おくちちぶじゅうそう
 奥秩父縦走(1〜2日目)
  登山日: 2016年11月3日(木)〜6日(日)  
  標高:1737m(鷹ノ巣山) 2017m(雲取山) 2077m(飛竜山) 1942m(笠取山) 2289m(雁坂     嶺) 2475m(甲武信ヶ岳) 2592m(国師ヶ岳) 2601m(北奥千丈岳) 2595m(金峰山)


 11月3日(木)    奥多摩駅 9:20 → 六ッ石山 12:10 → 鷹ノ巣山 13:35 → 七ッ石山 15:20
   奥多摩小屋 16:10
   
11月4日(金)    奥多摩小屋 4:30 → 雲取山 5:20 → 飛竜山 8:20 → 将監峠 10:40
 笠取山 12:55 → 古礼山 14:50 → 水晶山 15:20 → 雁坂小屋 15:45
 
11月5日(土)  雁坂小屋 4:50 → 雁坂嶺 5:45 → 甲武信ヶ岳 9:40 → 国師のタル 12:10
   国師ヶ岳 13:40 → 北奥千丈岳 14:05 → 大弛小屋 14:45
     
11月6日(日)    大弛小屋 4:00 → 金峰山 5:45(〜6:40) → 瑞牆山荘 8:50

 

 本日から3泊4日で奥秩父を縦走します。思い立ってから随分たっていた八ヶ岳縦走ほどは意識していなかったこの縦走ですが、10月にようやく八ヶ岳縦走をすることができたので、次のロングルートとして意識するようになって来ていたところで4連休が取れそうであったこと、時期的にも森林限界を越える山は厳しそうということもあって、このタイミングで決行することにしました。

 静岡から行く場合には、どうしても公共交通機関だけでのアプローチが難しいので、どこかに駐車をして回収をしなければならないのですが、今回の縦走では韮崎駅前駐車場をその駐車場所としました。ここであれば、奥多摩駅にそこそこの時間に到着できること、帰路は瑞牆山荘からバスで戻って来られること、駅前に1日定額の駐車場があったことから白羽の矢を立てました。ちなみに駐車場代は1日1000円の計4000円かかりました。こうして、3日の明け方に現地入りして、電車の時間まで少し仮眠を取ってから韮崎駅に向かったのでした。

【駅前に駐車して韮崎駅へ】
 
【奥多摩駅から出発です】
 さすがに韮崎駅からの始発はすいていたものの、その後は日も昇って来て、徐々に乗客も増えて来ます。途中、テントザックでしばらく立っていなければならないような状況でしたが、午前9時頃にようやく奥多摩駅に到着です。さすがに、日帰り登山者が大半となります。靴ひもを縛り直してトイレを借りたら出発です。

 最初は少し車道沿いを歩いて行きます。途中で右手に折れた後、むかしみちへの分岐を見送って車道を上がって行きます。途中の分岐には一応案内看板がありますので、それを忠実に辿って行きます。しかし、道をショートカットする場所には案内看板がなく悩ましいところでしたが、山道に入ってみたら結果的にショートカットになっていました。そのような感じで標高を稼いで行くとようやく登山口に到着です。登山道は比較的よく整備されていますので、この登山口に到着するまでがやや分かりにくいでしょうか。

【むかしみちの案内板 むかしみちに入らない方が雲取山方面です】
 
【主な分岐にはこのような案内看板が】
 登山口からはまずは一気に高度を稼いで行きます。この初日は累積で標高を2000m以上を稼がなければならないうえに、出発は午前9時を越えていますので、なかなかハードになります。単純な距離では2日目などの方がきついのですが、登りが多いことや時間があまりないという意味ではこの1日目が最も厳しかったでしょう。ただし、結果的にはそこまでは厳しくは感じなかったのですが、それは登山道がよく整備されて歩きやすかったからでしょうか。

