしょう。途中カップルのお2人とすれ違った後、しばらくお2人が登って行くのを見送った後、槍ヶ岳山荘に戻って来ました。思ったよりも腕の力を使っていたようで腕が疲れていました。雪がしっかり付いていたものの、コンディションは良かったので、岩場でのアイゼン歩きに慣れた方には特に問題がなかったようですが、私のようにあまり歩き慣れていない人間はやはり少し大変だったのでしょう。達成感はもちろんありましたし、いい経験になったと思います。

【槍ヶ岳の影が映って】

【笠ヶ岳と白山】

【険しい下りへ】

【登頂前に手を振るカップルの2人】

【Sさんと槍ヶ岳山荘へ】

【穂先をじっくり眺める】

【下っている2人】

【名残惜しくも下山へ】
 槍ヶ岳山荘に戻った後は、出発の準備をしつつSさんと話をしながらカップルの2人が下って来るのを見守ります。山荘まで下って来られるのを待ちたいところでしたが、既にいい時間になっていて、この日のうちに下山しなければなりませんでしたので、Sさんに挨拶をして先に下ることにしました。それなりのペースで下れば、ぎりぎりとは言えない時間でしたが、冬靴で横尾〜上高地間を急ぎ足では歩きたくなかったのでした。

 最初は一気に下って行きますが、これだけの好天なのと、2人が下って来るところが気になって、何度も何度も振り返りながら下って行きました。ちなみに、穂先は12本アイゼンで登りましたが、槍ヶ岳山荘からはチェーンアイゼンで下って行きました。何度振り返っても素晴らしい眺めで、最後槍の雄姿が見えなくなるまでに何回振り返ったのかわからないくらいでした。

【最初は一気に下って行く】

【少し下ったあたりから槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳】

【背景の青空が見事です】

【少し雪山らしく】

【しっかり雪が積もっています】

【このあたりが一番端正に見えるでしょうか】

【徐々に雪がなくなって】

【近い場所からの槍もこれで見納め】

【再び紅葉を何度も撮ったロケーションで やはり晴れると紅葉がなくとも見事な景色です】

【枯れ木でも見事な眺め】
 
【静まり返った槍沢ロッジ】
 その後はひたすら下って行きます。途中で団体さんやグループの方などとすれ違いながら下って行きました。もちろん人数は多くはないと思いますが、土曜日に比べれば結構多い人数がこの日は泊まられたものと思われます。月曜日に休みを取って、2日かけて登る方の方が多いのでしょう。ほぼ下った後は沢沿いに回り込むように進んで行きます。ババ平を経て槍沢ロッジに到着です。

 この日は上がって来る方もいないようで、静まり返ったロッジでは黙々と小屋の方達が小屋閉めの作業を進めていました。ここまで一気に下って来ましたので、少し休憩をしてから再び下山に取り掛かりました。結局横尾まで人とすれ違うことはありませんでした。やはり月曜日は荒天予報でしたので、上がって来る方はいなかったのでしょう。

【横尾にて】

【明神にて】

【上高地に残った紅葉も見事に】

【鮮やかなカラマツ】

【河童橋からの相変わらずの素晴らしい眺め】

【穂高連峰の雪も随分溶けて】

【沢渡へ】
 横尾でテント装備を回収したら上高地に向かって歩いて行きます。やはりこの平坦な道は疲れた体で冬靴で歩くにはなかなか厳しいものがありました。それとテント装備の加わったザックはずっしりと重かったです。このあたりが、下山してからの腰痛に繋がったのかもしれませんが、それでもこの時はそれなりのペースで戻って来ることが出来ました。いろいろと終わっているものが多く徳沢でソフトクリームがなかったのは残念でしたが、無事上高地まで戻って来ることが出来たのでした。夏程ではないとはいえ、結構上高地近辺は観光客で賑わっていました。

 今回は、アルプスの泊り山行の締めと思い初冬の槍ヶ岳を訪れましたが、思った以上の素晴らしい景色を見ることが出来て良かったです。それと登っている方も少なく、槍ヶ岳山荘ではいろいろな方と交流できたのも良かったと思います。また、このような時期に訪れたいものです。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る