にしほたかだけ
 西穂高岳
登山日: 201611月26日(土)   標高:2701m(西穂独標) 2909m(西穂高岳)


 11月26日(土)    西穂高口 9:10 → 西穂山荘 9:50 → 西穂独標 11:20(〜40) → 西穂高岳 13:15
   西穂独標 14:30 → 西穂高口 15:55

 

 本日は西穂高岳に登ります。最近はあまりしっかり歩いていなかったので、この週末はがっつり笠ヶ岳あたりに登ろうと意気込んで新穂高温泉登山者駐車場まで来たのはいいのですが、既に明け方になっていて仮眠を取ったらいい時間になってしまうのと、冷静に考えてこの時期の笠ヶ岳に登るのはとても無理があるということで、急遽西穂高岳に登ることにしました。3シーズン用の靴で買ったばかりのアイゼンでしたが、靴自体は前週に履いてよくフィットしていましたし、アイゼンも靴によく合っていたことから決行しました。岩稜帯歩きのいい練習になったのですが、雪が柔らかすぎてほとんど岩の上を歩くような感じで、雪の感触がなくて楽しくないばかりか、むしろ見えない岩に足を捕られてとても歩きにくかったです。それに加えてアイゼンの塗装も結構取れてしまったのでした。ただし、好天に恵まれて景色が素晴らしく、いつかまたしっかり雪が付いた時に歩いてみたいと思ったのでした。
【鍋平高原 駐車場】

【本日歩く西穂山荘から西穂高岳への稜線】

【どっしりとした笠ヶ岳】

【焼岳】

【白山もくっきり見えていて驚きました】

【槍ヶ岳からの稜線もよく見えています】
 
【西穂高口駅】
 西穂高岳を往復ですので、鍋平高原に移動してロープウェイに乗ります。有料でも近くの駐車場でいいと思ったのですが、登山者駐車場から上が通行止めになっていたので、仕方なく登山者駐車場にとめて歩きます。この日はそれほどの距離を歩くわけでもないですし、冬靴でもなかったのでまだ歩きやすいはずですが、上りですしそこそこの距離があります。

 さすがに中途半端な時期ですので、登山者はいつもよりは少なかったと思いますが、観光客が思ったよりも多く訪れていました。無事始発に乗って西穂高口駅に到着した後は、すぐに出発でも良かったのですが、まずは周囲の展望を楽しむことにしました。好天に恵まれましたのでもちろん景色が素晴らしかったのですが、特に白山の稜線までくっきり見えていたのが印象的だったでしょうか。一通り景色を楽しんだら、時間的にそこまでの余裕はないので、準備をして出発です。

【樹林帯を進む】

【西穂山荘と乗鞍岳】

【乗鞍岳と焼岳】

【徐々に標高を稼いで行きます】

【左の丸山と奥へ続く稜線】
 
【丸山山頂と笠ヶ岳】
 樹林帯の道は完全な雪道ですが、よく締まっていますので快調に歩いて行きます。結局いいペースで歩き切って西穂山荘に到着です。少しだけ休憩をしたらそのまま歩いて行きます。雪がありますが、柔らかくてほとんど岩場を歩いているような感じでしたので、しばらくはアイゼンは付けずに歩いて行きました。

 丸山からは素晴らしい景色が広がっています。このあたりからは急登になるのですが、歩くには支障がなかったのでそのまま歩いて行きました。徐々に岩場が増えて来て西穂独標に近づきます。雪質と積雪量を考えるとそのままでも良さそうでしたが、やはり吹き溜まりにはそこそこ雪が積もって歩きにくそうでしたので、最後の取付きの手前でアイゼンを装着しました。岩場はやはりほとんどアイゼンを雪にかませるようなことはなく、岩の上を歩いている感じで歩きにくかったのですが、最後の急斜面を登り切ると西穂独標に到着です。

【雪はまだ多くはありません】

【岩場に新雪が積もっているのでほとんど岩場を登っているような感じです 西穂独標へ】

【奥穂高岳までの見事な山々が並びます】

【笠ヶ岳からの稜線】

【吊尾根】

【記念写真】
 西穂独標からは素晴らしい景色が広がっています。写真を撮りながら次々に到着する方々としばし話をしていました。実はこの時までは西穂独標まででも構わないかなと思っていましたので、少しのんびり過ごしていました。

 しかし、景色が素晴らしいのと時間もあって、コンディションも良かったことから先に進むことにしました。ちなみに、この日は西穂独標まではそこそこ登っている方がいましたが、西穂高岳まで登っていたのは5人程だったでしょうか。

 まずは、独標からの急斜面を下って行きます。基本的に夏道歩きとなるのですが、下部の雪が付いている場所が、雪が結構付いているのにすかすかなうえ、とにかく雪が柔らかくてほとんどピッケルが役に立たなかったのには参りました。それでも、ほとんど夏道を歩けるだけ厳冬期よりは歩きやすいのだと思います。

【独標先の急斜面の下り】

【ピラミッドピーク】

【西穂高岳へは険しい道が続く ただしこの日のコンディションでは西穂高岳直下を除けばピラミッドピークまでがいやらしかったです】

【笠ヶ岳からの絶景を眺めながら】

【岩場が続きます】

【徐々に急斜面に】

【西穂高岳頂上碑】
 その後もアップダウンを繰り返しながら歩いて行きます。なだらかな雪道も気持ちのいいアイゼン歩行になるどころか、最初に書いたように常に雪の下の岩場を歩いている感じで、何度か雪の下の岩につまづくような感じでした。ピラミッドピークを経てさらに険しい山々を通り過ぎて行きます。

 最後の西穂高岳直下の急斜面は厳冬期には難所になる所ですが、登りは岩が露出したところを使って強引に登って行きました。雪がしっかり付いた所以外は、雪があっても実質岩場をそのまま登っている感じです。岩稜帯でのアイゼン歩行に慣れていないことで余計に苦労したのでしょう。それでもようやく登り切って西穂高岳山頂に到着です。この年に初めて登った西穂高岳ですが、2回目の山頂に立つことができました。見事な展望が広がっていて、しばし景色を楽しみました。西穂独標からの景色も素晴らしいですが、やはりさらに奥にある西穂高岳から見える景色は格別です。

【北穂高岳〜ジャンダルム(奥穂高岳)〜前穂高岳】

【思ったよりも真っ白な左の北穂高岳】

【裏銀座の山々】

【吊尾根】

【槍ヶ岳】

【鷲羽岳〜水晶岳】

【帰路へ】

【難儀した西穂高岳山頂直下の下り】

【やせ尾根を振り返って】

【西穂独標で絶景を見納めて】

【天気は下り坂で不気味な雲が広がっていました】

【西穂高口駅へ】
 山頂での景色もそこそこに下山開始です。焦る必要はないのですが、やはりロープウェイの時間が気になるところです。岩稜帯で無理をするわけにはいかないので、独標直下までは慎重に戻って行きました。

 その後は、比較的飛ばしながら下って行きました。天気が下り坂のためか不気味な雲が広がっていましたが、これはこれで神秘的な景色を見ることが出来たでしょうか。西穂山荘ではせっかくですからラーメンをとも思っていたのですが、ロープウェイの時間に余裕がなさそうでしたので、山荘にも寄らずに下って行きました。最終の時間を勘違いしていて思ったよりも余裕をもって戻って来ることが出来ましたが、このくらいの余裕をもって下る方がいいでしょう。初冬でまだ雪は少ないものの素晴らしい景色を見ることが出来て良かったです。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る