ふじさん
 富士山
登山日: 2016年11月13日(日)   標高:3776m(富士山) 


 11月13日(日)    富士吉田口 5:55 → 富士山山頂 11:05(〜45) → 富士吉田口 14:40

 

 本日はちびたさんタカさんのお誘いを受けて富士山に登ります。今シーズン初めての雪山となります。ちょうど新しい冬靴を購入したばかりでしたので、さっそく試させてもらうことにしました。前週の奥秩父縦走まで、本当に毎週のように怒涛の勢いで登って来ましたので、この雪山シーズンはのんびり入ることを考えていて、本当にタイミングのいいお誘いでした。

 登山口の富士吉田口付近の道路は凍結している可能性があるのですが、私の車はまだスタッドレスタイヤを装着していなかったので、途中の道の駅でタカさんの車に拾ってもらって現地に向かいました。しっかり除雪されていて結果的には大丈夫だったようですが、気温は氷点下ですので、凍結していてもおかしくなかったでしょう。駐車場に着いたら準備をして出発です。富士吉田口からの富士山は久しぶりで、積雪期では初めて登ることになります。

【駐車場から出発】
 
【夜明け前の静かな五合目 そもそもこの時期に賑わっているとは思いもよらず】
 店が並ぶ広場を過ぎて登山道に入る所が通行止めになっていますので、ここから入って行きます。夏の2ヶ月程の間を除いては通行止めになっていますので、自己責任での入山になります。

 登山道は少し前に降った雪が溶けて再凍結を繰り返したのか随所にアイスバーンがあって本当に歩きにくかったです。まだ登りだったので良かったのですが、帰りはアイゼンがないと転んでしまいそうでした。

 しばらくはほぼ平坦な道を歩いて行きます。やがて登りに差し掛かって少し登って行くと雪道になって、しっかり雪が繋がっていました。ちびたさんの話では例年のこの時期よりも雪は多いということでした。とはいえ、雪山としては雪はまだそれほど多くはなく、歩かれているので特に問題はなかったのですが、久しぶりの標高の高い山で、タカさんが少し高山病のような症状が出るなどなかなかペースが上がりませんでした。私も富士山に登ると必ず高山病の症状が出るうえに、冬靴デビュー戦となりましたので、あまり余裕がありませんでした。

【五合目からの富士山 取付いてしまうと富士山全容を見る機会がありません】
 
【夏期以外は自己責任です】

【アイスバーンが多かったので慎重に進みます】

【赤く染まる地平線】

【夜明けの太陽の光がアイスバーンに射し込んで】

【徐々に雪景色に】

【ひたすら登りが続きます】

【小屋のある場所で休憩】

【歩きやすいとはいえしんどい登りが続きます】

【最後の急登へ】

【鳥居前にて】
 富士吉田口からのルートはとにかく山小屋が多いので、休憩を取る場所には事欠かない一方で、小屋が多すぎてどのあたりまで登ったのかが掴みにくいです。もちろんどの小屋がどの程度の場所にあるのかを把握していればむしろわかりやすいと思いますが。

 途中適度に休憩を取りながら登って行きます。ペースは上がらない中でも着実に登って、5時間ちょっとで山頂まで登って来ることができました。3人とも結構疲労していたのと、時間も既にお昼前でしたので、お鉢巡りをして剣ヶ峰に行くのはやめて、火口付近を少し散策をして下山することにしました。何度見ても火口の眺めは迫力がありますし、それを見ると剣ヶ峰に行きたくなってしまいますが、それはまた剣ヶ峰が近い富士宮口から登った時に訪れることにして、記念写真を撮ったら下山開始です。

【富士吉田口山頂】

【剣ヶ峰と火口の眺め】

【迫力のある岩壁 お鉢巡りは雪がほとんどないところもあるようです】

【火口を背景に記念撮影】

【雄大な麓の眺め】

【みなさん続々と下って行きます】

【ちびたさんの下山が速過ぎて全く追いつけず】

【下って来た斜面を振り返って】

【写真ではわかりにくいですが雪煙が巻き上がっているのがきれいでした】

【麓の眺め 五合目よりも上あたりが雪の境になっています】

【最後もアイスバーンに気を付けて】

【五合目のあまりの賑わいに驚いてしまいました】
 登りでは登山道を忠実に辿って行きましたが、下山では雪の斜面をショートカットするように下って行きました。雪の硬さは程良く、時々深くて足が捕られるようなこともありましたが、柔らかい雪ですので転んでも特に問題はありません。とにかくちびたさんの下るのが速くてあっという間に見えなくなってしまいました。ペースが上がらず苦労した登りが嘘のように思える程一気に下ったのでした。

 最後はアイスバーンに気を付けながらゲートまで戻った時に驚いたのが観光客の多さで、外国人観光客が本当に多かったです。バスが富士吉田口まで入れる時期は賑わうようです。特にこの時期は雪で白くなった富士山が人気なのかもしれません。

 こうして、今シーズン初の雪山歩きをしっかりすることができて良かったと思います。お馴染みの景色ではありますが、好天に恵まれて景色も楽しむことができました。

【飛行機雲と富士山】
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る