ほどさん
 宝登山
登山日: 2016年1月23日(土)   標高:497m(宝登山) 


 1月23日(土)    登山道入口 11:00 → 宝登山 12:30 → 登山道入口 14:30

 

 本日は宝登山に登ります。あっこさんひろさんが、この週末に集まる企画をしていただいたので、参加させていただくことにしました。この週末の天気予報は悪く、秩父地方は天気が崩れそうな予報となっていました。天気が悪ければ中止や、山頂からロープウェイで戻って来ることなども考えての決行となりました。

 他のみなさんは一旦集まってから宝登山に向かいましたが、私は寝不足だったので、ぎりぎりまで睡眠時間を稼がせてもらって、直接現地に向かいました。長瀞に入ると、平地でも随分雪が多く積もっていたのには驚きました。少し前にまとまって降った雪が多く残っていたようです。駐車場にとめられるのかどうかが心配でしたが、なんとかロープウェイの駐車場にとめることができました。未舗装の駐車場で雪をならしただけですので、スタッドレス車でないと少し厳しいかもしれません。

【登山道入口 右はロープウェイ乗場】
 
【雪道の林道歩き】
 あっこさん、ひろさん、キムちん、あっちゃんも合流して準備ができたら出発です。あっこさんひろさんは年明けの竜ヶ岳以来ですが、キムちんとあっちゃんは随分久しぶりになります。

 登山道入口となっていますが、基本的に林道をひたすら登って行くことになります。ほどほどに締まった雪で特に問題はないでしょうか。いろいろと話をしながら、時には秩父の山々を眺めたりして歩いて行きます。思ったよりも長く感じました。

 このような場所に動物園があることに驚きながら見送ると、やがて神社への分岐が出てきます。ここを登って行くと鳥居があります。中は宝登山神社の境内となっていて、少し見て回りました。その後は、蝋梅園に移動して、いよいよ蝋梅を見に行きます。みなさんのレポでよく見てはいましたが、直接見るのは初めてでしたので、とてもわくわくしていました。

【秩父の山々を見渡して】
 
【途中には動物園も】

【宝登山神社分岐】

【話も弾んで】

【鳥居をくぐって】

【キムちんとあっちゃん】

【祠】

【鮮やかな蝋梅 初めて見ました】

【このあたりがきれいに咲いていました 雪とのコントラストも見事です】

【青空に映えて】

【右奥に両神山】

【左奥の武甲山と麓の街並みも雪景色】

【立派な頂上碑】

【頂上碑にて記念写真】

【あっこさんと蝋梅】

【ひろさんとあっこさん 雪道ですがショートパンツです】

【何度も蝋梅を見上げて】

【雪と蝋梅のコントラストが素晴らしいです】

【こちらは満月蝋梅だそうです】

【花の中心に褐色の輪があるのが特徴でしょうか】

【ロープウェイ側の入口のようです】
 蝋梅は聞いていたように鮮やかで、まとまって咲いていると本当に見事でした。あっこさんが雪が降っている時期に見られるのは珍しいということでしたが、雪や青空とのコントラストも素晴らしかったです。雪が多いうえに天気予報が悪かったこともあって、観光客もそこまで多くもなく、じっくり眺めることができたのは良かったです。混みあっているとなかなか落ち着いて見られないそうです。

 しばらく眺めた後東屋で少し休憩をしてから、先に進みます。ロープウェイ駅に向かう途中には、それまで見て来た素心蝋梅とは違って、花の中心に褐色のある満月蝋梅を見ることが出来ました。同じ黄色い花ではありますが、随分見た目も違います。その後、ロープウェイ駅前でガイドさんの解説を聞いた後、食事処で少しお昼を取ってから下山することになりました。

【こちらも見事に咲いていました】

【天ぷらそば】
 下りものんびり林道をと思ったのですが、ショートカットになっている登山道があったので、ひたすら雪道のショートカットを下って行きました。あっこさんやひろさんは雪山仕様ではないので、雪が足に入って来そうですが、構わず一気に下って行きました。結局、登りでは随分かかったように感じた下りはあっという間でした。

 その後は、日帰り温泉に浸かった後、ひろさん宅に移動しての宴会となりました。実は宴会の方をメインに考えていたのですが、天候が崩れるどころか青空まで見えるような素晴らしい天気で、蝋梅を大いに楽しむことができて良かったと思います。

【ショートカットの道を一気に駆け下りて】
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る