こすもやま
 越百山
登山日: 2017年2月19日(日)   標高:2614m(越百山) 
    標高差:伊奈川ダムから約1540m


 2月19日(日)    伊奈川ダム 5:10 → 登山口 5:55 → 越百小屋 9:50 → 越百山 11:20(〜45)
   越百小屋 12:40 → 伊奈川ダム 15:35

 

 本日は越百山に登ります。この週末は特に予定がなかったのですが、最近の週末と同様にちびたさんタカさんにお誘いいただいて越百山に登ることにしました。記録では時々見かけるものの、厳冬期は撤退の記録が多い山で、少し日帰りは難しいかなと思っていたのですが、前日に越百小屋まで登っていた方の速報を見かけたので、体力が続けば何とかなるかもしれないと思っていたのでした。

 道の駅で合流したら伊奈川ダムを目指します。随分前に中央アルプス南部の山々を周回して以来で、当然積雪期に訪れるのは初めてとなります。タカさんの車に乗って登山口に向かいましたが、最後は道路が凍結していて、駐車場はスケートリンクのように凍っていました。準備ができたら出発です。ちびたさんは少しハプニングがあって行けなくなりましたので、タカさんと2人で越百山を目指しました。最初は林道歩きとなりますが、登山口までずっと凍結していてとても歩きにくかったです。恐らく暖かい日に溶けた雪が凍ってスケートリンクのようになっていたようです。実際にこの週末以降はあちらこちらの山で凍結箇所が目立って来たように感じます。

【伊奈川ダム駐車場を出発】
 
【登山口から雪道へ】
 登山口からは一気に高度を稼いで行きます。林道よりはましとはいえ、凍結している箇所も多かったのですが、登りであれば何とかなりそうでしたので、引き続きアイゼンなしで登って行きました。ある程度登れば雪深くなるだろうと思ったからですが、なかなか雪は増えて来ず、結局ある程度登り切るまではガリガリの道を登って行きました。

 九十九折れの道を過ぎてようやく尾根に乗ります。その後はしばらく斜度が緩やかになります。雪は尾根に乗った頃はそこまで多くはなかったのですが、標高2000mを越えて来ると徐々に増えて来ます。この日はとても寒かったのですが、雪が増えて来ると同時に日が昇って来たにも関わらず寒さも増して来て、特に指先が痺れて大変でした。手袋の中で手を握っている状態で、この時はとても風の強い稜線など歩けないのではないかと思ったくらいでした。また、時折木々の合間より見える稜線は雲やガスに覆われていて、景色もあまり期待できそうもなかったので、なかなかテンションが上がりませんでした。

【徐々に雪深くなって】

【手足を使って身軽に登って行くタカさん】

【雲のかかった稜線】

【仙涯嶺】

【迫力のある南駒ヶ岳】

【南駒ヶ岳を拡大して】

【霧氷と奥に越百山が見えて】

【霧氷が美しく】

【越百小屋へ】
 登って行くと徐々に雪が深くなって行きます。前日入っていただいた方がラッセルしてくれたおかげで歩きやすくなっているものの、それでも多くの方が入ったわけではないので、雪深くて踏み抜きも多く、特に急斜面では登るのに難儀しました。一方で徐々に稜線の雲が取れて、途中の展望地点ではすっきりとした稜線が見えてモチベーションは上がって来たのでした。その後雪もかなり深くなって来ましたが、越百小屋が近くなって来ましたので、とりあえず小屋まではツボ足で向かいました。小屋へ下る手前で越百山が見えて来るのですが、そのあたりの霧氷が見事でした。

 雪深い急斜面を下って行くと越百小屋に到着です。前日登られた方のテントが張ってあって、まだ山頂を往復されているようでしたが、少しゆっくりしているとちょうど下って来られたのでいろいろと話をさせていただきました。この日入山していたのは、私たち2人とテント泊で入られた2人組の方の計4人だけだったのでした。結局、ここまでもそうですし、この後の越百山までのルートも全てトレースを付けていただいたことになります。それだけでもありがたいことですが、私たちが歩いている時の写真まで撮ってくれて、後日送ってくれたのでした。

【小屋付近に張られていたテントとタカさん】

【雪煙を上げる南駒ヶ岳 まだ風が強いようです 実際先行された2人が登った時は相当強い風だったとか】

【登る途中で樹林帯を振り返って 素晴らしい眺めですが帰路は小屋からの登り返しになります】

【徐々に雪稜が見えて来ます】


【美しい雪稜が続く】

【南越百山への稜線】

【山頂までもう一息ですがこの後表面がクラストした斜面が続いて少し緊張させられました】

【ナイフリッジに注意して】

【先行された方に撮っていただいた写真です 右上に映っている2人が私たちです】

【無事越百山山頂へ】

【越百山頂上碑】
 撤収準備に入った2人組の方と名残惜しくも別れて先を目指します。小屋からは樹林帯を抜けるまではトレースをたどってスノーシューで向かいました。所々急な斜面はあるものの、スノーシューでも充分に登れる斜面が続いていました。樹林帯を抜けるところで、装備をアイゼンピッケルに変更しました。ここからは素晴らしい雪稜が見えていて、写真を何度も撮りながらの登りとなりました。

 樹林帯を抜けてからも雪深い道が続いていたのですが、山頂が近づいて来ると雪が飛んでしまっているのか、表面がクラストした斜面が続きます。蹴り込めば充分足が入るのですが、やはり部分的には硬いアイスバーンになっている箇所もありましたので、やや緊張しながらの登りとなりました。とはいえ、硬いと言ってもアイゼンが刺さるのと、少し探せば歩きやすくなっている箇所もありましたので、そこまで厳しい登りではなかったと思います。こうして、長い道のりを経てようやく越百山に到着することができました。山頂に到着すると、奥に南アルプスが広がっているなど素晴らしい展望を得ることができました。

【稜線に出た先には南アルプスの素晴らしい展望が広がって】

【険しい稜線を眺めて】

【南駒ヶ岳を拡大して】

【越百山を見下ろして 先ほどの2人組の方は撤収済みです】

【御嶽山】

【白峰三山】

【登って来たルートを見下ろして】

【遠くにセットしすぎて構えられなかった記念写真】

【広々とした越百山山頂】 

【クラストした斜面を慎重に下る】

【モナカ状の雪が続く】

【美しい稜線を振り返りながら】

【このあたりまで下ると歩きやすい雪質に】

【樹林帯より最後に越百山を振り返って】

【樹林帯をひたすら下って】

【林道はアイスバーンのままでした 気温が低くて溶けず】

【駐車場へ】
 長丁場ですので、山頂での景色を楽しんで記念写真を撮ったら下山を開始します。最初のクラストした斜面は慎重に下って、その後は着実に下って行きます。それと同時に絶景とのお別れでもありますので、少し名残惜しかったでしょうか。

 樹林帯に入った後はスノーシューに再び履き替えて小屋奥を登り返すまで履きます。その後ツボ足に戻ってしばらく高度を下げて行きました。とにかく踏み抜きに難儀しましたが、斜度があるのでさすがにスノーシューで歩くのは厳しかったです。高度を下げて九十九折れの道に入る手前で再びアイゼンを装着しました。九十九折れの道は日当たりが良くて雪が緩んでいましたが、下った後の林道は気温が低かったのかアイスバーンのままでしたが、さすがに12本アイゼンでは快適に歩くことができました。

 こうして10時間半程で下って来ることができました。登頂も厳しいかなと思ったのですが、トレースをいただいたおかげで登頂して素晴らしい景色を楽しむことができて良かったと思います。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る