すもんだけ
 守門岳
登山日: 2016年3月13日(日)   標高:1432m(守門大岳) 
    標高差:除雪最終地点から約1040m

地図及びルートについては前回本ルートでの登山時(2013年3月17日)のものを参照
※今回は守門大岳まで

 3月13日(日)    除雪最終地点 7:15 → 保久礼小屋 9:15 → 守門大岳 11:30(〜12:55)
   除雪最終地点 15:50

 

 本日は守門岳に登ります。前夜に宴会をして、yuさんの誕生日を祝った翌日になります。前日にホテルに戻ったのが夜中の12時前ということでかなり厳しそうですが、みなさんきちんと集合時間に集まって来たのはさすがです。お酒に強いメンバーということもあるのかもしれません。

 メンバーは、地元のみなさんに声をかけてくださったまーりさん、えりさん、みどりさん、さとるさんの小千谷の4人の方と、yuさん、イガイガさん、ムサママさんのお馴染みのメンバーの計8名です。もちろん守門岳からの景色は楽しみですが、楽しいメンバーと歩けるのも良かったです。ホテル前に集合をしたら、コンビニに寄りつつ現地に向かいます。今年は本当に雪が少なくて、街中はほとんど雪が溶けてしまっているようでした。さすがに、現地に近づくと雪が増えて来ますが、前回道路脇の雪壁に圧迫感を感じたのに比べれば随分少ないものです。

【除雪最終地点】
 
【朝はガチガチに締まっていました】
 除雪最終地点はあまり駐車できませんので、結構手前の路肩に駐車することになるかなと思ったのですが、この時間はまだそれほど多くはなくて、比較的出発地点に近い場所に駐車することができました。準備ができたら出発です。

 雪はかなり締まっていて、スノーシューがなくても良さそうでしたが、すぐ履くつもりで手に持っていましたので、少し歩いたら装着しました。結局yuさんは何も付けず、イガイガさんはアイゼンで通しましたので、例年よりも雪が少なかったのでしょうか。それよりも、よく締まっていたということでしょうか。さすがに下山時にはかなり緩んで踏み抜きも多かったようですが。

 林道を歩いた後に急登を登った後は、比較的緩やかな樹林帯の斜面を登って行きます。

【正面右の守門大岳を目指して登って行きます】

【yuさんとイガイガさん以外はスノーシューで向かいます】

【イガイガさんと見事な雪景色】

【尾根にて一枚】

【八海山】

【越後駒ヶ岳】

【荒沢岳】

【守門大岳がよく見えて】

【越後の名峰がずらりと並んで】

【薄日が差して素晴らしい景色】
 
【小さくなっていますが豚の角煮も残っていて】
 尾根に乗った後は樹林帯を歩くことになりますが、所々木々が切れている場所があり、素晴らしい景色が広がっていました。この日は本当はかなり悪い予報だったはずですが、いつの間にかそれなりの天気になっていました。なんとか稜線の雪庇だけでも見られればと思ったいたのが、裏越後三山がよく見えていて素晴らしい景色でした。徐々に下り坂の予報ではあったので、撮れる時にということで、みなさんに先に行ってもらってしばらく写真を撮っていました。

 その後も順調に進んで行きます。保久礼小屋は屋根に真四角の雪塊が残るので、それが豚の角煮と呼ばれていますが、かなり溶けているとはいえ、まだ残っていました。小屋の近くで少し休憩をしたら、いよいよ本格的な登りとなります。斜度はそこまできつくはないですが、断続的に登りが続きます。登るに連れて徐々に木々もまばらになって来ました。

【樹林帯の高度を上げて行きます】

【振り返ると素晴らしい雪景色 みなさんも続々と登って来ます】

【稜線の一部が見えて来ました】

【隣の尾根も美しく 登って来ているBCの方もいました】

【広々とした山頂が見えて】

【もう一息】
 
【イガイガさんとムサママさんも到着】
 景色が良くなって来るとテンションが上がって来るようで、少し先行して景色を楽しみました。稜線の一部が見えて来たところで、写真を撮りつつみなさんを待ちます。結局、そのまま山頂までということで、休憩は山頂でゆっくり取ることにして先を目指しました。

 最後に緩やかな斜面を登って行くと広々とした山頂に到着です。正確にはどこが山頂なのかがわからないくらい広々としています。空が青くないのが残念とはいえ、十分に素晴らしい景色が広がっていて、袴腰岳に続く稜線がよく見えていたのが良かったです。今年は雪が少なくて雪庇があまり発達していませんでしたが、それでも迫力のある稜線でした。やはり豪雪地帯の真っ白な稜線は素晴らしいです。しばらく写真を撮っていると、みなさんも続々と到着です。せっかくですので、yuさんまーりさんと少し袴腰岳方面に歩いて写真を撮りに行ったのでした。

【尾根では越後駒ヶ岳に重なって見えなかった中ノ岳も見えて】

【袴腰岳 山頂には人も見えて】

【北側稜線の雪庇と粟ヶ岳】

【こちらの雪庇の方が迫力があったでしょうか】

【粟ヶ岳が素晴らしく】

【絶景を前に話も弾みます】

【飯豊連峰も見えて】

【広々とした山頂】
 しばらく写真を撮り合ったらみなさんの元に戻ります。ここで、しばしの休憩にすると同時に前夜に引き続いてyuさんの誕生日祝いをしました。山頂はあまり風がなく、思ったよりも寒くはありませんでした。結局1時間半程過ごしていたことになります。

 下山も長いですので、名残惜しくも下山開始です。ヒップそりを持ってきた方は滑りながら下っていました。みなさんとても上手で、自分も滑ろうかなと思ったのですが、スノーシューが大きくてかなり滑りにくそうでしたのでやめておきました。

 長い下りですが、やはり話をしながら下っていると結構早いものです。前回登った時も、下りはたまたま出会うことができたまーりさんyuさんと楽しくおしゃべりをしながら下ったことを思い出しました。

【雪庇はほとんどありませんが亀裂が入って雪崩れそうな場所は迫力があります】

【登山者が思ったよりも尾根沿いを歩いていたのが怖く見えたでしょうか】

【守門岳全貌を眺めて】

【撮影中のyuさんを激写(?)】

【ランチタイム&yuさんのお祝いへ】

【記念写真】

【守門岳を背景に】

【3人組をみんなで撮ります】

【いよいよ下山に取り掛かります】

【樹林帯まで戻って来ました】

【最初の急登は滑って下る】

【除雪最終地点へ】
 午後4時前に除雪最終地点まで戻って来ることができました。さすがに時間が時間ですので、最後の方の下山だったようで、駐車されている車が随分減っていました。

 今回は前日の巻機山、そして夜の宴会に続いて、この日の守門岳と2日間を目一杯楽しむことが出来たと思います。残雪期の守門岳、そして越後の山々はまた機会があれば何度でも登りに行きたいですね。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る