えぼしだけ・おごうちだけ
 烏帽子岳・小河内岳
登山日: 2016年12月18日(日)   標高:2726m(烏帽子岳) 2802m(小河内岳)
    標高差:ゲート前から約1170m


 12月18日(日)    ゲート前 4:10 → 登山口 4:45 → 三伏峠 7:45(〜8:15)
   烏帽子岳 9:20(〜10:00) → 小河内岳 12:15(〜40) → 烏帽子岳 14:05
   三伏峠 14:45(〜15:15) → ゲート前 17:05

 

 本日は、この時期まだ開通していた鳥倉林道を使って、三伏峠を経て烏帽子岳から小河内岳を目指します。今年は順調に雪が積もっていて、直前の記録では結構なラッセルを強いられていたようですので、稜線まで出られれば御の字かなと思いつつ現地に向かいます。今回は最近御一緒することの多いちびたさんとタカさんと登ることになりました。

 冬至が近いこともあってこの時期は日が短いのですが、早い時間帯に稜線に出るために、日の出の時間から遥かに早い時間となる午前4時過ぎに出発です。ソロだった場合には、さらに早い時間に出発して可能であれば御来光を見ようとすら思っていました。しばらく林道を歩いた後、登山口から本格的な登山道に入って行きます。最初こそ雪がほとんどなかったものの、少し登って行くとすぐに雪が現れて来ます。途中は中途半端に雪が残って、少しアイスバーンと化していて歩きにくかったです。下山時にはチェーンアイゼンを装着しましたが、登りではそのまま登って行きました。

【林道をしばらく歩くと登山口へ】
 
【徐々に明るくなる空と月】
 ここは三伏峠までの区間を10分割した目印があるので、現在地が分かりやすいのがいいです。記録で見ていたように4/10を過ぎたあたりから本格的に雪が増え始めて、7/10を過ぎた頃にはすっかり雪景色となりました。記録と異なるのは、土曜日にいくつかのパーティが入ってくれたため、三伏峠までラッセルすることなく進めたことでしょうか。途中で夜明けを迎えて、木々の合間から見えたモルゲンロートに染まる北アルプスや中央アルプスの景色を眺めつつ三伏峠を目指します。ちびたさんは久しぶりの山行で、タカさんに至ってはしばらく風邪で寝込んでいての病み上がりでしたが、途中から持ち直して午前8時前には三伏峠に到着することができました。

 三伏峠では思ったよりも立派な冬期小屋が開放されていました。また、トイレも解放されていて、いつかここで泊まってみたいと思いました。ちなみに、前日に泊まっていた方の話では、年末年始は林道歩きがあるにも関わらず結構混み合うとのことでした。

【モルゲンロートに染まる槍ヶ岳と北アルプスの山々】

【中央アルプスも赤く染まって 中央に宝剣岳と千畳敷が見えています】

【雪景色が広がって】
 
【三伏峠へ 少し離れた場所にトイレと冬期小屋】
 三伏峠まで長い休憩は取っていなかったので、ここでしばしの休憩としました。また、稜線に出るので、寒さと風に備えて少し装備も変更しました。泊まっていた方達は既に烏帽子岳を往復したようで、小屋でのんびりしている感じで、私達の後に登って来た方はいなかったようです。

 休憩もそこそこに快晴の青空の下で烏帽子岳を目指します。ラッセルが厳しいと思っていた烏帽子岳への道ですが、前日とこの日に頑張ってラッセルしていただいたおかげで、ラッセルすることもなくトレースを辿って登って行くことが出来ました。ただし、わかんやスノーシューの踏み跡だったので、タカさん達は問題なく歩いていたのですが、私は踏み抜いてばかりで苦労させられたのでした。徐々に山頂が近づいて来てテンションが上がって来ます。朝早く出発したおかげで9時半前には烏帽子岳山頂に到着することができました。

【雪原の奥にはまだ月が見えて】

【真っ白な山頂を目指して】

【登って来たルートを振り返る】

【迫力のある塩見岳が見えています】

【山頂からの絶景 仙丈ヶ岳〜甲斐駒ヶ岳〜間ノ岳〜塩見岳】

【3人で記念撮影】

【北岳と間ノ岳 南アルプス南部からですと見えにくい北岳ですが烏帽子岳からは見えるようです】

【お盆に縦走した兎岳〜中盛丸山〜大沢岳】

【蝙蝠岳】

【仙丈ヶ岳】

【左の前河内岳から右の小河内岳への稜線と左奥の雪煙を上げている悪沢岳

【前河内岳へ少し登り返したあたりから振り返った真っ白な烏帽子岳】
 
【前河内岳への登りは吹き溜まりが多くて地形がやや複雑で苦労しました】
 烏帽子岳山頂では目の前に聳える塩見岳を始め、南アルプスの山々の展望や富士山の展望を楽しみました。少し風が強くて寒かったのですが、少し窪んだ場所にいればある程度は避けられました。タカさんは、前日に買ったばかりのスノーシューをさっそく試し履きをしていたのでした。

 さて、タカさんとちびたさんはこれで戻るということで、私もそのつもりでいたのですが、誰も歩いていない前河内岳から小河内岳への稜線を見ていると、やはり歩きたい気持ちが湧き上がって来たので、お2人と別れて進むことにしました。ちなみに、登山届は小河内岳へ行くという計画では出してありました。既に午前10時を過ぎていましたので、12時頃にいる場所でどこまで行くかを判断することにしました。小河内岳までは夏道CTでも1時間35分あったので、さすがに行けて前河内岳かなと思って向かうことにしました。最後はタカさんと握手をして別れた後、緩やかな斜面を鞍部に向かってスノーシューで快適に下って行きました。今シーズン初のスノーシューとなります。

