のりくらだけ
 乗鞍岳(肩の小屋まで)
登山日: 2017年2月26日(日)  


 2月26日(日)    リフトトップ 9:00 → 肩の小屋 11:15(〜35) → 駐車場 13:40

 

 本日はちびタカさんに誘われて乗鞍岳に登ります。お2人は今年既に一度チャレンジしていますが、ガスに覆われたために再チャレンジです。私はこの冬は初めてとなります。ちなみに昨年はタカさんと快晴の乗鞍岳に登っています。

 リフト乗り場に集合してリフトトップまでリフトで移動します。自宅の出発が遅くなったので、集合時間が遅かったのは助かりました。ただし、結果論ではありますが、位ヶ原に着いた時にはガスに覆われて来ていましたので、早朝から登っていたらもしかしたらもう少し素晴らしい景色を眺められたかもしれないとは思います。ただし、それですとほとんど睡眠時間が取れなかったのでそれはそれで厳しかったことでしょう。

 ちなみに、駐車場から少し下った所にリフト乗場があるのですが、スキーではないので、少し登って1本浮かせた方が費用も安くなるし早いだろうということで、まずは少しだけゲレンデ脇を上がります。

【リフト前駐車場】
 
【少し斜面を歩いてからリフトに乗ります】
 少し上がったところにリフト乗場があります。この時間は見事な青空が広がっていて、真っ白な高天ヶ原や剣ヶ峰が素晴らしかったです。午後は少し曇って来そうな予報でしたが、午前中には何とかある程度のところまで行って晴れているうちに素晴らしい景色が見られるのではと思っていました。

 リフトを2本乗ってリフトトップに到着です。思ったよりも雪が少ないうえに雪面が硬いので、つぼ足でも結構行けそうでしたが、スノーシューを履いて出発です。最初の急登は少し脇を通って、その後は順調に歩いて行きます。この日は気温が低かったのか、ひたすら続く登りでも思った程は暑くなりませんでした。ただし、最近はあまりしっかり歩いていませんでしたので、緩やかな登りとはいえ結構しんどかったです。それでも、ラッセルはほとんどありませんので、思ったよりもあっさり位ヶ原山荘分岐に到着して、位ヶ原まで上がって来ることができました。ただし、残念なことには、この時間になるとガスに覆われて展望がかなりなくなっていました。

【素晴らしい高天ヶ原と剣ヶ峰】

【リフト乗り場へ よく晴れた乗鞍岳が見えていたのはここまででしょうか】

【リフトでリフトトップまで行くのは初めてです】

【リフトトップへ】

【高峰はガスに覆われて】

【位ヶ原山荘分岐 今年は雪が少ない気がします】

【天気が再び回復傾向にあるように見えますが】

【再びガスに覆われる雪原】

【ちびたさんとタカさん】

【先を歩く登山者】

【剣ヶ峰も見えて来て】

【肩の小屋手前でガスに覆われながらも美しいシュカブラ】

【風が少しでも弱そうな肩の小屋の裏へ】
 位ヶ原の雪も場所によっては少し吹き溜まりにはなっているものの、基本的には雪面が硬いので順調に歩いて行きます。風がそこそこあって雪が舞っているので歩きにくいのですが、あまり雪深くはなかったので、それなりのペースで歩いて行けたと思います。ただし、さすがに肩の小屋への登りでは多少はラッセルをしながら進んで行きます。時折肩の小屋すら見えなくなるようなガスでしたが、何とか肩の小屋に到着することができました。正面から風が吹き付けてくるので、多少は緩和するべく一気に肩の小屋まで登ってしまったのでした。

 行動食を取りながらちびたさんタカさんを待ちます。2人が到着しましたが、この時間になると先ほどまでのように時折晴れることもなく、時々空が明るくなるもののなかなか晴れて来そうな雰囲気はありませんでした。

【タカさんちびたさんも到着】

【時々雲が切れるものの】

【颯爽と下るタカさん】

【シリセードも交えながら下って行きます】

【帰路は駐車場まで歩いて下ります】
 しばらく肩の小屋で待って様子を見てみましたが、全く晴れる気配がないとも言えませんでしたが、さすがにガスが濃くて視界が限られて場所によっては道迷いを起こして危険そうであるのと、何よりも展望が得られるまでは回復しないであろうことから撤退することにしました。

 下山するとなれば、比較的歩きやすいルートですから快調に戻って行きました。時々シリセードをしながら下って午後2時前には駐車場まで戻って来ることができました。

 展望に恵まれず、あまりしっかりとは歩けませんでしたが、このような日もあることでしょう。乗鞍岳はこれからも冬の定番になるでしょうから、また次回訪れた時に素晴らしい景色が見られることを期待しましょう。
 


山行記へ戻る

ホームへ戻る