 石尾根と呼ばれるルートを進んで行きますが、標高700〜800メートルあたりまでは紅葉はまだまだという感じで、標高1000メートル前後あたりがピークだったでしょうか。とにかくマイペースで登って行って、時折現れる紅葉を楽しみながら登って行きました。ただし、木々の多さの割にはきれいな紅葉はそこまで多くなかったような気がします。ただし、樹林帯が長いですので、部分的には紅葉が多くなくとも全体としては結構楽しむことが出来たと思います。
 
【ようやく登山口】

【青空が見えて】

【標高の低い樹林帯は緑が美しく】

【落ち葉がきれいでした】

【徐々に色付いた木々が現れて】



【気持ちの良い尾根道が続く】

【縦走路は右奥ですが左の六ッ石山へ】

【鮮やかな落ち葉】

【六ッ石山頂上碑】
 徐々に標高を稼いで行って鮮やかな紅葉も時々見られるようになった頃六ッ石山への分岐が現れます。時間的には厳しいのですが、なかなか訪れる機会もないので寄って行くことにしました。とはいえ、少し登ったらすぐに山頂でした。雲取山の頂上碑が立派になったのは聞いていたのですが、他も東京都の山の頂上碑が立派になっていたようです。文字の大きさに対して少し頂上碑の大きさのバランスがやや悪く感じましたが、感じ方は人それぞれでしょう。

 ここまでほとんど人に会わなかったのですが、六ッ石山にはぼちぼち休憩をしている方々がいました。先は長いので少し休憩をしたら尾根道を進んで行きます。この後間もないくらいが最も紅葉がきれいだったように思います。再び高度を稼いで行くと視界が開けて来て鷹ノ巣山に到着です。ここでは、立派な富士山を見ることができました。

【六ッ石山からの展望】

【六ッ石山付近は本当に落ち葉が多かったです】

【鮮やかな紅葉もちらほら見えて来て】

【黄色と赤のコントラスト】

【視界が開けて】

【展望の良い鷹ノ巣山】

【撮ったついでに撮ってもらいました】

【中腹の紅葉とススキ野原】

【富士山と手前の山並みが素晴らしく】

【一面の紅葉】

【落ち葉と紅葉】

【避難小屋】

【歩きやすい尾根道は続く】

【富士山が見えて】

【七ッ石山へ】
 鷹ノ巣山で富士山の見える景色を楽しんだら先に進みます。このあたりからは、ゆったりとした尾根道歩きとなります。もちろんアップダウンはそれなりにあるもの、開けた場所が多くて展望が良く気持ちよく歩くことが出来たと思います。

 鷹ノ巣山を出て少し歩くと避難小屋があって、このあたりは紅葉が見事でした。その後もしばらく歩いて行くと、展望が開けた七ッ石山に到着です。先の鷹ノ巣山同様に頂上碑が立派なものになっていました。この日は時間が足りなくなると思っていたのですが、ここまで来てようやく、それなりの時間には奥多摩小屋に着けそうな目途が立ったのでした。それでも到着してからやることはいろいろとありますので休憩もそこそこに奥多摩小屋に向かって出発しました。、

【真っ赤な紅葉】

【カラマツの紅葉が見事でした】

【紅葉した木々と鹿】

【ヘリポートから先がテント場になっています】

【奥多摩小屋】
 鷹ノ巣山からしばらく歩いて行くと鴨沢方面からの登山道と合流して、やがて七ッ石山に到着します。ここから雲取山間は歩いたことがありますが、展望も良くてとても歩きやすい道が続きます。また、紅葉がきれいだったことは覚えていたのですが、今回も特にカラマツの紅葉が見事で目を楽しませてくれました。

 結局奥多摩小屋には午後4時過ぎに到着することができました。明るいうちにテントを張るなどの準備ができたのはもちろん良かったのですが、夕陽に照らされたカラマツが本当に見事に染まっていたのが素晴らしかったです。この日は日本海側が大荒れだった日で、天気こそ雲が多い程度で大きな影響は受けなかったのですが、とにかく寒くてこの日が一番大変でした。テントがばりばりに凍って先が思いやられましたが、結局そこまで気温が下がったのはこの日だけでした。ただし、翌日以降もよくこのあたりを歩かれる方の話では、例年に比べて寒いとのことでした。さすがに初日は基本的に寝不足ですので、寒い中でもそれなりには寝ることが出来たと思います。