【ルート取りを考えながら歩くのも楽しいかもしれません】

【トレースを振り返って】

【このあたりが前河内岳山頂になるようです】
 鞍部に下るまでは良かったのですが、その後の緩やかな登りではハイマツ帯や樹林帯に雪が吹きだまっていて踏み抜きがひどくて苦労しました。基本的には帰路はラッセルをしてあるので歩きやすくなるのですが、むしろこのあたりは木々の合間を踏み抜くなどして帰路の方が苦労させられたくらいでした。

 その後の急登では再び腰ぐらいまで埋まる雪に苦労して、もがきながら登って行きました。ただ、結果的にはここまでひどかったのはこのあたりだけだったので、小河内岳まで何とか持って行けたのだと思います。

 前河内岳は思ったよりも遠く、急斜面を登り切った後も、雪庇に気を付けながら緩やかなアップダウンを経てようやく山頂付近に到着です。ただし、急斜面を抜けた後はひどいラッセルがなかったので、もう少し体力があれば余裕を持って楽しく歩けたのかもしれません。

【この稜線ではずっと迫力ある姿を見せてくれる塩見岳】

【前河内岳からの小河内岳 あっさり登れそうに見えますが実は結構大変です】

【荒川三山がしっかり見えています】

【前河内岳からの急な下りを振り返って】

【前河内岳から随分進んで来ました】

【小河内岳直下より左の烏帽子岳から右の前河内岳までの稜線を振り返る】

【小河内岳山頂からの小河内岳避難小屋と富士山の眺め】

【広々とした小河内岳山頂】

【富士山と悪沢岳】

【悪沢岳から赤石岳・聖岳を経て大沢岳までずらっと居並ぶ南アルプス南部の眺め】

【迫力のある塩見岳】

【小河内岳頂上碑と中央アルプス】

【雄大な景色を眺めながら帰路につきます】

【自分のトレースを辿って戻ります】

【雪庇に寄りたくはありませんが西側は崖なのであまり寄りたくないところです】

【烏帽子岳の雪壁は迫力がありました】

【ようやく烏帽子岳に戻って】
 前河内岳に到着したのは午前11時半頃ということで、烏帽子岳から1時間半近くもかかっています。小河内岳は、夏道では烏帽子岳からと同じくらいの時間がかかるのですが、比較的歩きやすく近そうだったので向かうことにしました。少し下ると急斜面の下りが待ち受けています。スノーシューではやや難儀しましたが、むしろ帰路の登り返しの方が嫌になりそうな急斜面でした。

 鞍部までは速かったものの、その後の登り返しは結構距離があって、特に緩やかな吹き溜まりの多い雪原は少し苦労しました。しかし、なんとかお昼過ぎには小河内岳に到着することができました。日の短いこの時期ですから、暗い時間に下山することになるのは間違いないですが、体力が続けば雪の多い箇所は明るい時間には充分抜けられそうな時間でした。とりあえず、小河内岳からの素晴らしい景色を楽しみます。小河内岳避難小屋と富士山の組み合わせは見事で、荒川三山などのロケーションも良く、三伏峠小屋同様この小河内岳避難小屋にもいつか泊まってみたいと思ったのでした。素晴らしい景色でしたので、のんびりしたいと思いつつもやはり既にいい時間でしたので下山に取り掛かることにしました。

【日が傾いて来ましたが素晴らしい景色 小屋に泊まりで来て夕暮れに見たい景色です】

【雪が付きにくくて他の真っ白な山よりも少し地味に見える甲斐駒ヶ岳】

【真っ白い稜線と南アルプス南部の素晴らしい景色も見納めです】

【このあたりから樹林帯に入って三伏峠小屋へ】
 やはり登り返しはしんどかったものの、基本的にはトレースを辿って行きますので、それなりのペースで戻って行きました。先に書いたように前河内岳から少し下ったあたりの斜面では苦労しましたが、それ以外では登りも含めて思ったよりはいいペースで歩けたのではないでしょうか。何とか午後2時過ぎに烏帽子岳まで戻って来ることが出来ました。

 この時期は日の入りが午後5時のずっと前になりますので、間違いなく真っ暗になるのですが、明るいうちに結構下れそうでした。ただし、このあたりになると疲労困憊になっていて、烏帽子岳から三伏峠小屋に下るだけでも疲れてしまいました。日没までに下るのはどちらにしても難しいので、焦らずにしっかり休憩を取って適宜装備を変えてから三伏峠小屋を後にしました。なお、この日は誰も泊まる予定の方がいなかったようで、この小屋付近には誰もいませんでしたし、この後も誰にも会うことはありませんでした。

【沈む夕陽 この日の稜線の夕暮れの景色は素晴らしかったことでしょう】

【真っ暗になった頃ゲート前へ】
 三伏峠小屋で充分休憩をしたら再び下山開始です。雪がそれなりに積もっているところは快調に飛ばしながら下って行くことが出来ました。その後はアイスバーンが続きますが、下山時にチェーンアイゼンを装着しましたので、慎重に歩けば特に問題なく下って行けました。何とか明るいうちに登山口までは戻って来ることが出来ました。

 その後は林道歩きの間に真っ暗になってしまいましたが、思ったよりは早い時間に下ることができて良かったと思います。タカさん、ちびたさんと楽しく歩くことができましたし、今シーズン初めてのスノーシューながらその浮力を十二分に発揮した稜線歩きができて、充実の山行だったと思います。最後は疲労困憊でまだまだ体力不足ですが、もう少し体力を付けて雪山歩きを楽しんで行きたいと思います。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る