【夕陽に照らされて真っ赤に染まるテント場】

【沈み行く夕陽】
 

【夜明け前に撤収】
 2日目の朝を迎えます。先に書いたようにとても寒い夜でしたが、この日はこの4日間で最も長丁場になることから、頑張って夜明け前に出発すべく早朝に起きて撤収をします。テントがバリバリに凍っていましたが、寒い中ではとても落としきれませんので、適度に払って収納しました。

 撤収が完了したらまずは雲取山を目指します。まだ真っ暗な状態ですが、さすがによく整備された登山道ですので、特に問題なく進んで行きます。結局夜が明ける随分前に雲取山に到着です。トイレが近かったので公衆トイレを借りてから山頂に向かいました。山頂からは夜景が見事で赤く染まる地平線もまた素晴らしかったです。夜明けまでは30分程待つ必要があって、それくらいならとも思いましたが、この日の長丁場を考えると少しでも先に進んでおこうということで、そのまま縦走を開始しました。しばらく歩くと三条の湯への分岐に到着です。
 分岐では富士山と御来光が昇ると思われる方向が開けていましたので、ちょうど夜明けの時間が近づいていたこともあり、御来光を待つことにしました。正確には山際より昇って来るので少しタイミングが遅れることになります。

 結局富士山と夜明けの景色を楽しむことができたのは良かったと思います。その後は縦走を再開して先に進んで行きました。登山道は尾根の南側にトラバースするように付いている箇所が多かったです。マイペースで進んで行きますが、飛竜山に登るかどうかを迷っていました。

 飛竜山は未踏でしたので登りたかったのですが、本来のルートでは分岐が西に寄っていて往復に時間がかかります。そこで踏み跡程度という東側から入るルートを探して見つかれば行くし、見つからなければやめるつもりで向かったのでした。

【夜明け前の雲取山山頂】

【まだ夜景が美しく】

【赤く染まる地平線】

【三条の湯分岐 ここで夜明けを待ちます】

【夜明け】

【富士山】

【富士山とカラマツの紅葉】

【踏み跡明瞭なここから入って行きます】
 三条の湯からの登山道と合流した後は尾根をトラバースするような道が続きます。ここから入れるかなと右手を時々確認しながら進んで行きました。そろそろかなと思った頃に木の階段まで設置されている巡視路がありましたので、そこから踏み跡明瞭な道を登って行きます。この道が目的の道だったようで、尾根に乗った後少し歩くと間もなく飛竜山山頂でした。

 きっと展望が開けた山であろうと思っていたのですが、展望は全然なくとりあえずピークを踏むことが出来たという感じでしょうか。そのまま一般道を下って行きましたが、山頂までの点線ルートの方が歩きやすいのではと思うような少し草の生い茂った歩きにくい道でした。縦走路に合流した後は、そのまま将監峠を目指すわけですが、途中で禿岩への分岐がありましたので、行ってみると見事な展望が広がっていましたので、ここでしばしの景色を楽しみました。狙っていた飛竜山の展望がなかった一方で、全く知らなかった禿岩で好展望を得られたのですからおもしろいものです。

【飛竜山頂上碑】

【山頂一帯は樹木に囲まれて展望はありません】

【やや歩きにくかった飛竜山からの下り】

【禿岩 ここからの展望が素晴らしく】

【雲取山と縦走して来た稜線】

【奥秩父の山々が広がっています】

【富士山】

【白峰三山】

【縦走路の紅葉はほとんど終わっていましたが中腹は紅葉が鮮やかでした】

【脇の崩壊した道】

【沢沿いには落石も】

【笹原の道】

【鮮やかなカラマツの紅葉】

【将監小屋を見下ろして】
 禿岩での展望を楽しんだ後は将監峠を目指しますが、このあたりは所々で脇が崩壊していたり、落石の跡があったりしました。基本的に今回歩いた奥秩父の縦走路は歩きやすくなっていますが、このあたりは少し気を付けながら歩きました。

 やがて、笹原の道になって、まだ残っていたカラマツの紅葉を見ながら進んで行くと左手に将監小屋が見えて来ます。縦走路からは少し下らないと寄れないようでしたので、小屋に寄ることなくそのまま進んで行きました。広々とした将監小屋との分岐を経ると、かなり前に登った和名倉山への分岐を経て縦走路を進んで行きます。その後は徐々に高度を稼いで行きます。しばらく登って行くとようやく唐松尾山に到着です。樹林帯に囲まれてあまり展望はありませんが、ここでしばしの休憩を取った後、笠取山を目指して歩いて行きます。どうしても、CTを少し縮めながら歩いて行く必要がありますので、少し慌ただしくなってしまいます。

【紅葉と笹原の道が続く】

【広々とした将監小屋分岐】

【崩壊地の巻道から富士山を眺める】

【右は和名倉山方面】

【笹原の道が続く】

【唐松尾山へ】

【カラマツの紅葉の間を通って】

【笠取山頂上碑】

【カラマツの紅葉】
 唐松尾山から緩やかに下って行って、鞍部の分岐から急登を登って行くと笠取山山頂に到着です。ここは、以前オフ会で訪れて以来の久しぶりの登頂となりました。オフ会の時は紅葉がピークで本当に素晴らしい眺めでしたが、今回は紅葉がカラマツ以外はほぼ終わりでしたので、さすがにオフ会の時ほどの景色ではなかったとはいえ、富士山など素晴らしい景色を楽しむことができました。

 しばし展望を楽しんだら急斜面を下って行きます。場合によっては笠取小屋で泊まることも考えましたが、何とかなりそうでしたのでそのまま雁坂小屋を目指すことにしました。まずは、雁峠を経て登り返して行きます。ここはこの日に結構歩いた後の登りでしたので、しんどかったですが、思ったよりはいいペースで登れました。登り切ったあたりには燕山と呼ばれる展望のない山があり、さらに進んで行くと巻道もありましたが、せっかくなので古礼山にも寄って行くことにしました。

【笠取山からの眺め 左奥に富士山も見えています】

【縦走路を眺めて】

【笠取山を振り返る】

【雁峠小屋跡】

【笠取山と雁峠を振り返って】

【古礼山手前の笹原の道】

【古礼山からの展望】

【富士山】

【水晶山頂上碑 こちらは展望がありません】
 あまり期待していなかった古礼山ですが、少し手前の笹原から展望があって、山頂からの富士山がよく見えていました。巻道で充分かなと思っていただけに素晴らしい景色が見られて良かったです。その後、一旦下って登り返すと水晶山で、ようやくこの日最後のピークとなります。

 その後は緩やかに下った後、縦走路を正面に見据えながら右手に入って行くと一気に雁坂峠に下って行きます。しばらく下って行くとようやくこの日の目的地である雁坂小屋に到着です。この日の行程を考えれば午後4時前に到着できれば御の字でしょう。当然この日泊まった中では遅めの到着となりましたが、何とか一番奥の少し広々とした場所にテントを張ることができて良かったです。この日は、寒いには寒かったのですが、前日の雲取山がとても寒かったので、それに比べれば過ごしやすかったでしょうか。3日目もこの2日目程ではないにせよ長丁場になりますので、心して床に就いたのでした。

【縦走路を右に折れて行くと雁坂小屋です】

【雁坂小屋へ】

【一番奥の少し下がった所に広々と張ることができました 親切な方が奥が空いていることを教えてくれたのでした】
 3〜4日目へ


山行記へ戻る

ホームへ戻る